DC Webサービス-法人カード- 利用者規定

本規定は、三菱UFJニコス株式会社とそのグループ会社が発行するDC標章を冠する法人カードに関するサービスについて定めるもので、DC Webサービス-法人カード- 利用者規定と称します。

第1条(利用規定)

本規定は、三菱UFJニコス株式会社または三菱UFJニコス株式会社の指定するカード会社(以下、総称して「三菱UFJニコス」という。)がインターネット上で運営する「DC Webサービス」および「三菱UFJニコス」が提携会社等と共同で実施する同様のサービス(以下あわせて「本サービス」という)を利用するため本サービスの利用登録を行った、「三菱UFJニコス」法人カード会員に適用されるものとします。法人カード会員(以下「会員」という)とは、三菱UFJニコスが運営するクレジットカード取引システムに入会を申込み、三菱UFJニコスが認めた法人または団体をいいます。カード利用者とは、会員があらかじめクレジットカード(以下「カード」という)の使用者として三菱UFJニコスにカード発行を申込み、三菱UFJニコスが認めた方をいいます。

第2条(利用設備等)

会員は、自己の責任と負担において、本サービスを利用するために必要な端末、通信機器、ソフトウェア、電話利用契約及びインターネット接続契約等を準備するものとします。

第3条(利用者およびその登録)

  1. 本サービスを利用できる会員は、会員代表者(以下「代表者」という)または代表者が本サービスの利用を認めたカード利用者とします。
  2. 本サービス利用希望者は、本規定を承認し、インターネット上で所定の項目を入力の上、任意のID・パスワードを申請し、三菱UFJニコス所定の申請書を提出するものとします。なお、登録に必要な所定の項目及び申請書に記載する項目は、随時変更できるものとします。

第4条(ID・パスワードの管理)

  1. 会員は、第三者に知られないよう、善良なる管理者の注意をもってIDとパスワードを管理していただきます。また、ID・パスワードを代表者または代表者が本サービスの利用を認めたカード利用者以外の第三者に貸与、譲渡するなどの行為はできません。
  2. 会員は、第三者によるID・パスワードの不正使用が判明した場合、三菱UFJニコスに直ちに届け出るものとします。
  3. 本サービス利用の際使用されたID・パスワードと会員が予め登録したID・パスワードが一致した場合、使用上の過誤または第三者による不正使用等による損害については、会員の故意過失にかかわらず、三菱UFJニコスはその責任を一切負わないものとします。
  4. 会員が第三者との契約により、三菱UFJニコスを含む口座情報の集約サービスを利用する場合、当該サービスの利用は会員の責任で行い、三菱UFJニコスは当該サービスの提供内容から生じる問題および損害について、いかなる責任も負いません。

第5条(本サービスの運営および中止ならびに追加・変更)

  1. 本サービスの提供は、三菱UFJニコスが定めた所定の時間に行います。
  2. 事前に告知なく以下の理由により本サービスの運営を一時停止・中止する場合があります。
    1. 本サービス運営に必要な機器、システムの保守点検
    2. システムの切替による設備更新
    3. 天災、災害による装置の故障
    4. その他予期しない障害による本サービス停止
  3. 本サービスの一時停止または中止に起因して生じたいかなる損害についても、三菱UFJニコスは一切責任を負わないものとします。
  4. 三菱UFJニコスはWebサイトに公開するなどの所定の方法で利用者に通知することにより、本サービスを任意に追加、変更できるものとします。

第6条(禁止事項)

  1. 会員は次の行為を行わないものとします。
    1. 本サービス利用・登録を行う際、虚偽の情報を送信・登録する行為
    2. 本サービスによって得られた情報を営利行為に利用する行為
    3. 法令に違反する行為、または違反する恐れのある行為
    4. その他、三菱UFJニコスが不適当を認めた行為
  2. 本サービスの内容、情報など本サービスに含まれる著作権、商標その他の知的財産権等は、すべて三菱UFJニコスその他の権利者に帰属するものであり、利用者はこれらの権利を侵害し、または侵害するおそれのある行為をしないものとします。

第7条(登録の抹消)

三菱UFJニコスは、以下の場合には登録されたIDを削除できるものとします。

  1. 会員が退会するなど、DCカード会員資格を喪失した場合
  2. 会員がID登録の際、もしくは本サービス利用の際に虚偽の申告、登録をした場合
  3. 会員がカード不正使用によって被害が発生したときや、三菱UFJニコスに届け出た商号、代表者、印鑑、住所、連絡先、カード代金支払口座等に変更があり、直ちに三菱UFJニコス所定の届出用紙により手続きを行わなかった場合など正確な本サービスの提供が困難と予測される場合
  4. 会員が本規定、DC法人会員規約に反する行為をするなど、三菱UFJニコスが不適当と認めた行為を行った場合

第8条(通知および情報提供)

  1. 会員は三菱UFJニコスへ登録したEメールアドレスを、三菱UFJニコスが実施する各種キャンペーン、三菱UFJニコスと契約している提携会社等が実施する各種サービス案内等の通知や情報提供のために三菱UFJニコスが利用することについて承認するものとします。ただし、会員は三菱UFJニコス所定の届出をすることにより、必要通知、及び事前登録型メールを除くEメールによる情報提供中止を依頼できるものとします。
  2. 三菱UFJニコスが通知や情報提供を行ったことにより、会員または第三者に対して損害が発生した場合には、三菱UFJニコスは一切責任を負わないものとします。
  3. 本サービスの利用及び本規定に基づく会員あての諸通知は、会員が登録したEメールアドレスにその内容が到達したときをもって、到達したものとします。
  4. Eメールの管理を行うプロバイダーのシステムの事故、Eメールアドレスの変更を行ったにもかかわらず変更後のEメールアドレスの届出を行わなかった場合は、最終届出のEメールアドレスにあてて諸通知の内容を送信したときをもって到達したものとします。

第9条(会員の属性情報ならびにカード利用者の個人情報の取扱い)

三菱UFJニコスは、会員の属性情報ならびにカード利用者の個人情報を厳重に管理し、次のいずれかに該当する場合以外は第三者に開示、提供しないものとします。

  1. 会員が同意する場合
  2. 法令等により開示が求められた場合
  3. 三菱UFJニコスが業務を委託した事業者に、委託業務の処理に必要な範囲で提供する場合
  4. 三菱UFJニコスの権利、または財産を当然に保護する必要がある場合

第10条(免責)

  1. 三菱UFJニコスは、本サービスより得られた情報の正確性・有用性等に関しては、いかなる保証もいたしません。また、サービス利用により生じたいかなる損害についても、三菱UFJニコスは一切責任を負わないものとします。
  2. 本サービスにおいて三菱UFJニコスが採用する暗号技術は、三菱UFJニコスが妥当と判断する限りのものであり、その完全性、安全性等に対し、三菱UFJニコスは一切保証を行わないものとします。

第11条(規定の変更)

三菱UFJニコスは、会員への事前通知または承諾なくして、本規定を随時変更することができるものとします。この場合、会員との契約上、重要な変更についてはあらかじめWebサイトに公開するなどの所定の方法により、変更内容を掲載することで通知するものと致します。また、変更内容について三菱UFJニコスが会員に通知した後に本サービスの利用があった場合は、会員が規定変更を承認したものとみなします。

第12条(準拠法)

会員と三菱UFJニコスとの諸契約に関する準拠法は、すべて日本法とします。

第13条(合意管轄裁判所)

会員と三菱UFJニコスとの間で訴訟の必要が生じた場合、訴額のいかんにかかわらず利用者の住所地、購入地、三菱UFJニコスの本社の所在地を管轄する簡易裁判所または地方裁判所を合意管轄裁判所とします。

第14条(本規定の優先)

本サービス利用に際し、三菱UFJニコスが別に定めるDC法人会員規約などの規約が本規定の内容に抵触する場合は、本規定が優先されるものとします。

2007年4月1日現在

閉じる