初めてのクレジットカード
2020年6月30日 
(更新:2021年5月25日)

主婦がクレジットカードを作るには?おすすめカードとお得な使い方

日々、家庭の買い物を担う主婦や主夫が、クレジットカードを持つメリットは少なくありません。
ここでは、主婦がクレジットカードを持つメリットや魅力をまとめました。また、専業主婦・主夫で定期的な収入がなくクレジットカードを持てるのか不安な人に向け、クレジットカードを持つための方法と注意点についてもご紹介します。

主婦・主夫がクレジットカードを持つメリット

主婦や主夫は、食料品や日用品の買い物が日課のひとつという人も多いでしょう。実は、そのように毎日買い物をする人こそ、クレジットカードを持つメリットがたくさんあるのです。
そこで、家計をやりくりする主婦や主夫ならではの、クレジットカードを持つメリットをご紹介します。

買い物の機会が多く、ポイントがたまりやすい

主婦がクレジットカードを持つメリットとしてまず挙げられるのは、買い物をする機会が多く、クレジットカードのポイントがたまりやすいということでしょう。
1回あたりの支払額は小さくても、毎日となれば、積もり積もって大きな金額になります。日々の生活費をクレジットカードのポイント対象にすることで、効果的にポイントをためることができるのです。

例えば、1カ月の生活費が15万円程度だとします。クレジットカードの平均的なポイント還元率はおよそ0.5%です。生活費の全額をクレジットカード払いにすると、毎月750円分程度のポイントになります。年間にすると、約9,000円分です。
クレジットカードのキャンペーンでポイントプログラムが優遇されるタイミングでまとめ買いをするなどすれば、さらに多くのポイントをためられるでしょう。

利用明細を家計簿代わりに使える

クレジットカードを持てば、その利用明細を家計簿代わりに使えるという点もメリットです。
家計を預かる主婦や主夫であれば、毎月の収入と支出はしっかり管理したいもの。しかし、給料など月に1、2回記録すればいい「収入」とは異なり、日々の買い物などで生じる「支出」をその都度、家計簿に記録するのは、大変な作業です。支出をクレジットカード払いに一本化すれば、利用明細を見ることで、いつ、どこで、いくら使ったのかを確認できます。レシートを保管して整理したり、家計簿に細々とした支出額を記入したりする手間がなくなるでしょう。

また、多くのクレジットカードは、WEBで利用明細を確認することができます。スマートフォンなどで手軽に確認できますから、多忙な主婦や主夫でも空いた時間でこまめに確認することで、無駄な支出を減らしたり、貯蓄の計画を立てたりしやすくなるでしょう。

多額の現金を持たなくて済む

主婦や主夫のお買い物は、子供の学用品や食材・日用品のまとめ買いなどで、高額になることもあります。このようなときに多額の現金を持ち歩くのはリスクが高く、人によっては心配で買い物に集中できないこともあるでしょう。
ですが、クレジットカードを持っていれば、そうした心配はありません。クレジットカードの紛失や盗難の際には、カード会社に電話一本入れるだけで利用を停止することができます。クレジットカードは、現金にはない安全性と利便性があるのです。

主婦・主夫のクレジットカードに関する疑問

クレジットカードに申し込む際には、収入や勤務先を記入する必要があります。ですから、仕事をしていない専業主婦・主夫は、自分名義のクレジットカードには申し込めないと考える人もいるかもしれません。また、結婚前に使っていたカードは結婚後も使えるのでしょうか。
続いては、主婦や主夫のクレジットカードに関する疑問について解説します。

主婦・主夫はクレジットカードの審査に通りにくい?

「専業主婦・主夫で定期収入がないため、自分の名義ではクレジットカードの審査が通らないのでは?」と心配される人もいるでしょう。
確かに、仕事をしていて定期的な収入がある人に比べると、クレジットカードの審査は通りにくいといえますが、クレジットカードの審査項目は収入だけではありません。カード会社によっては配偶者を含めた世帯収入や預貯金額といった情報も含まれるのです。
ですから、主婦や主夫であっても、自分名義のクレジットカードを持つことができます。審査基準はカード会社によって異なりますが、あきらめる必要はありませんので、まずは申し込んでみましょう。

結婚前に作ったカードはそのまま使える?

結婚前に自分名義のクレジットカードを使っていたという人も多いのではないでしょうか。結婚して姓が変わっても、そのクレジットカードは引き続き利用が可能です。ただし、名義や住所、勤め先の変更などを、カード会社に届け出る必要があります。

変更手続きをしないまま利用すると、クレジットカードの更新ができなくなる可能性があるのです。また、銀行口座を名義変更している場合、名義が違うため、口座からの引き落としができず、支払い遅延となってしまうこともあります。
さらに、海外旅行などへ行った際、パスポートと名前が違うため、「クレジットカードを利用できない」「クレジットカードの不正利用を疑われる」といったトラブルになるおそれもありますので、なるべく早く変更手続きをしましょう。
変更手続きの方法についてはカード会社によって異なりますので、WEBなどでご確認ください。

複数のクレジットカードに申し込んだほうがいい?

クレジットカードの審査に通るかどうか不安だからといって、同時に複数のクレジットカードに申し込むのは避けましょう。複数のクレジットカードに同時に申し込むことを「多重申込」といいますが、多重申込をすると、クレジットカードの審査が通らなくなる可能性が高くなります。

カード会社はクレジットカードの申込内容について、信用情報機関にその内容を登録します。信用情報機関とは、申込者のクレジットカードの利用履歴や支払い状況、延滞の有無、さらには、住宅や車のローンなど、個人の信用にもとづく「信用取引」の情報を管理する機関です。この信用情報は、カード会社に関係なく、照会されます。クレジットカードの申込履歴も信用情報機関によって保管されており、その期間は6カ月といわれています。
多重申込をする人は貸し倒れなどが疑われ、カード会社にとってクレジットカードを発行するリスクが大きいと判断されてしまう場合があるのです。

家族カードは申し込める?

主婦や主夫がクレジットカードを持つ方法のひとつとして、配偶者が持っているクレジットカードの家族カードを申し込むという選択肢があります。家族カードは、本会員である配偶者の信用情報をもとに発行されるため、専業主婦・主夫でも審査に通らないかもしれないという心配はありません。
また、家族カードの場合、年会費が安くなったり無料になったりすることがほとんどですので、その点もメリットといえるでしょう。

注意点としては、家族カードの利用履歴は本会員のカードの利用明細とあわせて記録されることや、家族カードの利用額は本会員のカードと合算して引き落とされることが挙げられます。利用可能額も本会員のカードに含まれるため、自分名義のクレジットカードよりも利用可能額が小さくなる点にも注意が必要です。

主婦・主夫におすすめのクレジットカードとは?

実際に、主婦や主夫が新たにクレジットカードを作るときには、どんな点に注意して選べばいいでしょうか。続いては、主婦や主夫のクレジットカードの賢い選び方について解説します。

ポイントプログラムが充実しているか

家計を握る主婦や主夫にとって、ポイントプログラムの充実度はクレジットカードを選ぶ上で重視したい点でしょう。「よく行く店舗でポイントの還元率や倍率が高い」「ポイントが倍になるキャンペーン期間がある」といったポイントプログラムだけではなく、たまったポイントをどう使えるかにも注目しましょう。
たまったポイントで、高級食材やキッチン家電などと交換できる、または、たまったポイントを買い物や毎月の支払いに充当できるなど、クレジットカードによって、その特典はさまざまです。
家族のライフスタイルにあわせて、使いやすくお得なポイントプログラムかどうかを検討してください。

年会費は家計の負担にならないか

クレジットカードの年会費を支払うのは年に一度ではありますが、金額によっては家計の負担になりかねません。
最近は、付帯サービスやポイントプログラムが充実していながら、年会費無料や安いクレジットカードも多くありますので、よく調べてみましょう。

毎月の固定費をクレジットカード払いにできるか

家族が使う携帯電話の料金やインターネットの料金はもちろんですが、ガス代や電気代、水道代といった毎月の固定費である公共料金もクレジットカードで支払えば、ポイントを効率良くためることができます。
ただし、クレジットカードによっては、公共料金の支払いに使えない場合もありますので、確認しておきましょう。
また、生命保険料や自動車税などもクレジットカード払いができますし、地方自治体によっては、国民健康保険料や国民年金保険料もクレジットカード払いができますので、問い合わせてみてください。

年会費無料でポイントもためやすい「VIASOカード」は主婦・主夫の味方

主婦や主夫が安心して快適に使える、おすすめのクレジットカードとして、三菱UFJニコスの「VIASOカード」をご紹介します。

年会費が永年無料

VIASOカードの年会費は永年無料です。家計の負担にならず、使いやすいクレジットカードといえます。

充実のポイントプログラム

VIASOカードは、携帯電話やインターネットプロバイダーの支払いに利用すると、ポイントが2倍たまります。また、「POINT名人.com」を経由してネットショッピングすると、店舗ごとに設定されたボーナスポイントが加算され、最大25倍のポイントがたまることもあるのです。
たまったポイントは1ポイント1円換算でオートキャッシュバックされます。日々の忙しさでポイントの有効期限を忘れてしまい、ポイントを無駄にしてしまう心配がありません。

付帯サービスが充実している

VIASOカードには、旅行傷害保険が付帯されています。海外旅行傷害保険は、突然の病気やケガの治療費、携行品の損害なども含め、最高2,000万円まで補償されます。
なお、VIASOカードの旅行傷害保険は利用付帯なので、旅行のツアー料金などをVIASOカードで支払うだけで適用されます。

カードのデザインが豊富

VIASOカードは、ピーコックグリーンをベースにしたシンプルでスタイリッシュなデザインです。ほかにも、人気キャラクターのデザインを選ぶこともできます。毎日使うクレジットカードだからこそ、デザインにこだわりたい人にもおすすめです。

人気キャラクターがいっぱい!VIASOカードの詳細はこちら
選ぼう!VIASOカード|クレジットカードなら三菱UFJニコス

家族にあった一枚を存分に活用しよう!

毎日のように買い物をしている主婦や主夫にとって、クレジットカードを持つことには多くのメリットがあります。
まずは、普段どのようなお店で買い物をすることが多いかなど、ライフスタイルを振り返ってみてください。その上でポイントがたまりやすいなど、自分にとってメリットが大きい一枚を見つけましょう。
用途にあうクレジットカードを賢く利用すれば、毎日の生活がより快適なものになるはずです。

よくある質問
主婦・主夫がクレジットカードを作るメリットは?
毎日の買い物や公共料金などの支払いをクレジットカード払いにすることで、ポイントがたまりやすくなります。また、家計の支払いをクレジットカードに一本化することで、利用明細を家計簿代わりに使えます。利用明細は、WEB登録をすればスマートフォンで見ることもできますので、空いた時間ですぐに確認できることもメリットです。
主婦・主夫でもクレジットカードは持てる?
専業主婦・主夫で収入がなくても、クレジットカードを持つことができます。クレジットカードの審査は収入だけではなく、世帯収入や預貯金も審査項目に含まれるからです。
また、結婚する前に使っていたクレジットカードを引き続き使うこともできます。その場合は、名義や住所、勤め先などの変更手続きを行いましょう。ほかにも、配偶者が持っているクレジットカードの家族カードを作るのも、主婦や主夫がクレジットカードを持つ方法のひとつです。
主婦・主夫はどんなクレジットカードを選ぶべき?
主婦や主夫がクレジットカードを作るときは、年会費の有無やポイントプログラムの充実度に着目するほか、毎月発生する公共料金がカード払いできるかどうかもチェックしましょう。携帯電話やインターネット料金、月々の固定費をカード払いにすることで、ポイントがためやすくなります。
主婦・主夫におすすめな三菱UFJニコスのクレジットカードは?
年会費が永年無料で、ポイントプログラムも充実している「VIASOカード」がおすすめです。たまったポイントは、1ポイント1円換算で、請求金額から自動的に差し引かれます。日々の忙しさでポイントの有効期限を忘れてしまい、ポイントを無駄にしてしまう心配もありません。

おすすめのクレジットカード

カード名 Webで簡単
お申し込み!
初めて持つなら
この1枚
お得な年会費の
ゴールドカード
VIASOカード イニシャル MUFGカード ゴールド
年会費 初年度 無料 無料 無料
次年度以降 無料

1,375円(税込)

学生は在学中無料

2,095円(税込)

特長
  • ポイントはオートキャッシュバック!
  • ポイント還元率は最大10%
  • スタイリッシュなデザイン
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 「MUFGカード ゴールド」へ自動切換え
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す