ステータスカードの活用術
2019年10月31日 
(更新:2020年6月30日)

高年収でなくても大丈夫!ゴールドカードで充実のサービスを受けよう

高いステータスと付加サービスを持つクレジットカードとして、ゴールドカードやプラチナカードがあります。いずれも、「一定以上の年収や高額な年会費が必要だから自分には関係ない」と思われがちですが、必ずしもそうではありません。年会費2,000円で所持できるゴールドカードもあります。
ここでは、手軽に持てるハイグレードカードをご紹介しましょう。

ゴールドカードに必要な年収はどれくらい?

クレジットカードに申し込むと、カード会社で審査が行われ、可否が決定されます。これは、全てのカード会社に共通するプロセスです。しかし、審査基準は各社とも機密事項とされており、審査に通るかどうかを事前に予測することはできません。

ですから、「どれくらいの年収があれば、MUFGカード ゴールドを持てるのか」という質問にも、はっきりと答えることはできません。一般的にはハイグレードなカードほど、年収が高くなければならないイメージがありますが、カード会社が行う審査では、申込者の年収だけでなく、多くの要素を勘案して可否を判断しています。「年収が少ないから」といって、ゴールドカードをあきらめる必要はないのです。

上質なサービスを提供するハイグレードカード

現金の持ち合わせがなくても買い物ができて、レジで財布の中の現金を数える必要もない。クレジットカードを使い始めると、その便利さやスマートさを実感できます。しかし、使い慣れてくると、上位グレードのカードが気になってくるのではないでしょうか。

各カード会社は、一般カードの上位に位置するグレードとして、ゴールドカードやプラチナカードを用意しています。これらのクレジットカードは、充実した会員サービスが特徴です。そして、ひと目見てわかる金色のカードは、そのステータスも大きな魅力です。

ゴールドならではの充実したサービスと安心感

ほとんどのカード会社が、上位グレードとして用意しているゴールドカード。その特徴は、一般カード以上の手厚いサービスと安心感にあります。

中でも際立っているのが旅行保険です。例えば海外旅行の場合、旅行中の事故や病気・ケガによる治療費はもちろん、携行品の破損や盗難といった損害まで幅広く補償してくれます。補償額も数千万円の枠が設定されており、抜群の安心感です。海外渡航の際には、国内主要空港の国際線ラウンジを無料で利用でき、世界を股にかけて活躍するビジネスパーソンをしっかりサポートしてくれます。

利用のたびに加算されていくポイントも、専用のプログラムが用意されていたり、複数のポイントプログラムを併用できたりと、一般カード以上に優遇されています。知らず知らずのうちにたまったポイントで、ショッピングやレジャーを楽しむこともできるでしょう。
ゴールドカードはそのステータスはもちろん、一般カード以上のサービスと安心感が魅力なのです。

気軽に持てるゴールドカードもある

ひと昔前のゴールドカードは、年会費や審査の面でハードルが高い存在でした。しかし、今はゴールドカードの種類も増え、気軽に持てるゴールドカードも出てきています。

三菱UFJニコスでは、上位グレードのカードとして「MUFGカード ゴールド」と「MUFGカード ゴールドプレステージ」「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」を提供しています。中でも同社が2008年に発行を開始したMUFGカード ゴールドは、他社のゴールドカードと比べても年会費の負担が小さく、「気軽に持てるゴールドカード」の先駆けとなる存在です。

MUFGカード ゴールドの機能と特徴は?

エントリークラスのクレジットカードから使い始めて慣れていくと、次に欲しくなるのが上位グレードであるゴールドカードです。国内外への出張が多いビジネスパーソンはもちろん、そうでない人にとっても充実したポイントプログラムなど、数多くの魅力があります。何より、ゴールドに輝く券面は、目立つので使うたびに満足感があります。
ここでは、MUFGカード ゴールドの特徴を紹介しましょう。

年会費が初年度無料で、次年度以降も格安

三菱UFJニコスが発行するMUFGカード ゴールドは、年会費が初年度無料、次年度以降は2,095円(税込)と年会費を極力抑えながら、ゴールドカードならではの充実したサービスを両立していることが一番の特徴です。一般的なゴールドカードは年会費が1万円程度かかりますから、ゴールドカードの中でも持ちやすい一枚といえるでしょう。
MUFGカード ゴールドは、一般カードからのステップアップにも無理がなく、コストと品質のバランスに優れたゴールドカードです。

利用可能枠が大きい

クレジットカードでいくらまで使えるかは、利用可能枠で決まります。一般カードにあたる三菱UFJニコスのイニシャルカードでは、利用可能枠は最大100万円ですが、MUFGカード ゴールドなら、なんとその倍の200万円となります。
実際の利用可能枠は、利用者が無理なく支払える範囲で個別に決められますが、クレジットカードの基本性能ともいえる利用可能枠も、一般カードと違いがあるのです。

■ 利用可能枠の違い

クレジットカード名 年会費
(税込)
利用可能枠
イニシャルカード(社会人の方) 1,375円 10万~100万円
MUFGカード ゴールド 2,095円 10万~200万円
MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード 2,095円 10万~200万円
MUFGカード ゴールドプレステージ 11,000円 50万~300万円
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード 22,000円 50万~500万円

お得な優待サービスを利用可能

MUFGカード ゴールドは、「グローバルポイント」というポイントプログラムが用意されており、ショッピング利用1,000円につき1ポイントが加算されます。たまったポイントは、商品カタログに掲載されているアイテムと交換できるほか、マイレージなど提携先のポイントに移行できるなど、さまざまな使い方が可能です。
また、MUFGカード ゴールドには、下記のようなポイント優遇サービスが用意されていますので、お得にポイントをためていくことが可能です。

アニバーサリーポイント

アニバーサリーポイントは、入会時に指定しておいた「アニバーサリー月」に限り、獲得ポイントが1.5倍になるサービスです。特に指定がない場合は、契約者の誕生月に設定されますが、例えば結婚した月を指定しておけば、結婚記念日のプレゼントやディナーなどでクレジットカードを利用し、アニバーサリーポイントを受け取ることができます。

プレミアムスタープログラム

プレミアムスタープログラムでは、年会費の支払いとショッピングの年間利用額に応じて毎年1個、または2個の優遇マーク(★印)がたまり、★印が5つたまると「ファイブスターメンバー」として優遇特典を受ける権利が得られます。そして、ファイブスターメンバーになると、前年のショッピング利用額が50万円以上の場合に、前年の1年間で獲得した基本ポイントの10~20%を、「プレミアムボーナス」として年1回受け取ることができます

利用額が大きければボーナスのポイントも大きくなるため、一気にポイントを増やすチャンスです。

グローバルPLUS

グローバルPLUSは、1年間の利用実績によって翌年の獲得ポイントを優遇するサービスです。年間利用額が50万円以上の場合、翌年1年間は基本ポイントの20%が加算され、利用額が100万円以上なら50%も加算されます

プレミアムスタープログラムと同じく、クレジットカードを使うほどより多くのポイントがたまるプログラムです。

POINT名人.com

POINT名人.com」は、会員専用のネットショッピングポータルサイトです。POINT名人.comを経由して、そこに登録された各ネットショップで買い物をすると、利用額に応じて加算されるポイントが最低でも2倍、最大で25倍となります

POINT名人.comには、Amazon.comや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどの大手ECモールをはじめ、家電やパソコン、ファッション、グルメ、ベビー用品にスポーツ用品など、あらゆるジャンルのショップがそろっています。
これら、全てのショップでの買い物のポイントが、通常の2倍から25倍となるのですから見逃せません。日々の消耗品や日用品を購入するだけで、どんどんポイントがたまっていくことでしょう。

トラベルサービスと手厚い保険を用意

ゴールドカードは、各社とも国内外旅行での傷害保険や空港のラウンジ利用サービスなど、トラベルサービスが充実しています。MUFGカード ゴールドでは、海外旅行における傷害保険は最高2,000万円。旅行中の事故、病気やケガに加えて、携行品の破損や盗難などもカバーします。しかも、クレジットカードを持っているだけで保険が適用される自動付帯なので、特別な手続きは不要です。

また、国内の主要空港とハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)のラウンジを無料で利用でき、新聞やソフトドリンクなどのサービスを受けることができます。

国際ブランドとの提携でどこでも使える

せっかくのゴールドカードでも、使える場所が限られていては意味がありません。その点、MUFGカード ゴールドは万全です。Mastercard®、Visa、JCB、アメリカン・エキスプレス®という4大国際カードブランドと連携しているので、日本でも世界でも、どこでも使える安心感があります。

海外での利用が多いなら、特におすすめしたいのが「MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード」。年会費の優遇や充実したトラベルサービスといったMUFGカード ゴールドの特徴はそのままに、海外利用でポイント2倍、日本国内での利用でも、初年度は1.5倍のポイントが付与されます。海外での利用を重視する人にふさわしいゴールドカードです。

ゴールドカードは20代でも持てる?

ゴールドカードは、これまで「年会費が高い」「高年収でないと持てない」といわれ、ハードルが高いイメージがありました。今でも、一般的なゴールドカードは年会費が1万円程度かかりますが、MUFGカード ゴールドは、年会費2,095円(税込)という手軽さで、そのイメージを一新しています。

年会費の負担が少ないMUFGカード ゴールドなら、20代の若者でも無理なく持つことができ、ゴールドカードならではの手厚いサービスを存分に活用できます。

カードの利用履歴も重要な判断材料

カード審査では、申込者自身の過去の利用履歴が重要な判断材料になります。クレジットやローンなどの金融関係で大きなトラブルを起こしていたり、頻繁に支払い遅延があったりすると、そうした履歴が信用情報として残り、審査においてマイナスに作用します。
とはいえ、「一度でも支払い遅延があったらNG」というものではありませんし、最終的にはカード会社の判断になりますから、あまり悲観的にならなくても大丈夫です。審査の材料となるのは、以下の要素などです。

  • 年収
  • 家族構成
  • 職業・勤続年数
  • カードの利用履歴、借り入れの状況

より手厚いVIP向けのプラチナカード

ゴールドカードのさらに上位に存在するのがプラチナカードです。ゴールドよりもさらに上位のグレードというだけあって、その実力は相当なもの。例えば、旅行保険は海外で最高1億円、国内では同じく5,000万円という具合に、ゴールドの上を行く手厚い補償が用意されています。また、MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードなら、世界の主要空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスを無料で申し込むことができます。

さらに、プラチナカードのサービスとして、国内外での各種チケットの手配やレストランの予約、急なトラブルに対応してくれるコンシェルジュ、一流ホテルのレストランやスパなどに用意された会員限定の優待、健康に関する24時間の相談窓口などがあります。

プラチナカードはまさにゴールドを超える価値を持つ、VIP向けのハイグレードカードといえるでしょう。

あこがれの黄金に輝くカードを手に入れよう

充実したサービスが持ち味のゴールドカード。プレミアムなイメージがある一方で、申し込みのハードルは、決して高くはありません。もちろん、審査に通るかどうかを事前に知ることはできませんが、あれこれ考えてばかりでは何も始まらないのも事実です。

まずは行動し、申し込んでみることです。そして、黄金のカードを手にして、ステータスカードの満足感と、充実したサービスを存分に味わってください。

おすすめのクレジットカード

カード名 MUFGカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
MUFGカード
ゴールドプレステージ
MUFGカード
ゴールド
ワンランク上の体験を 安心と信頼のゴールドカード お得な年会費のゴールドカード
年会費 初年度 22,000円(税込) 無料 無料
次年度以降 22,000円(税込) 11,000円(税込) 2,095円(税込)
特長
  • コンシェルジュサービス24時間対応
  • 海外空港ラウンジサービス「プライオリティ・パス」
  • その他、充実のサービス満載!
  • 充実のポイントプログラム
  • 国内/海外旅行で32の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大5,000万円)
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短3営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す