クレジットカードの基礎知識
2020年8月27日

クレジットカードの審査基準は?重視される情報や無職でも持てる理由

クレジットカードを発行する際、カード会社による入会審査が行われます。審査基準はカード会社によって異なり、具体的な審査内容や審査基準が開示されることはありません。しかし、どのカード会社の審査においても、重視されるであろう情報は、ある程度、予測がついているといえます。
ここでは、一般的に、クレジットカードの審査では、どのような情報が重視されるのか、見ていきましょう。また、審査の流れや、無職でも審査に通ることがある理由についてもご紹介します。

クレジットカードの審査で重視される情報とは?

まずは、クレジットカードの審査で重視が予想される、「属性情報」と「信用情報」について確認していきましょう。

申込者本人の属性情報

クレジットカードの審査の対象となる情報のひとつに、本人の属性情報が挙げられます。
属性情報とは、本人にどれほどの支払能力があるかを推察するための情報です。会社員であれば勤務先の社名や企業規模、勤続年数、役職、年収などが対象になります。また、家族構成や、住まいが賃貸か持ち家かといった情報も属性情報のひとつです。

本人の信用情報

信用情報とは、各種ローンやクレジットカードの利用履歴など、個人のお金の借り入れや、返済に関する情報で、カードの審査においては、過去数年間の履歴が参照されることになります。

審査に通るかどうかはカード会社によって変わる

クレジットカードの審査に通るかどうかは、カード会社によって変わってきます。
理由としては審査において、あるカード会社では過去の借り入れや返済の実績がより重視され、また別の会社では現在の支払い能力に重点が置かれるというような違いがあることが挙げられるでしょう。
なお、クレジットカードの申込者が審査に通らなかった場合、その理由が通知されることは、一般的にありません。

年収は審査に影響する?

クレジットカードの審査において、「年収は目安のひとつではあるが、決定的なものではない」といえます。
例えば、AさんとBさんは年収額が同じであるにもかかわらず、Aさんは審査に通り、Bさんは通らないということもあるからです。

一般的なクレジットカードの審査の流れ

続いては、クレジットカードの審査がどのように進んでいくのか、一般的な流れについて見ていきましょう。細かい手順はカード会社あるいは申し込むクレジットカードによって異なる場合がありますが、おおよその流れは変わりません。

1. 申込内容を審査

まず、本人の申告による申込内容を確認し、勤務状況や家族構成などの属性情報をチェックします。

2. 本人確認

運転免許証など、申込者の本人確認書類をチェックします。

3. 取引履歴の確認

過去に自社と申込者とのあいだでやりとりされた取引履歴をチェックします。

4. 信用情報を照会

信用情報機関に照会して、銀行や消費者金融といった他社からの借り入れや支払遅延など、申込者のこれまでの借り入れ・返済状況をチェックします。

5. クレジットカード発行の可否決定

これまでに集めた情報を勘案して、カード発行の可否を最終的に判断します。OKであればクレジットカードの作成に移り、NGであれば、その旨を申込者に通知します。

クレジットカードが発行されるまでの期間について、詳しくはこちら。
クレジットカードの審査期間はどのくらい?審査の流れを解説

信用情報はカード会社にとって重要な情報

クレジットカードの審査の対象となる信用情報は、カード会社にとって、クレジットカードの申込者が信用できるかどうかを判断するための重要な情報となります。
続いては、信用情報や信用情報機関について詳しくご紹介します。

信用情報機関とは?

信用情報機関とは、各金融会社から送られてくる個人情報・返済状況・残高・事故などの情報を収集し、それを各金融機関へと提供している、クレジット会社等の金融機関が共同出資して設立した機関です。
信用情報機関と契約を結んだ加盟企業は、管理されている個人の信用情報を照会し、融資やクレジットカードの審査において、参考資料とすることができます。

個人の金融履歴は一定期間記録されている

信用情報機関は、個人のクレジットカードやローンの申込履歴とその内容のほか、返済に関する情報を一定期間保存しています。
その保存期間は情報によって異なりますが、多くは5年間とされています。もしも支払いが遅れたり、債務整理を行ったりしていると、その記録が5年間は残ってしまうというわけです。

審査において信用情報で損をしないためには?

クレジットカードの審査において、信用情報で損をしないようにするには、支払遅延を起こさないことが大切です。
計画的にクレジットカードを利用し、毎回の支払日までには銀行口座に必要な額を入金しておくようにすれば、信用情報が審査に悪影響を及ぼすということにはならないでしょう。

クレジットカードのシステムと審査が必要な理由

クレジットカードの「クレジット(credit)」とは、「信用」を意味する言葉です。その名のとおり、個人の信用を担保に後払いを実現するのが、クレジットカードのシステムです。
利用者が店舗でカード払いを選ぶと、その代金はカード会社が肩代わりをする形で店舗に支払います。そして、利用者はあらかじめ決めておいた期日に、カード会社に利用額分を支払います。
つまり、カード会社と店舗、利用者それぞれが、お互いを信用して約束を守ることを前提に、クレジットカードのシステムは成り立っています。そのため、クレジットカードの発行にあたっては、必ず審査が必要になるのです。

年収が低い場合や収入がない場合でも審査に通る理由は?

続いては、年収が低い、または収入がない場合でも、クレジットカードを持てる理由について見ていきましょう。

年収が低い未成年や新入社員の場合

未成年者や社会に出たばかりの新入社員の場合、収入が少ない場合もあるでしょう。
しかし、年収が低くても、勤務先やこれまでの信用情報など、年収以外の基準を満たすことでクレジットカードを持てる場合があります。

無職で収入がない専業主婦の場合

専業主婦で無収入の場合、クレジットカードを持つのは難しいように思えます。
しかし、カード会社によっては、本人ではなく世帯単位の年収を判断基準のひとつとしているため、審査に通る場合があります。

審査に通るかは申し込んでみないとわからない

クレジットカードの審査に通るかどうか。これは多くの人が気にすることではありますが、それを事前に知ることはできません。また、審査は多くの情報をもとに総合的に判断されますので、勤務状況や年収だけで可否が決まるものでもないのです。「審査に通るかどうかわからない…」と考え込むよりも、まず申し込んでみてはいかがでしょうか。
クレジットカードの審査や、申し込みから発行までの手順について、詳しくはこちら。
【専門家が解説】クレジットカードの仕組みとメリット、お得な使い方

おすすめのクレジットカード

カード名 VIASOカード イニシャル MUFGカード ゴールド
Webで簡単お申し込み! 初めて持つならこの1枚 お得な年会費のゴールドカード
年会費 初年度 無料 無料 無料
次年度以降 無料

1,375円(税込)

学生は在学中無料

2,095円(税込)

特長
  • ポイントは自動で現金還元!
  • ポイント還元率は最大10%
  • スタイリッシュなデザイン
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 「MUFGカード ゴールド」へ自動切換え
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す