初めてのクレジットカード
2020年2月21日

海外旅行にクレジットカード!保険、キャッシングと使える場面を確認

海外の多くの国では、日本以上にクレジットカードが普及しています。むしろ、「クレジットカードがないと困る」という場面もありますから、海外旅行でクレジットカードは必需品といえます。
ここでは、海外におけるクレジットカードの利用シーンをご紹介しましょう。

海外でクレジットカードを使うメリットは?

毎日の買い物やネットショッピングなどで便利に使えるクレジットカード。海外に出掛けてみると、その便利さをより強く実感するはずです。
海外では日本以上にクレジットカードが普及しており、ほとんどのお店がカード決済OK。さらに、クレジットカードならではのメリットも多くあります。

多額の現金を持ち歩かずに済む

食事やショッピングを存分に楽しむために、多額の現金を持ち歩く。これは、海外旅行では避けたい行動です。もしも財布をなくしてしまったら全てが水の泡ですし、その街の治安によっては盗難に遭うリスクも高いでしょう。

しかし、クレジットカードなら、そうした心配はありません。万が一、クレジットカードが盗まれた場合でも、暗証番号やサインなど、本人以外は使えない仕組みがありますし、現金のように盗まれたら自由に使われてしまうことはありません。
クレジットカード事情は国によって異なり、都市部か地方かによっても差がありますが、海外で「現金がないと困る」ということはあまりありません。持ち歩く現金は必要最小限にしておき、支払いはクレジットカードで済ませるほうがはるかに便利で安全です。

行く先々で両替する必要がない

海外で現金を使うには、まず日本円を現地通貨に両替しなくてはなりません。大抵は到着後の空港で両替することになりますが、両替は為替の変動があるのに加えて両替手数料がかかるという問題があります。
現地での支払いを全て現金で済ませるとなると、何度も両替を繰り返すことになり、そのたびに手数料を支払うことになります。1回あたりの額はさほどではなくても、回数を重ねれば意外と大きな金額になります。1週間、2週間という長期滞在では、無視できない額になるでしょう。
何より、両替のたびに銀行や両替所に出向くのは手間がかかります。そうした手間を嫌って一度に多額の両替をすると、盗難や紛失が心配です。

しかし、クレジットカードならば、そうしたデメリットがありません。複数の国々を訪れる場合も、国境を越えるたびに両替する必要がないのです。クレジットカードなら、滞在中に使い切れなかった現金が無駄になることもありません。

キャッシングで現地通貨を引き出せる

「支払いはクレジットカードで」とはいうものの、海外で現金が必要になったときのため、やはり最低限の現金は用意しておきたいものです。でも、わざわざ両替所に行くのも面倒だし…というとき、クレジットカードにキャッシング枠が設定されていれば、空港やショッピングモールなどに設置してあるATMから必要なときにキャッシングして、現地通貨を引き出すことができます。

ホテルのデポジットにクレジットカードは必須

海外のホテルでは、チェックイン時にクレジットカードの提示を求められることがあります。これは、「宿泊費の支払い能力があるか」をチェックするためで、もしクレジットカードの提示がないと、宿泊費に相当する現金をまえもって預けるよう求められます。これを、「デポジット(保証金)」といいます。

もちろん、預けたデポジットはチェックアウト時に精算されますが、宿泊費相当の現金を預けるとなると、長期の滞在ではなかなかの負担です。また、デポジットはホテルだけでなく、レンタカーを借りる場合にも要求されることがあります。
成熟したカード社会の国では、クレジットカードは社会人として当然持っている信用の証であり、確かな支払い能力があることの証明でもあります。海外旅行の計画があるなら、まずはクレジットカードを作っておくようにしましょう。

街中の屋台でもクレジットカードが使える

国によって事情は異なりますが、海外に行ってみると日本以上にクレジットカードが普及していることに驚かされます。その中でもトップのカード大国が韓国。財務総合政策研究所が2019年6月に発行した「『デジタル時代のイノベーションに関する研究会』報告書」によると、2017年の時点で国民の消費に対するクレジットカード払いの比率は75.4%という、驚くべき割合を占めています。
韓国でここまでクレジットカード払いが普及している理由はさまざまですが、一定以上の年商を持つ店舗に対して、国がカード決済を義務化したことが大きく作用しています。ですから、スーパーやコンビニはもちろんのこと、小さな個人商店であってもクレジットカードが使えるのです。
また、クレジットカードの中には、世界各国のホテルやレストランなどと提携し、カード会員限定の優待特典を用意しているものもあります。旅の楽しみをいっそう盛り上げてくれるものですから、ぜひ利用したいものです。

レストランのチップもクレジットカードでOK

レストランの食事代をクレジットカードで支払うのはいいけど、チップはどうするの?初めての海外旅行を前にして、そんな疑問を感じる人もいるかもしれません。結論からいえば、カード払いでもチップの支払いは可能です。

チップを飲食代に含めるかどうかは、国や地域によって違います。例えば、ハワイでは日本人観光客が多いこともあって、精算用の伝票にはあらかじめチップを含めた金額が記載されています。このような場合、もちろん追加でチップを支払う必要はありません。
もし伝票を見てチップが含まれていなかったら、伝票の「Tips」あるいは「Gratuity」と書かれた欄に払いたいチップの額を書き加え、クレジットカードとともにスタッフに渡せばOKです。

ステータスカードなら空港ラウンジが使える

ゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードなら、日本国内の主要空港ラウンジ、さらには対応している海外各地の空港ラウンジを無料で利用できます(利用できる空港は、カード会社やカードの種類によって異なります)。
これらの空港では、ソフトドリンクや新聞・雑誌の無料サービスがあり、フライト前の慌ただしい時間をゆったり過ごすにはぴったりの場所。これから始まる旅に思いを馳せつつツアープランを確認してみたり、あるいは旅の思い出を振り返りながら帰国のフライトを待ったりと、落ち着いたひとときを過ごすことができます。

★あわせて読みたい
ゴールドカードで空港ラウンジ利用!無料サービス&国際線ラウンジ情報

いざというときもクレジットカードなら安心!

さまざまな便利な機能や付帯サービスに加えて、クレジットカードには「安心」というサービスもセットになってついています。これもまた、クレジットカードのメリットのひとつといえます。慣れない海外では、特に心強い存在です。

ケガや病気に対応する海外旅行傷害保険

海外旅行を安心して楽しむために、旅行保険に加入する人も多いでしょう。しかし、ほとんどのクレジットカードには、海外旅行傷害保険が付帯されています。
補償内容はクレジットカードによって異なりますが、基本は旅行中のケガや病気の治療費の補償となります。また、携行品の盗難や紛失、クレジットカードで購入したアイテムの破損なども補償対象となります。
注意点は、これらの保険が「自動付帯」か「利用付帯」かという点。自動付帯ならクレジットカードを持っているだけで補償対象となりますが、利用付帯の場合は、航空券やツアー料金などをカード払いした場合のみ海外旅行傷害保険が有効になります。見逃しやすいところですので、注意が必要です。

★あわせて読みたい
クレジットカードに付帯する海外旅行保険とは?仕組みや詳細について

海外での貴重な情報源となるサポートサービス

大手カード会社では、各国の主要都市に会員向けのサポートデスクを設けています。そこでは、海外旅行に関する知識やその国の最新情報、観光案内などのサービスを提供しています。
リザベーションサービスを行っているところなら、ホテルやレストラン、レンタカーの予約、航空券や各種イベントのチケット手配など、観光客の便宜を図るさまざまな代行サービスを実施しています。事故や病気の場合に日本語が通じる医師や病院を紹介してくれたり、地元警察や医療機関、保険会社などへの橋渡しなどを代行してくれたりと、万が一のときに心強い存在です。
さらに、クレジットカードの紛失や盗難に遭った場合は、電話一本で一時的に利用停止にすることができ、被害を最小限に抑えてくれます。
こうした「いざというときの安心感」は、クレジットカードならではの魅力です。

海外旅行保険が自動付帯の「イニシャルカード」は学生の旅行に最適

イニシャルカード」は、申込初年度の年会費が無料です。また、2年目以降は1,375円(税込)ですが、条件を満たせば無料になるので、低コストで持つことができます。また、在学中であれば年会費は無料ですので、学生が初めて持つ一枚にもぴったりです。

入会後3カ月間はポイント3倍

イニシャルカードは、入会後3カ月間(ご入会日から3カ月後の月の末日までのショッピングご利用分を対象)の獲得ポイントが通常の3倍になります。旅行に行く前や、大きな買い物をする前にイニシャルカードを作っておけば、より多くのポイントをためられます。

「MUFGカード ゴールド」へ自動切替え

クレジットカードは、通常5年程度で新しいカードに更新します。イニシャルカードは、初回の更新時に「MUFGカード ゴールド」へ自動的に切り替わるのが特徴です。
ゴールドカードはステータスの証。学生のときからイニシャルカードを使い始めれば、20代前半でゴールドカードを持つことも可能なのです。

最短翌営業日発行

イニシャルカードは、発行までのスピードも魅力のひとつ。「欲しい」と思ったら、最短で申し込みの翌営業日に発行可能です。少しでも早く発行したければ、必要事項の記載に漏れやミスがないかよく確認しましょう。

さらに、イニシャルカードは海外旅行中の事故、病気やケガの治療費、携行品の破損・盗難などが最大2,000万円まで補償される海外旅行傷害保険を付帯。初年度と在学中は年会費無料であるにもかかわらず、充実したサービスをご用意しています。
海外旅行保険に加入することを検討しているなら、無料で入会できるイニシャルカードを検討してみてはいかがでしょうか?

イニシャルカード(入会申し込み詳細)

海外旅行で実感できるクレジットカードの実力

クレジットカードには、現金にはない多くの特徴とメリットがあります。海外に出掛けてみると、そのメリットをよりいっそう実感することができるでしょう。
存分にクレジットカードを使いこなし、クレジットカードの達人を目指してください。

★あわせて読みたい
【専門家が解説】クレジットカードの仕組みとメリット、お得な使い方

まとめ
  • 海外でクレジットカードを使うメリットは?

    海外では日本以上にクレジットカードが普及しており、ほとんどのお店がカード決済OK。多額の現金を持ち歩かなくてもいいので、安全にもつながります。また、複数の国々を訪れる場合も、国境を越えるたびに両替する必要がありません。ホテルのチェックイン時に求められるデポジット(保証金)も、クレジットカードなら手間がかからず便利に使えます。

  • いざというときもクレジットカードなら安心!

    多くのクレジットカードには海外の旅行保険が付帯しています。万が一旅行中にケガや病気をしたり、携行品を盗難されたり紛失したりしたときも補償の対象です。見落としがちな「自動付帯」か「利用付帯」かもしっかりチェックしておきましょう。

おすすめのクレジットカード

カード名 VIASOカード イニシャル MUFGカード ゴールド
Webで簡単お申し込み! 初めて持つならこの1枚 お得な年会費のゴールドカード
年会費 初年度 無料 無料 無料
次年度以降 無料

1,375円(税込)

学生は在学中無料

2,095円(税込)

特長
  • ポイントは自動で現金還元!
  • ポイント還元率は最大10%
  • スタイリッシュなデザイン
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 「MUFGカード ゴールド」へ自動切換え
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す