• 三菱UFJニコスについて
  • 企業姿勢・ポリシー
  • CSRへの取り組み
  • ニュースリリース
  • 採用情報

拠点の活動

お客さまと接する部署では、スピーディーかつ適切な応対ができるよう、
自ら応対品質向上や業務改善に取り組んでいます。

拠点の主な活動

東日本コールセンター

センター内に「CS向上プロジェクト」を組成し、お客さまからいただく「声」をもとに応対マニュアルやトークスクリプトの見直し等、様々な業務改善を行っています。
また、色々な応対事例に対するディスカッションや研修を定期的に実施し、応対品質の向上に繋げています。

カード発行センター

担当業務ごとにCS担当者を設置し、お客さまからいただく様々な声や従業員からの提案にもとづき、お客さま宛の手紙文やトークスクリプトの見直しなど、業務改善活動を推進しています。
また、お客さまへの「感謝」「傾聴」「配慮」をスローガンに、応対品質の向上に取り組んでいます。

東日本カスタマーズセンター

優れた応対を題材とした研修等により、センター全体の応対品質向上を図っています。
また、お客さまとの通話記録を担当者本人と上席者が共に聴き、応対内容の「良い点」「悪い点」を確認し合うことで、担当者のCS意識やスキルを向上させています。

信用業務センター

お客さまから頂戴するご意見や品質向上に向けた従業員の意見の中から、改善を行うべき業務を選定し、「CS業務改善会議」で協議のうえ、業務の見直しを行っています。
また、電話応対の品質向上を目的とした各種研修や個別指導など社員教育にも取り組んでいます。

東京事務センター

センター内に「お客さまの声推進担当者」を選任し、定期的にお客さまの声に基づく業務改善を検討・協議しています。
また、「タイムリーで正確な事務」を基本方針とし、業務の効率化を通じて正確な内容を素早くお客さまにご提供できるよう取り組んでいます。

お客さま対応・サポートの向上

このページの先頭へ