ステータスカードの活用術
2020年3月11日

ステータスの高いクレジットカードとは?ランクごとのメリットを解説

クレジットカードは、持っているだけである種のステータスになります。ならば、少しでもランクの高いクレジットカードを持ちたいもの。
ここでは、ステータスカードにはどのようなメリットがあるのかをご紹介しましょう。

クレジットカードは「社会的信用」を表す

買い物の支払いに関しては、日本は今でも現金主義が根強く残っています。過去には、クレジットカードに対して「分割後払い=借金」というイメージを持ち、否定的な人も多かったようです。
しかし、分割払いで買い物ができるということは、その人に対して「それだけの信用がある」ということです。たとえ高額な商品を後払いで販売したとしても、「この人なら、間違いなく代金を払ってくれる」という信用があるからこそ、クレジットカードの仕組みが成り立っているのです。
そう考えると、クレジットカードを持てるということは、持ち主にそれだけの社会的信用があるということになります。

クレジットカードを持つことは大人の証し

JCBが2018年に調査したデータによると、20代以上の国内男女のクレジットカード保有率は平均で84%。10人いたら、8人以上はクレジットカードを持っていることになります。
年代別に見ると20代の男性が最も低く65.1%。それでも半数以上はクレジットカード所有者で、30代から保有率が高まっていき、50代以上では9割近くにまで達します。

クレジットカードの多くは、「18歳以上で安定収入あり」という申し込み条件がありますし、若いころはクレジットカードが必要になるシーンも少ないでしょう。そのため、若い世代の保有率が平均より低いのかもしれません。
しかし、年齢を重ね、仕事をするようになると、同僚や部下を連れての飲み会、取引先との食事などで、まとめて会計をする場面も増えてきます。そうなると、常に大金を持ち歩くわけにもいきません。
大人になればなるほど、クレジットカードの必要性が高まっていくのです。

海外ではクレジットカードが支払い能力の証明にもなる

海外に行ったことのある人ならご存じかもしれませんが、ホテルにチェックインするとき、クレジットカードの提示を求められることがあります。これは、宿泊費や食費などを支払える能力があるかどうかをチェックするもので、クレジットカードがないと一定額の現金を保証金としてフロントに預けるよう、求められることがあります。レンタカーを借りるときも同様です。車を借りる際には、免許証とともにクレジットカードの提示を要求されます。

日本国内ではこうした習慣はほとんどありませんが、海外ではクレジットカードは支払い能力の証明として扱われているのです。ですから当然、ステータスの高いクレジットカードほど支払い能力を証明する効果も高いということになります。

クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードのステータスとは、具体的には何を指すのでしょうか。一般的に信販系や銀行系の会社が発行しているクレジットカードは信頼性が高く、審査が厳しいゴールドカードやプラチナカードは一般カードに比べてステータスが高いと見なされます。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

銀行系のクレジットカードは信頼性が高い

クレジットカードは、その発行元によって3つの系統に分けられます。もちろん、クレジットカードの基本的な機能やサービスは同じですが、系統によって少しずつ特徴が異なります。

銀行系

メガバンクをはじめとした金融機関やそのグループ会社が母体となっているクレジットカードは、銀行系に分類できます。金融機関の持つ社会的信頼性の高さから、3つの中でもステータスが高い系統とされています。

信販系

クレジット業務にかけては老舗といえる、信販会社が発行元となるクレジットカードは信販系に分類できます。安定感・信頼性が高く、幅広いバリエーションを持つのが特徴といえます。

流通系

量販店や大手流通会社が発行するクレジットカードは、流通系に分類できます。発行元の店舗で利用すると多くのポイントが加算されたり、優待割引を受けられたりと、実利の多いクレジットカードです。

一般カード以上にステータスのあるゴールドカード

発行元による違い以上に大きなものが、クレジットカードそのもののステータスです。広く知られているのがゴールドカードでしょう。
ゴールドカードは、一般カードよりも審査の難度が高いといわれています。審査の内容は各社とも非公開なので、具体的な審査基準をうかがい知ることはできません。

ゴールドカードは、クレジットカードの機能としては旅行関連のサービスが充実しており、空港ラウンジの無料利用、国内外での旅行保険のほか、ホテルやレストランでの優待プランなど、一般カード以上のサービスが用意されています。何より、金色に輝く券面デザインは豪華で品格にあふれ、持っているだけで満足感を得られるでしょう。

・MUFGカード ゴールドプレステージ

さらに上位のステータスを持つプラチナカード

ゴールドカード以上のステータスを持つのが、プラチナカードです。ゴールドカードの手厚いサービスに加え、24時間365日利用できるコンシェルジュサービスのほか、ステータスカードと呼ぶにふさわしい充実したサービスが特徴です。
審査基準は非公開ですが、ゴールドカード以上にハードルが高いことは間違いなく、申し込めば誰でも持てるというものではありません。
また、一部のプラチナカードでは招待制をとっており、ゴールドカードユーザーの中から「プラチナカードにふさわしい」と判断されたユーザーにのみ招待状を送るようです。
このような点も、プラチナカードがステータスの高い理由となっています。

・MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

ステータスカードを持つメリットは?

ゴールドカードは身近なものも登場していますが、プラチナカードともなると年会費は2万円から10万円ほどのものまであります。非常に高額で、誰もが持てるものではありませんが、大切なお客様を接待する機会が多かったり、海外出張などで航空便を頻繁に利用したり、超多忙で自分の時間をなかなか作れなかったりという人にとっては、年会費以上のメリットを受けられることでしょう。
何より、「誰でも簡単に持てるものではない」という希少性とステータス性は、ほかのものには代えがたい大きな魅力といえます。

あなた自身のポジションにふさわしい一枚を

ゴールドカード以上のステータスカードをどうすれば持てるのか、その審査基準は各社とも完全に非公開としていますから、審査に通るかどうかは申し込んでみなければわかりません。
企業の幹部や経営者であれば、ハイクラスの人たちと接する機会が多いはずですから、やはり自分のポジションにふさわしいクレジットカードを持っていたいもの。無理に背伸びをすることはありませんが、あなた自身にふさわしいクレジットカードを、ぜひ手に入れてください。

おすすめのクレジットカード

カード名 MUFGカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
MUFGカード
ゴールドプレステージ
MUFGカード
ゴールド
ワンランク上の体験を 安心と信頼のゴールドカード お得な年会費のゴールドカード
年会費 初年度 22,000円(税込) 無料 無料
次年度以降 22,000円(税込) 11,000円(税込) 2,095円(税込)
特長
  • コンシェルジュサービス24時間対応
  • 海外空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」
  • その他、充実のサービス満載!
  • 充実のポイントプログラム
  • 国内/海外旅行で32の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大5,000万円)
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短3営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す