• 検索
  • MENU

個人情報のお取り扱いに関するお願い

クレジットカード情報の適正な取り扱い、管理方法についてご案内します。

個人情報のお取り扱い時のご注意事項

当社では、お客さまに安心してカードをご利用いただけるよう体制整備に努めておりますが、加盟店の皆さまにおかれましても、クレジットカード情報の適正な取り扱い、管理につきまして徹底いただきますようお願いいたします。

カード取り扱い時(クレジットカード情報を収集する際)の留意点

カード売上票には、お客さまにサイン以外のカード取り引きに必要のない個人情報(電話番号など)をご記入いただかないようにしてください。

クレジットカード情報の保持・保管に関する留意点

  • 2016年12月9日に、クレジットカードに関する法律(割賦販売法)が改正され、クレジットカードを取り扱う加盟店の皆さまは、クレジットカード情報などの漏洩対策が義務付けられました。
  • 加盟店の皆さまにおかれては、実務上の指針の位置付けである「クレジット取引セキュリティ対策協議会」の「クレジットカード・セキュリティガイドライン」に定められている内容に沿った対応をお願いいたします。
    (原則としてクレジットカード情報の保持・保管は不可。クレジットカード情報を保持・保管する場合は国際的なセキュリティ基準であるPCI DSSへの準拠が必要になります。)
  • 詳細は、以下のURLをご確認ください。

「割賦販売法改正に関するご案内」新しいタブやウィンドウで開く

クレジットカード情報を消去・廃棄する際の留意点

  • 不要となったデータはすみやかに消去または廃棄してください。
  • 外部記録媒体を廃棄する際は、データを消去したうえでシュレッダー、焼却、破壊、溶解などを行ってください。

クレジットカード情報を外部へ委託する際の留意点

  • 情報の授受・保管・廃棄を外部へ委託する場合は、以下の点に留意し、委託先における個人情報の管理体制の監督を行ってください。

    • 1)必ず委託先契約書を締結し、授受・保管・廃棄ルールを盛込む。
    • 2)委託契約書にもとづき、委託先の管理・監督を行う。
  • 委託先などと、情報の授受を行う際は、いつ、どこで、どのくらいの数量が、誰によって授受されているかを把握してください。

その他の留意点

  • 保有するクレジットカード情報をグループ会社や他社へ提供、交換するなど、カード取り扱い業務以外の目的で利用しないでください。
  • 本留意点は、従業員の方だけでなくパート・アルバイトの方にも徹底してください。