クレジットカードの基礎知識
2020年7月27日

クレジットカードのボーナス払いとは?仕組みや対応期間について解説

欲しい商品があるけれど、今すぐにお金を用意することができない。けれど、数カ月後にボーナスが出る予定である――そんなときは、クレジットカードのボーナス払いがおすすめです。
ボーナス払いなら、夏と冬のボーナス時期まで支払いを延ばすことができます。また、分割払いやリボ払いとは異なり、手数料が発生しない点も魅力でしょう。
ここでは、ボーナス払いのメリットをご紹介します。ボーナス払いを賢く利用するための注意点もご紹介しますので、併せてチェックしてみてください。

クレジットカードのボーナス払いとは?

クレジットカードのボーナス払いとは、「ボーナス月」といわれる月の翌月に、カードの利用代金をまとめて支払う方法です。
ボーナス払いの仕組みを理解して計画的に利用すれば、快適に買い物を楽しむことができます。まずは、ボーナス払いはどんな人が利用できるのか、また、支払日はいつになるのかについてご紹介します。

ボーナスがない人でも使える?

クレジットカードのボーナス払いは、名称に「ボーナス」とついているので、「ボーナスをもらっている人しか使えないのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、ボーナス払いは「支給されるボーナスを用いて支払わなければならない」というものではなく、「ボーナス時期にまとめて支払う」支払方法です。
夏と冬の「ボーナス期」といわれる時期に、ご利用金額をまとめて支払うことができるのであれば、主婦や学生など無職の人、または会社によってボーナスが支給されない人であっても利用することができます。

利用できる期間や支払日はカード会社ごとに違う

ボーナス払いを利用できる期間や支払日は、カード会社ごとに違います。ボーナスの支給日は企業によって違いますが、夏なら7月、冬なら12月に支給というのが一般的でしょう。ですから、多くのカード会社は、ボーナス払いの支払日を、ボーナス支給月の翌月となる、8月と1月の支払日に設定しています。

また、ボーナス払いにした利用分は、直近の支払日に引き落とされます。つまり、冬から夏までに利用した分は夏のボーナスで支払い、夏から冬にかけて使った分は冬のボーナスで支払うというわけです。
カード会社によっては、「夏は6月・7月・8月、冬は12月・1月」というように、支払月を選択できる場合もありますから、無理なく支払える支払月を選ぶのもいいでしょう。

大きなメリットがあるボーナス払い

ボーナス払いのメリットは、支払いを数カ月先に延ばせることと、手数料がかからないことです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

支払いを先延ばしにすることができる

ボーナス払いの大きなメリットは、支払いを延ばせることです。
前述のとおり、ボーナス払いは利用できる期間と支払日があらかじめ決められており、カード会社によって異なります。

例えば、三菱UFJニコスが発行する「MUFGカード ゴールド」の場合、夏のボーナス払いでは、毎年12月16日~6月15日までの利用分が、夏期の支払日である8月10日に引き落とされます。そして、冬のボーナス払いでは、7月16日~11月15日までの利用分が、冬期の支払日である1月10日に引き落とされる仕組みです。
つまり、最短でも約2カ月、最長で約8カ月も、支払いを先延ばしにすることができるのです。支払日までに余裕を持ってお金を準備することができるので、支払遅延の防止につながります。

MUFGカードのボーナス払いについて、詳しくはこちら。
MUFGカード ボーナス1回払い

ボーナス払いなら手数料がかからない

ボーナス払いは通常の1回払いと同じく、基本的に手数料がかかりません。最長8カ月も支払いを先延ばしにでき、その上手数料がかからないことは、ボーナス払いの大きな魅力といえるでしょう。
分割払い(3回以上)やリボ払いは、毎月の返済負担を小さくできる支払方法ですが、ご利用金額や支払期間に応じた手数料がかかってしまいます。その点、手数料がかからないボーナス払いのほうがお得です。

また、カード会社によっては、利用代金を半額(または任意の額)ずつ支払うことができる「ボーナス2回払い」を選択できます。注意点として、ボーナス2回払いの場合、利用代金に応じた手数料が加算されることがあります。手数料を確認の上、ボーナス一括払いかボーナス2回払いか、無理なく支払える方法を選択しましょう。

★あわせて読みたい
【専門家が解説】クレジットカードの仕組みとメリット、お得な使い方

ボーナス払いの注意点と使いこなすためのコツ

便利でメリットの大きいボーナス払いですが、注意点もあります。利用する際にはこれらのポイントを押さえた上で、うまく使いこなすようにしましょう。

ボーナスは必ずもらえるとは限らない

ボーナス払いを利用する際には、確実にボーナスがもらえるか、あらかじめ確認するようにしましょう。
そもそもボーナスは、企業が上げた利益を社員に還元するという、恩給のような意味合いが強いもの。原則として、ボーナスや賞与を支払う法律上の義務は企業側にはないのです。
ですから、勤務先の業績によっては減額されることもありますし、「ボーナスなし」ということもありえます。また、勤続年数が短い、あるいは勤務態度や勤務実績が「賞与に関する社内規定」に満たない場合にも、支給額がわずかだったりゼロだったりということがあるでしょう。

新入社員や転職後間もない場合には、ボーナス払いを利用する前に、「そもそもボーナスは出るのか?」「出るならいくらくらい期待できるのか?」ということを、あらかじめ確認しておくことが大切です。
労働契約や就業規則を自身で確認する、または労務・上司等に確認するなどして、確実にボーナスがもらえることを把握した上でボーナス払いを利用するようにしましょう。

ボーナス払いが使えない店舗もある

ボーナス払いは、どこの店舗でも扱っているわけではありません。一般的に、デパートをはじめ、家電・家具量販店や高額商品を扱うブランドショップ、紳士服やスポーツ用品店などの大手チェーン店で、ボーナス払いを利用できます。
しかし、規模が小さい店舗の場合、利用できないことがあります。

そのほかの注意点として、カード会社によってはボーナス払いを利用できない期間があります。夏のボーナス払いが利用できる期間と、冬のボーナス払いが利用できる期間とのあいだにある、それぞれ1カ月間が、ボーナス払いを利用できない期間となるのが一般的です。
三菱UFJニコスが発行する「MUFGカード」の場合、6月16日~7月15日、および11月16日~12月15日の2つの期間において、ボーナス払いが利用できません。
ボーナス払いが利用できない期間があるかどうかはカード会社によって違いますから、カード会社のWEBサイト等で確認しましょう。

割賦取引利用可能枠を確認しておこう

ボーナス払いでは、「割賦取引利用可能枠」が適用され、利用できる上限額が制限されます。
クレジットカードには、「この金額までならカード払いができる」という利用限度額がありますが、これとは別に設定されているのが割賦取引利用可能枠です。

割賦取引利用可能枠とは、1回払いを除く、2回払いやリボ払い、分割払い、ボーナス払いに適用される利用限度額です。これらの支払方法で、割賦取引利用可能枠で設定された額を超える金額を利用することはできません。
割賦取引利用可能枠は、年収や居住形態等をもとにした複雑な計算で算出され、クレジットカード自体の利用限度額とほぼ同じということもあれば、より低い額に設定されていることもあります。割賦取引利用可能枠は、カード会社の会員専用サイトやご利用代金明細書などで確認できますので、チェックしておきましょう。

あとからボーナス払いに変更できない

店舗での支払時に別の支払方法を選択した場合、あとからボーナス払いに変更できない点にも注意が必要です。
店舗での支払いの際に1回払いを指定しておいて、あとでリボ払いや分割払いに変更することは可能でしょう。しかし、ボーナス払いについては、あとからボーナス払いに変更することはできません。ボーナス払いはクレジットカード払いを利用する際、店舗で指定した場合のみに選択できる支払方法です。

ただし、ボーナス払いをあとからほかの支払方法に変更することは可能です。例えば、「引っ越しで家電や家具を購入する際、店舗でボーナス払いを指定したものの、あとからほかの費用も発生し、夏のボーナスだけでは支払えなくなった」というとき、支払方法を分割払いやリボ払いに変更することで、無理なく支払うことができます。

支払いが終わるまで利用限度額が減ってしまう

ボーナス払いは、支払いを数カ月も先延ばしにできる点がメリットですが、裏を返せば「利用限度額が減った状態が数カ月続く」ということでもあります。
ご利用限度額100万円のクレジットカードで60万円の買い物をして、それを全てボーナス払いにしたら、数カ月先の支払日に支払いが終わるまでは、カードの利用限度額は残り40万円ということになります。
WEB明細をチェックして、自分がいくら使ったのか、あといくらまでカードを使えるのか、利用状況を常に把握するようにしましょう。

ボーナス払いを計画的に使いこなそう

クレジットカードのボーナス払いは、支払いを先延ばしにできる、便利でメリットが大きい支払方法です。何より手数料がかからないため、大きな買い物やまとめ買いをする際、リボ払いや分割払いを選択するよりお得といえます。
計画的に利用すれば、お得で便利なボーナス払い。大きな買い物をする予定がある人は、支払方法の選択肢として、検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめのクレジットカード

カード名 VIASOカード イニシャル MUFGカード ゴールド
Webで簡単お申し込み! 初めて持つならこの1枚 お得な年会費のゴールドカード
年会費 初年度 無料 無料 無料
次年度以降 無料

1,375円(税込)

学生は在学中無料

2,095円(税込)

特長
  • ポイントは自動で現金還元!
  • ポイント還元率は最大10%
  • スタイリッシュなデザイン
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 「MUFGカード ゴールド」へ自動切換え
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す