• 三菱UFJニコスについて
  • 企業姿勢・ポリシー
  • CSRへの取り組み
  • ニュースリリース
  • 採用情報
  • TOP
  • お取引時確認について

お取引時確認について

2013年4月1日に「犯罪収益移転防止法」が改正されました。
これに伴い、弊社ではお取引の際に下記項目を確認させていただくことになりました(これを「お取引時確認」といいます)。
「お取引時確認」ができない場合、お取引をお断りすることがございます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

<対象となるお取引>

  • 1.クレジットカード発行のご契約
  • 2.金銭の貸付けのご契約
  • 3.当社への高額な現金でのご返済

<確認させていただく項目>

区分 確認させていただく項目
個人のお客さま
  • お名前
  • ご住所
  • ご生年月日
  • お取引の目的
  • ご職業
法人のお客さま
(注1)
  • 法人名
  • 所在地
  • お取引担当者のお名前・ご住所・ご生年月日
  • お取引の目的
  • 事業内容(注2)
  • 実質的支配者(注3)に関する確認項目
  • ※注1:個人事業主のお客さまは個人のお客さま同様の項目を確認させていただきます。
  • ※注2:登記事項証明書等に記載の事項
  • ※注3:実質的支配者とは、概ね資本多数決の原則が妥当する法人で、議決権の総数の4分の1を超える議決権を有する個人または法人をいい、資本多数決の原則が妥当しない法人の場合は、法人を代表する権限を有する個人または法人をいいます。(犯罪収益移転防止法 施行規則第10条)

<その他>

  • 確認させていただいた項目に変更が生じた場合は、弊社(WEBサイト・コールセンター等)に速やかにお届けいただきますようお願い申し上げます。
  • お客さまが犯罪収益移転防止法に定める特定国(注4)に居住(所在)することを弊社が知った場合には、一部お取引を制限させていただくことがございます。
    ※注4:特定国=イラン・北朝鮮(2013年7月1日現在)

<犯罪収益移転防止法とは>

犯罪による収益が組織的な犯罪を助長するために使用されるとともに、犯罪による収益が移転して事業活動に用いられることにより健全な経済活動に重大な悪影響を与えること、及び犯罪による収益の移転がそのはく奪や被害の回復に充てることを困難にするものであることから、犯罪による収益の移転の防止を図り、国民生活の安全と平穏を確保するとともに、経済活動の健全な発展に寄与することを目的に制定されたものです。正式には「犯罪による収益の移転防止に関する法律」といいます。

<ご参考>

クレジットカード発行等のお申込みで、お客さまを確認させていただく書類に関しましては、下記リンクをご確認いただきますようお願いいたします。

<本件に関するお問合せ>

◇MUFGカード

  • MUFGカードコールセンター
    Visa/MasterCard®/JCB会員の方
    0570-050535または03-5489-6165 受付時間:9:00〜17:30 無休(12/31〜1/3は除く)
    ※ゴールドプレステージをお持ちの方は、カード裏面に記載のフリーダイヤルをご利用ください。
  • MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードデスク
    0570-050558または03-5489-6116 受付時間:9:00〜17:30 無休(12/31〜1/3は除く)
    ※プラチナ、または、ゴールドプレステージをお持ちの方は、カード裏面に記載のフリーダイヤルをご利用ください。

◇DCカード

  • DCカードコールセンター
    東京:03-3770-1177 大阪:06-6533-6633 受付時間:9:00〜17:30 無休(12/31〜1/3は除く)

◇UFJ JCBカード

  • UFJカードコールセンター
    東京:03-3340-6921 名古屋:052-251-1911 大阪:06-6208-0800 受付時間:9:00〜17:30 無休(12/31〜1/3は除く)

◇NICOSカード

  • NICOSコールセンター
    東京:03-5940-1100 大阪:06-6616-0770 受付時間:9:00〜17:30 無休(12/31〜1/3は除く)
このページの先頭へ