会社経費の支払い効率化術
2024年5月27日

パーチェシングカード導入のメリットとは?法人カードとの違いも解説

パーチェシングカード導入のメリットとは?法人カードとの違いも解説

法人用のクレジットカードにはさまざまありますが、パーチェシングカードもそのひとつです。パーチェシングカードは一般的なコーポレートカードやビジネスカードとは特長が異なるため、利用する前に通常の法人カードとの違いなどを知っておいたほうがいいしょう。
ここでは、パーチェシングカードと通常の法人カードとの違い、導入するメリットやデメリットを解説します。

パーチェシングカードとは企業間取引の決済に特化した法人カード

パーチェシングカードとは、企業間取引の決済に特化したカードレスタイプの法人カードで、パーチェシング(Purchasing)は購入する、仕入れるなどを意味します。パーチェシングカードの大きな特徴は、異なる支払先でも支払いを一本にまとめられて経理事務の効率化を図れることです。
パーチェシングカードを使って決済すれば、以下の図のように、カード会社が複数の請求を一本化するので、支払い先をまとめることが可能です。サプライヤーごとに経費処理する必要がないため、経理事務の手間を大幅に削減できます。

パーチェシングカード導入後の請求と支払いの違い

パーチェシングカードは、サプライヤーとの企業間取引で利用する決済手段なので、主に以下のような支払いに利用します。

パーチェシングカードで決済する主な取引

  • 商品の仕入れ代
  • リスティング広告費
  • クラウドサーバーの利用料金公共料金
  • 携帯電話料金
  • リース代金

なお、法人カードには、中小企業や個人事業主向けのビジネスカードと、大企業向けのコーポレートカードの2種類があり、パーチェシングカードはコーポレートカードの1種です。三菱UFJニコスにも「三菱UFJカード パーチェシング」がありますので、カードの特長について併せてご覧ください。

パーチェシングカードと法人カードとの違い

パーチェシングカードと法人カードの違いは、利用用途の制限や付帯サービスの有無です。パーチェシングカードは企業間取引の決済用として利用用途が限られており、通常の法人カードのようにタクシー代や接待時の飲食代など実店舗では使えません。また、空港ラウンジの無料利用や各種割引サービスといった付帯サービスも、経理の効率化が目的のパーチェシングカードにはありません。
ほかにも、通常の法人カードは、個人事業主か法人に所属する個人の名義で作成しますが、パーチェシングカードは法人名義だけでなく、部署や経費項目名義でも作成が可能です。

パーチェシングカードとコーポレートカードの違い

パーチェシングカードを導入するメリット

パーチェシングカードは利用用途に制限はありますが、多くのメリットがあります。企業にとって、パーチェシングカードを導入するメリットは以下のとおりです。

パーチェシングカードを導入するメリット

  • 複数のサプライヤーへの支払いを一本化して経理事務を効率化できる
  • 振込手数料の削減ができる
  • 経費の流れが可視化でき、ガバナンスやセキュリティの強化につながる
  • カードの名義変更の手間がかからない

複数のサプライヤーへの支払いを一本化して経理事務を効率化できる

パーチェシングカードを導入するメリットは、複数のサプライヤーへの支払いを一本化して経理事務を効率化できることです。従来の請求書払いの場合、経理部は各部署の経費を取りまとめてサプライヤーに支払うため、事務処理の手間がかかります。しかし、各部署がパーチェシングカードで決済すれば、経理部はカード引き落とし日にカード会社へ支払うだけですむので、経理事務が大幅に削減されます。
支払日や支払先が異なる請求を一括でまとめられるのは大きなメリットといえるでしょう。

振込手数料の削減ができる

パーチェシングカードを導入するメリットには、振込手数料の削減ができることも挙げられます。請求書での支払いの場合は、各サプライヤーへの振り込みごとに振込手数料がかかります。しかし、パーチェシングカードで決済すれば、支払日に合わせて引き落とし口座にお金を入れておくだけでよいので、振込手数料がかからず、その分経費の削減ができます。

経費の流れが可視化でき、ガバナンスやセキュリティの強化につながる

経費の流れが可視化でき、ガバナンスやセキュリティ強化につながることも、パーチェシングカードを導入するメリットです。各部署の仕入れから各種経費の支払いをパーチェシングカードで行うことで、部署単位、経費単位ですべての仕入れや経費を1枚の明細書に集約でき、経費の流れが可視化できるようになります。経費の流れが可視化できれば、私的利用などを防げるため、ガバナンスやセキュリティの強化につながります。

カードの名義変更の手間がかからない

パーチェシングカードを導入するメリットには、カードの名義変更の手間がかからないことが挙げられます。通常の法人カードは、個人事業主や法人に属する個人の名義となっており、使えるのは名義人だけです。従業員が退職した場合は、その都度カードの名義変更の手続きが必要になります。
一方、パーチェシングカードは法人名義や部署名義、経費項目名義などで発行できるので、従業員が入れ替わったとしても、名義変更の必要がありません。その分、事務負担が軽くなります。

パーチェシングカードのデメリット

メリットが多くある一方で、パーチェシングカードにはデメリットもあります。申込条件や利用用途に関わるため、デメリットも確認しておきましょう。

パーチェシングカードのデメリット

  • 申込条件に資本金額や従業員数の一定基準がある
  • 実店舗では使えない
  • ポイント付与やサービス特典はない

申込条件に資本金額や従業員数の一定基準がある

パーチェシングカードはコーポレートカードの一種であり、基本的に大企業向けのカードです。そのため、申込条件として、資本金額や従業員数が一定基準を超えていないと持てないことはデメリットといえます。例えば、三菱UFJニコスのパーチェシングカードでは、「資本金3,000万円以上、従業員数50名以上、2期連続黒字決算、業歴10年以上の法人」が申込条件になっています。
条件を満たさない中小企業や個人事業主は、申し込むことができません。

実店舗では使えない

パーチェシングカードのデメリットには実店舗で使えないことが挙げられます。実店舗での支払いをクレジットカードで行いたい場合は、通常のコーポレートカードやビジネスカードが必要です。

ポイント還元や付帯サービスがない

パーチェシングカードのデメリットには、ポイント還元や付帯サービスがないことが挙げられます。パーチェシングカードは経理事務の効率化に特化した法人カードなので、通常の法人カードが備えているポイント還元や付帯サービスはないことがほとんどです。ポイント還元をはじめ、国内・海外旅行傷害保険やコンシェルジュサービスなどの付帯サービスを利用する場合は、一般の法人カードを利用しましょう。

中小企業や個人事業主にはビジネスカードがおすすめ

パーチェシングカードが利用できない中小企業や個人事業主には、ビジネスカードがおすすめです。すべての支払いをビジネスカードにまとめれば、支払いの一本化による経理事務の削減や経費の可視化ができます。また、ポイント還元をはじめ、出張時に使える空港ラウンジの無料利用や交通費の割引サービスなどの付帯サービスを利用することで、経費の節約にもつながるでしょう。

ビジネスカードにはさまざまなものがありますが、中小企業や個人事業主にとって使い勝手のいいものを選ぶなら、三菱UFJニコスのビジネスカードがおすすめです。VisaとMastercard®から国際ブランドを選べる「三菱UFJカード ビジネス」、「三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス」と、アメリカン・エキスプレス®の「三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」といったランクの異なる3種類を展開しており、年会費と付帯サービスのバランスを見て、自社にあうものを選ぶことができます。

初めてビジネスカードを持つ経営者におすすめの三菱UFJカード ビジネス

三菱UFJニコスが発行している「三菱UFJカード ビジネス」は、スモールビジネスや個人事業主の方が入会しやすく、初めてビジネスカードを持つ経営者におすすめです。

ビジネスカードのご利用金額は法人口座(屋号付き口座)からの引き落としになり、立て替え払いの負担を軽減したり、会計ソフトと連携して経費管理業務の効率化を図れたりします。また、引き落とし日に経費の支払日を一元化できるため、支払いまでにゆとりができて、キャッシュフローの改善などにも役立つでしょう。年会費は1,375円(税込)で、出張経費の削減に貢献する限定プランや、経費が割引価格になる優待サービスも利用可能です。

さらに、経費の支払いで1ポイント5円相当で使えるポイントがたまるだけでなく、ご利用金額に応じて基本ポイントを優遇するサービスや、入会初年度は国内利用でポイントが1.5倍になる優待サービスなどもあります。
すでに法人カードを持っていて、ご利用可能枠を増やしたいという場合にもおすすめの1枚です。

三菱UFJカード ビジネスの特長

  • 出張経費の削減や経費が割引価格になる優待サービスがある
  • タッチ決済対応でスピーディーに支払える
  • 月間のご利用金額が10万円以上で基本ポイントの20%分が加算される

初年度の年会費が無料!優待サービスが充実したゴールドカード

三菱UFJカードゴールドプレステージビジネス

※アメリカン・エキスプレス®での
発行をご希望の方はこちら

三菱UFJニコスのビジネスカードには、お得なゴールドカードがあります。三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス」の年会費は11,000円(税込)ですが、初年度の年会費は無料です。

また、ランクの高いゴールドカードならではの空港ラウンジサービス、JAL航空券をお得な運賃で予約できる優待サービスのほか、手数料無料でのゴルフ場の代理予約など、出張や接待をサポートするサービスが充実しています。

ご利用可能枠は100万~300万円ですので、出張費や接待交際費、仕入れ代、広告宣伝費の支払いなどにも安心して利用できるでしょう。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスは月間のご利用金額が10万円以上の方は基本ポイントの50%分が加算されます。経費管理業務の効率化だけでなく、たまったポイントを福利厚生プランに使ったり、マイルに交換したりすることで経費削減にもつながるのでお得です。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスの特長

  • 初年度の年会費が無料になる
  • タッチ決済対応でスピーディーに支払える
  • 国内とホノルルの空港ラウンジが無料で利用できる
  • ビジネスシーンでの優待サービスや割引サービスを利用できる

ビジネスリーダーにふさわしい、ステータス性と実用性に優れたプラチナカード

ランクの高い「三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は、充実の優待サービスを付帯しています。経費管理の業務効率化だけでなく、ビジネス面においてさまざまなサポートがあるので実用性にも優れている1枚です。

例えば、24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯されているので、国際便の手配や接待先のお店の予約、出張先での病気やケガなどをサポートします。また、世界1,400カ所以上の空港ラウンジを利用できる、プライオリティ・パスに無料で入会できるので、空港での時間も快適に過ごせるでしょう。

ほかにも、一流ホテル、厳選されたダイニングやスパ、レストランでの優待サービスがあり、接待や出張の際に使えるハイクラスなサービスがそろっています。
入会初年度は、国内利用で基本ポイントが1.5倍、海外利用で2倍になるので海外出張費や経費の支払いでお得にポイントがためられます。

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの特長

  • コンシェルジュサービスを24時間365日利用できる
  • 世界1,400カ所以上の空港ラウンジが利用できる
  • 海外出張の際にカード使用者1名につきスーツケース1つを無料宅配できる
  • 入会初年度の基本ポイントが国内利用で1.5倍、海外利用で2倍になる
  • 国内の厳選されたレストランで2名以上の利用で1名分が無料になる
  • 一流ホテル、厳選されたダイニングやスパでの優待サービスがある
  • 国内利用分のポイントが1.5倍になる(入会初年度限定)
  • 海外利用分のポイントが2倍になる

中小企業や個人事業主はビジネスカードを利用しよう

パーチェシングカードは、大企業向けのコーポレートカードの1種であり、企業間取引の決済を行うためのカードです。カードレスタイプで、経理事務の削減、振込手数料の削減などに役立ちます。ただし、大企業向けの法人カードなので、申し込みには資本金や従業員数などの条件があり、条件に満たない中小企業や個人事業主は作れません。
中小企業や個人事業主が、経費事務の効率化や振込手数料の削減を目指すなら、ビジネスカードを導入するのがおすすめです。中でも三菱UFJニコスのビジネスカードは、3つのランクから選択可能で、ビジネスに役立つ付帯サービスも充実しています。ビジネスを強力にサポートするビジネスカードの導入をぜひご検討ください。

おすすめのクレジットカード

カード名 スモールビジネスや
個人事業主の
最初の1枚におすすめ
経費や仕入れ代などに
余裕を持たせたい
経営者におすすめ
コンシェルジュなど
最高クラスの優待がほしい
経営者におすすめ
三菱UFJカード
ビジネス
三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
ビジネス
三菱UFJカード
プラチナ・ビジネス・
アメリカン・
エキスプレス®・カード

年会費

1人目

1,375円(税込)

※Visa、Mastercard®
どちらか一方の場合

11,000円(税込)

初年度は年会費無料

※Visa、Mastercard®
どちらか一方の場合

22,000円(税込)

2人目
以降

1,375円(税込)

※Visa、Mastercard®
どちらか一方の場合

2,200円(税込)

※Visa、Mastercard®
どちらか一方の場合

3,300円(税込)

ご利用可能枠

40万~80万円

※ご契約法人単位

100万~300万円

※ご契約法人単位

100万~500万円

※ご契約法人単位

特長
  • 月間のご利用金額が10万円以上で基本ポイントの20%分が加算
  • 入会初年度は国内利用でポイントが1.5倍
  • 初年度の年会費無料!
  • 国内とホノルルの空港ラウンジサービスが利用可能
  • 月間利用が10万円以上で、基本ポイントの50%分を加算
  • 専用コンシェルジュが24時間365日対応
  • 世界1,400カ所以上で使える、空港ラウンジサービス、プライオリティ・パスに無料で入会可能!
最短発行
可能期間
3~4週間 3~4週間 3~4週間

そのほかの
クレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
パーチェシングカードとは何ですか?
パーチェシングカードとは、企業間取引の決済に特化した法人カードで、大企業向けのコーポレートカードの1種です。各部署がパーチェシングカードを使って決済すれば、異なる支払先でも支払いを一本にまとめられて経理事務の効率化を図れます。

詳しくは「パーチェシングカードとは企業間取引の決済に特化した法人カード」をご確認ください。
パーチェシングカードと法人カードの違いは?
パーチェシングカードと通常の法人カードの違いは、利用用途の制限や付帯サービスの有無です。パーチェシングカードは企業間取引の決済に利用用途が限られており、実店舗などでは使えません。また、空港ラウンジの無料利用や各種割引サービスといった付帯サービスもありません。ただし、法人の名義だけでなく、部署や経費項目名義でも作成が可能です。

詳しくは「パーチェシングカードと法人カードとの違い」をご確認ください。
パーチェシングカードのデメリットは?
パーチェシングカードのデメリットは、法人の中でも大企業しか使えないことです。パーチェシングカードは基本的に大企業向けの法人カードのため、資本金や従業員数、財務状況などが申込条件として設けられています。また、実店舗では使えないことや一般の法人カードのようなポイント還元や付帯サービスがないこともデメリットに挙げられます。

詳しくは「パーチェシングカードのデメリット」をご確認ください。