クレジットカードの基礎知識
2020年12月25日 
(更新:2022年4月25日)

クレジットカードの名義変更はお早めに!変更の手順や注意点を解説

結婚などで姓が変わるときには、銀行口座のほか、クレジットカードの名義変更も必要になります。クレジットカードの名義変更を忘れてしまうと、思わぬトラブルに発展することがありますから注意が必要です。
ここでは、クレジットカードの名義変更の方法や、名義変更しないとどうなるのか、起こりうるリスクをご紹介します。

クレジットカードの名義変更が必要なのはいつ?

クレジットカードの名義変更の手続きが必要になるのは、契約者の姓名に変更があった場合です。一般的には、下記のような場合です。

<名義変更が必要な場合>

  • 結婚、離婚、養子縁組などで姓が変わった場合
  • 改名した場合

なお、離婚の場合は、旧姓に戻す場合と戻さない場合があります。姓が変わらないのであれば、手続きの必要はありません。

クレジットカードの名義変更をしないとどうなる?

クレジットカードの名義変更をしないとどうなるのでしょうか。続いては、クレジットカードの名義変更を行わなかったときに、起こりうる主なリスクを3つご紹介します。

新しいクレジットカードが届かない

クレジットカードは、更新時期になるとカード会社から新しいカードが郵送されます。クレジットカードの名義変更を行わないと、郵便物の宛先と、表札の名前が一致しないという理由で、カード会社に返送されてしまう可能性があります。

引き落としができず、延滞扱いになる

引き落とし口座の名義変更は済ませたのに、クレジットカードの名義変更を忘れていたという場合は、注意が必要です。
クレジットカードの利用代金の引き落としがされずに、支払遅延で遅延損害金が発生したり、カードが利用停止になったりというリスクが考えられます。

海外で不正利用を疑われるケースがある

一般的に、海外ではクレジットカードが身分証明書代わりになります。ホテルにチェックインするときなど、パスポートとともにクレジットカードの提示が求められる場合があるでしょう。このとき、パスポートの名前が新姓であるのに、クレジットカードの名義が旧姓だと、ホテルの担当者に不正利用を疑われてしまうケースがあります。
また、海外旅行先で病気やケガをしたとき、クレジットカードの盗難の被害にあったときなど、名義変更を行っていなかったために、カード会社による補償の手続きがスムーズに進まない場合もあるでしょう。

クレジットカードの名義変更の方法

クレジットカードの名義変更は、郵送で行うのが一般的です。

カード会員専用のWEBサービスか電話でカード会社から変更届などの用紙を取り寄せて、必要事項を記入の上、提出する必要があります。その際、運転免許証やパスポートなど、本人確認書類のコピーも併せて提出するのが一般的です。また、同時に引き落とし口座の変更手続きも必要となりますので、銀行口座の名義変更を先に行いましょう。

クレジットカードの名義変更をする際に覚えておきたいポイント

最後に、クレジットカードの名義変更をするにあたって、覚えておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。

新姓名義のクレジットカードが届くまでは旧姓名義のカードを使える

クレジットカードの名義変更を行った後に、新しいカードが届くまでのあいだ、旧姓名義のカードを利用することができます。
旧姓名義のクレジットカードを利用して実店舗で買い物をする際、署名はカードに記載された旧姓で行ってください。また、一般的に、ネットショッピングで旧姓名義のクレジットカードを利用する際も、名前を入力するときは旧姓を使う必要があります。
なお、新姓名義のクレジットカードが届いたら、古いカードはハサミで細かく裁断するなどして、処分してください。

クレジットカードの名義変更は計画的に行おう

クレジットカードの名義変更は、できる限り早めに行うのがおすすめです。自分の姓が変わるときは、各方面で多くの手続きをする必要があります。
しかし、忙しいからといって、クレジットカードの名義変更をしないと、トラブルが起こる可能性があります。クレジットカードの名義変更は、銀行口座の名義変更などと併せて、計画的に行うようにしましょう。

おすすめのクレジットカード

カード名 日常にうれしいを、
将来まで安心を。
オンも、オフも、
いつまでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
年会費 初年度 無料 無料

(オンライン入会限定)

22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の5.5%還元!
  • 入会後3ヶ月は最大1.6%相当を還元!
  • 年間ショッピング利用額100万円以上で11,000円相当のポイント還元(2022年7月1日以降の入会者限定)
  • 専任スタッフが24時間対応
  • 厳選されたレストランのコースメニューが1名様分無料に!
  • 国内70以上のホテルで1滞在あたり平均550米ドル相当のご優待
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

そのほかのクレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
クレジットカードの名義変更が必要なのはいつ?
クレジットカードの名義変更の手続きは、契約者の姓名に変更があった際に行います。主に、結婚、離婚、養子縁組などで姓が変わった場合や改名した場合です。なお、離婚しても、旧姓に戻さなければ、名義変更の必要はありません。

詳しくは「クレジットカードの名義変更が必要なのはいつ?」をご確認ください。
クレジットカードの名義変更をしないとどうなる?
クレジットカードの名義変更をしないと、カードの名義と各種登録先の名義が異なることから、さまざまなリスクを負うことがあります。例えば、登録先の宛名が一致しないと新しいクレジットカードが届かなかったり、銀行口座の名義と異なるために、クレジットカードの利用額が引き落とされなかったりします。また、海外ではクレジットカードが身分証明書代わりになることもあり、パスポートと名義が異なれば、不正利用を疑われるケースもあるのです。姓が変わった際は、なるべく早くクレジットカードの名義変更を行うようにしましょう。

詳しくは「クレジットカードの名義変更をしないとどうなる?」をご確認ください。
クレジットカード名義変更はどこで手続きする?
一般的に、クレジットカードの名義変更は郵送で行います。カード会員専用のWEBサービス、または電話で、カード会社から変更届などの用紙を取り寄せて、必要事項を記入の上、郵送します。同時に引き落とし口座の変更手続きも必要となりますので、銀行口座の名義変更を先に行いましょう。

詳しくは「クレジットカードの名義変更の方法」をご確認ください。
三菱UFJカード 新規ご入会特典 最大10,000円相当(グローバルポイント2,000ポイント)プレゼント!