vol.3 キャッシュレスの上手な選び方

3つの決済方式を、状況に応じて使い分ける。

コード決済に象徴されるように、たくさんのスマホ決済が登場してきたことで、クレジットカードや電子マネーの選び方も大きく変わり始めています。今後、考えられるキャッシュレス化のシナリオは、電子マネー(非接触IC決済)とコード決済の2つが、うまくすみ分けられていくだろうということ。

つまり、クレジットカードを頂点にして、大手や中堅を含めた販売チェーンは、クレジットカードと電子マネーが使える共用端末を設置して、キャッシュレス化を進めていくでしょう。他方、クレジットカードを持っていなくても簡単に決済ができるコード決済は、個人商店などの小規模店で取入れられていく、といった具合です。

実際、このようにうまくすみ分けが進むかどうかは分かりませんが、少なくともそうした方向で進んでいる以上、私たち消費者も、これからはクレジットカード、電子マネー、そしてコード決済を、状況に応じて「上手に使い分ける」という視点が重要となります。

そこで、この3つの決済方式について、それぞれの選び方を順番に考えていきましょう。

「クレジットカード」の選び方は、変わらない。

まずはクレジットカードについてですが、「スマホ決済以前」はメインとサブで2枚選んで使うのがお得だといわれてきました。自分のライフスタイルに合ったメインカードを使ってポイントをため、サブカードはメインでこぼれるところで使うというもの。

対して「スマホ決済以後」は、クレジットカード、電子マネー、コード決済の3つを使い分け、その効果を得られるようにするのがコツとなります。ということは、リアルなプラスチックカードでの決済からスマホ決済に変わっても、クレジットカード選びの基本は変わらないといえます。

ちなみに、スマホ決済が増えてきたということで、クレジットカードもスマホに登録できるものでなければ用をなさないと思われている方がいますが、そんなことはありません。

リアルなプラスチックカードとして持っていてもなんら問題はなく、スマホに取込んだ電子マネーやコード決済において、リアルなプラスチックカードを紐付けておけば、チャージ額や決済額に応じたクレジットカードのポイントがつく場合もありますので、効果が得られます。

「電子マネー」は、利用額の多いシーンを念頭に選ぶ。

電子マネーは、交通系、流通系、通信系に大別できるので、利用額の多いシーンを念頭に選ぶのがコツです。

出張を含め、電車やバス移動が多いというオフィスワーカーなどは、交通系の電子マネー(SuicaやPASMOなど)がよいでしょう。自社路線の利用や一部加盟店での買物で、独自のポイントがたまるものもあります。

主婦や買物を重視する方は、流通系の電子マネー(楽天Edy、nanaco、WAONなど)がお得。利用額に応じて独自のポイントがつくものが多く、いろいろな店でポイントをためている方にとっては、スマホ1台で電子マネーとポイントを一括管理できるというのも、スマホ決済ならではのメリット。

また、スマホ利用を中心に考えている人には、通信系の電子マネー(au WALLETなど)がおすすめ。たまったポイントを、携帯料金の支払いに使えるからです。

「コード決済」は、大手のサービスを選んだほうが無難。

最後にコード決済ですが、急速に普及してはいるものの、クレジットカードや電子マネーと比べると、まだ利用できる店舗は限られています。また、各社とも加盟店舗が少しずつ異なっているのが特徴です。

そこで現時点では、大手と呼ばれるLINEペイ、ペイペイ、楽天ペイ、d払い、オリガミペイ、メルペイといったあたりを念頭に置くのが無難。利用できる店舗数が圧倒的に多いからです。後はこのなかから、普段利用している店で使えるコード決済を選ぶとよいでしょう。複数該当する場合は、ポイント還元率やキャンペーンの内容で使い分ける方法もあります。

「オートチャージ機能」も拡充、クレジットカード選びの基準にも。

電子マネーもコード決済と同様、利用額に応じて独自のポイントが付与されたり、その場で割引されるものが多くなっています。これにクレジットカードを紐付け、チャージや決済をそのカードで行うようにすれば、クレジットカードのポイントも付与されます。つまり、ポイントの二重取りができます。

特に最近は「オートチャージ機能」も拡充しており、電子マネーやコード決済の運営会社が指定する、特定のクレジットカードを紐付けておけば、残高不足になった場合に、紐付いているクレジットカードから、一定額のお金が入金されるようになっています。しかも、この場合は付与されるポイントが通常の3倍になることもありますので、クレジットカード選びのひとつの基準となるでしょう。

上手に活用できる状態にしておくことが、賢くお得に暮らす知恵。

実はキャッシュレス決済は、突き詰めればクレジットカード1枚でも事足ります。クレジットカードをスマホに登録してタッチすれば利用できるようになった時点で、電子マネーの優位性も失われつつあると指摘する声もあります。でも、コード決済は少し事情が異なります。

現在、コード決済が急速に普及しているのは、店舗も運営会社も導入コストを低く抑えられるからです。つまり、「3つの決済方式を、状況に応じて使い分ける。」でお話したとおり、個人商店などの小規模店を中心に取入れられていくなどで、すみ分けも進み、決済方式として確立されていくでしょう。

消費者の側からすれば、クレジットカード、電子マネー、そしてコード決済の3つについて、状況に応じて使い分けるというのは、正直いって面倒です。しかし、本格的なキャッシュレス時代に向けて、多様なキャンペーンが展開されているときだけに、上手に活用できる状態にしておくことは、賢くお得に暮らす知恵ともいえるのです。

3つの決済方式を上手に使う。3つの決済方式を上手に使う。

解説:岩田昭男

いわた・あきお/消費生活ジャーナリスト。1952年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。同大学院修士課程修了後、月刊誌記者などを経て独立。流通、情報通信、金融分野に明るく、マスメディアへの出演のかたわら、精力的に取材、執筆中。著書、監修書多数。

三菱UFJニコスの
キャッシュレスメニューはコチラから

▼ クレジットカードをお探しの方

Twitterでシェア Facebookでシェア LINEでシェア