クレジットカードなら三菱UFJニコス

ページの先頭です

本文の先頭です

カード犯罪の未然防止に関するお願い

クレジットカード犯罪にまきこまれないためのご注意事項についてご案内します。

不正なカード利用・不信なお客様

次の様な場合は、その場ですぐに下記のお問合せ先にご連絡ください。
  • クレジットカードの会員番号と端末から打ち出された売上伝票の会員番号が異なる場合。
  • 名義の異なる複数のクレジットカードを次々と提示した場合。
  • 一度の買物で伝票を複数に分けるように指示された場合。
  • お客様がそわそわして落ち着きがなく、必要以上に周りの様子をうかがう場合。
  • 複数人で十分な品定めもせず、短時間に同一商品または複数商品を大量に購入しようとした場合。

お取引の一時保留

当社では第三者によるカード不正使用を防止するため、クレジット処理端末機でのカードお取引の際にお取引を一時的に保留させていただく場合がございます。
保留時には、クレジット処理端末機ディスプレイ上にカード会社宛ご連絡をお願いするメッセージが表示されますので、売上承認専用電話番号へお電話いただきますようお願い申しあげます。

なお、その際にカード会員ご本人様のご利用であることをお電話口にて確認させていただく場合がございますが、セキュリティ上の保留につきましてはお客様の信用上の問題ではございませんのでその点にご留意ください。

お取引一時保留時の、お電話による承認番号取得について

取得時のご注意事項

  • お客様から見えない場所へカードを持って行ってしまうとお店の方がカードのデータを盗むなどの不正な行為を行なうのではないかという誤解を招くおそれがあるため、なるべくお客様から見えるところからご連絡ください。
  • 連絡をいただく際は、カード番号・有効期限・加盟店番号・取扱金額・支払回数・商品などを伺いますのであらかじめご用意いただくようお願します。

IVR(自動音声応答)について

当社では電話による承認番号の照会について、(一部)自動音声応答による受付を行っております。
クレジットカード端末で承認番号を取得できなかった際には、自動音声応答でお受けいたしますが、音声ガイダンスの途中で「2♯」を押していただき、オペレータと直接、お話いただきますようお願いします。

  • クレジットカード端末で、承認番号の取得ができなかった際には、IVR(自動音声応答)での承認番号取得はできませんのでご注意ください。
アドビシステムズ株式会社のWEBサイト(Adobe Readerのインストール)

PDFマークのコンテンツをご覧いただくためには、Adobe Reader5.0以上が必要です(無償) 。
ダウンロードはアドビ システムズ株式会社にてお願いいたします。

クレジット処理端末機の自主点検

最近、不審者が店内に侵入し、クレジット処理端末機を改造して、加盟店の皆様のお客様カード情報を盗み、偽造カードを作成し、不正使用を行なうといった犯罪が多発しております。

加盟店の皆様の大切なお客様を被害から守るため、またカード偽造犯罪を防止するため、クレジット処理端末機自主点検のお願いいたします。

クレジット処理端末機自主点検要領

クレジット処理端末機本体の点検項目

  • クレジット処理端末機本体の裏面・側面・後面などに不自然な穴がないか。
  • 工具などでこじ開けられたり、手が加えられた形跡がないか。

開閉防止シールの点検項目(シールがある場合)

  • シールが剥がされていないか。
  • シールが刃物などで切り取られていないか。
  • 上記のような異状や通信エラーが多発するなど、お気付きの点がございましたら大至急クレジット処理端末機設置会社までご連絡ください。

なお、加盟店のお客様の端末機が当社設置の場合には、下記までご連絡ください。

不審な団体からの入電

聞き覚えのない団体から入電があった場合、ほとんどのケースがお答えいただく必要のない団体ですのでご注意ください。

実在しない団体名(クレジット関連団体を装った名前など) 日本クレジット組合、日本カード協会 など…

お問合せ

不審取引・一時保留のご連絡、および承認番号のお問合せは下記連絡先までお願いいたします。

MUFG CARD(UFJ CARD含む)
  • お問合せ
DC CARD
  • お問合せ
NICOS CARD
  • お問合せ

ページトップへ

ページの先頭へ

フッターの先頭です

ページの先頭へ