• 検索
  • MENU

カード不正使用防止へのご注意事項とご協力のお願い

カードの偽造、盗難等による不正使用には十分ご注意ください。
不正使用の防止にご協力をお願いいたします。

不正使用防止へのご注意事項

弊社加盟店契約に基づき、お客さま(カード会員)もしくはお客さまご利用のカードを発行した会社等から本人のカード利用ではない旨の申し出があった場合、または不正使用を理由とした弊社に対する支払い拒否があった場合、弊社から加盟店さまへの当該信用販売代金のお支払いを留保、もしくは当該信用販売代金のお支払い自体を行わない場合がございます。そのような事態をできるかぎり防止するため、カードをお取り扱いいただくにあたっては、下記の事項等に十分ご留意の上、不正使用の防止にご協力をお願いいたします。
なお、不正使用等の申し出があった場合の支払いの留保または支払いをしない旨の取り決めは、「加盟店規約」に定められております。最新の「加盟店規約」は以下に掲載しておりますので、今一度ご確認くださいますようお願いいたします。
加盟店申込書以外でご契約いただいた加盟店さまは、ご契約書類の該当条項をご確認ください。

加盟店規約

不正使用の特徴

カードの偽造、盗難等による不正使用には以下のような特徴・傾向がございます。

  • クレジットカードの会員番号とクレジットカード端末から打ち出された売上伝票の会員番号が異なる。
  • 売上票のサインとカード裏面のサインが明らかに異なる。
  • クレジットカード券面のホログラムがはがれそう、またはシール形式に見える。
  • 名義の異なる複数のクレジットカードを次々と提示する。
  • 一度の買い物で伝票を複数に分けるように指示する。
  • 複数人で十分な品定めもせず、短時間に同一商品または複数商品を大量に購入しようとする。

不正使用防止への取り組みと加盟店さまへのお願い

当社では第三者によるカード不正使用を防止するため、クレジット決済端末機でのカードお取り引きの際にお取り引きを一時的に保留させていただく場合がございます。
保留時には、クレジット決済端末機ディスプレイ上にカード会社宛にご連絡をお願いするメッセージが表示されますので、売上承認専用電話番号へお電話いただきますようお願いいたします。

なお、その際にカード会員ご本人さまのご利用であることをお電話口にて確認させていただく場合がございますが、セキュリティ上の保留措置であり、お客さま自身の信用上の問題ではございませんのでその点にご留意ください。

  • IC対応端末機(ICチップの読取可能なクレジット決済端末機)をご使用いただいている加盟店さまにおいて、偽造ICカード(ICチップ付カードを模した不正なカード)による不正使用があった場合には、原則として信用販売代金の留保等はいたしません(不正使用件数が異常に多いなどの場合を除く)。
    IC対応端末機の導入をご希望の場合は、以下のお問い合わせ先までご連絡ください。

お取り引き一時保留

1お客さまがクレジットカードでお支払い

2クレジット決済端末機ディスプレイ上にカード会社宛にご連絡をお願いするメッセージが表示される

3売上承認専用電話番号へお電話

  • お電話にてご連絡いただく際、お客さまから見えない場所へカードを持って行ってしまうとお店の方がカードのデータを盗むなどの不正な行為を行うのではないかという誤解を招くおそれがあるため、なるべくお客さまから見えるところよりご連絡ください。
  • 承認取得にあたって、カード番号・有効期限・加盟店番号・取扱金額・支払回数・商品などを伺いますのであらかじめご用意いただくようお願いいたします。

4承認取得後、決済完了

不審情報・一時保留のご連絡先

  • 不審取引・一時保留のご連絡、および承認番号のお問い合わせは下記連絡先までお願いいたします。
  • 万が一、加盟店さまにてカードの偽造や盗難、その他不正使用による売上が発覚した場合には、加盟店さまに最寄の警察署へ「被害届」の提出をお願いする場合がございます。犯人の検挙にはたいへん重要となりますのでご協力のほどお願い申しあげます。

三菱UFJニコス株式会社 オーソリセンター

上記以外のお問い合わせ先

三菱UFJニコス株式会社 加盟店デスク