ステータスカードの活用術
2020年5月25日 
(更新:2021年7月1日)

ゴールドカードのメリットとは?賢い選び方や審査基準を解説

一般カードよりステータスが高いゴールドカードには、どのような特徴があるのでしょうか。
ここでは、ゴールドカードに付帯しているサービス内容や、ゴールドカードを所有する具体的なメリットのほか、注意点について解説します。また、ゴールドカードを手に入れるための条件や選び方のポイントについてもご紹介します。
三菱UFJニコスが発行する2種類のゴールドカードについてもご紹介しますので、これからゴールドカードを作る人はぜひチェックしてください。

ゴールドカードのサービス内容や所有するメリット

ゴールドカードを所有することで、さまざまなメリットがあります。まずは、ゴールドカードの具体的なメリットをご紹介しましょう。

一般カードよりポイントプログラムが充実している

ゴールドカードのメリットとして、一般カードより充実したポイントプログラムが用意されているという点が挙げられます。新規でゴールドカードを発行するときに、入会特典として数千円分のポイントを獲得できるキャンペーンなど、会員限定のポイント優遇サービスが用意されています。

ステータスの高さを示すことができる

ゴールドカードは、所有しているだけでステータスの高さを示すことができます。ゴールドカードは高級感のある券面デザインであるものが多く、食事の会計時など、人前で出したときに恥ずかしくないという点もメリットといえるのではないでしょうか。

一般カードより利用限度額が高い

通常、ゴールドカードの利用限度額は、一般カードより高く設定されているため、余裕を持って使うことができます。
引越しや海外旅行の際など、高額な出費が発生するケースにおいて、利用限度額に達してカードが使えなくなるということも、一般カードと比べて少ないでしょう。

クレジットカード会社独自の特典がある

ゴールドカードにはそれぞれ、クレジットカード会社独自の特典が用意されています。レストランやホテル、特定の店舗での割引サービスなど、一般カードでは受けられない特典が多くあります。

手厚い保険・補償サービスが用意されている

ゴールドカードは、付帯している保険や補償サービスの内容が、一般カードより充実しているという点もメリットといえるでしょう。
また、海外旅行傷害保険に関しては、一般カードの場合、旅費やホテルの支払いを、そのクレジットカードで支払った場合のみ適用される「利用付帯保険」であるのに対し、ゴールドカードは、カードを所有しているだけで保険が適用される「自動付帯保険」であるのが一般的です。

例えば、三菱UFJニコスの「三菱UFJカード ゴールドプレステージ」の場合、海外旅行傷害保険は自動付帯となっており、補償金額も最高5,000万円と高く設定されています。

空港ラウンジサービスが用意されている

空港ラウンジサービスが用意されたゴールドカードであれば、無料で空港ラウンジを利用することが可能です。空港ラウンジは飛行機の出発までの時間に利用できる待合室のことで、ソフトドリンクの提供や新聞・雑誌の閲覧といったサービスを受けることができます。

ゴールドカードを所有するにあたっての注意点

ゴールドカードには魅力的なメリットが数多くありますが、所有する上で注意すべき点もいくつかあります。
続いては、ゴールドカードを所有するにあたっての注意点をご紹介しましょう。

所有する価値が年会費に見合わない場合がある

ゴールドカードの年会費は一般カードより高く設定されているため、所有する価値が年会費に見合うかどうか、注意が必要です。特に、旅行や外食の機会がほとんどないという人は、ゴールドカードのサービスを活用することが少なくなるため、所有する価値が年会費に見合わない場合があります。

使いすぎてしまうおそれがある

ゴールドカードの利用限度額は、一般カードより高く設定されているため、使いすぎてしまうおそれがあります。ゴールドカードの利用限度額が自分の経済状況に見合わない金額である場合、支払日に引落口座の残高が足りなくなってしまう可能性がありますので、計画的に利用することが大切です。

ゴールドカードが不要だと感じる理由

クレジットカードの利用者の中には、ゴールドカードを作る必要がないと感じる人もいるのではないでしょうか。
一部の人がゴールカードを不要だと感じる、主な理由をご紹介します。

一般カードのサービスで十分だと思っている

そもそも、一般カードのサービスで十分だと思っている人は、高い年会費を支払ってまでゴールドカードを作りたいと思わないかもしれません。
しかし、クレジットカードを作るときにサービスのクオリティを重視するのであれば、一般カードだけでなく、ゴールドカードのサービス内容も確認し、比較した上でカードを選ぶことをおすすめします。

ゴールドカードのメリットは知っているけれど自分には不要だと考えている

ゴールドカードに用意されたサービスの内容は知っていても、そのサービスを利用する機会がなければゴールドカードを作る必要がないと考える人もいます。
特に、旅行に行く機会が少ない人にとっては、ゴールドカードの空港ラウンジサービスは魅力的に感じられないかもしれません。
しかし、ゴールドカードには、一般カードより充実したポイントプログラムが用意されています。クレジットカードの利用金額によっては一般カードよりお得な場合があるため、ポイントを効率的にためたい人におすすめです。

ゴールドカードを選ぶときのポイント

ゴールドカードを選ぶにあたっては、自分のライフスタイルに合ったカードかどうかを検討する必要があります。続いては、ゴールドカードを選ぶときのポイントをご紹介します。

自分にとってメリットが大きいサービスが用意されているか

ゴールドカードを選ぶときは、自分にとってメリットが大きいサービスが用意されているかという点にも着目しましょう。
例えば、ポイントをお得にためることができるサービスや、レストラン・宿泊施設をお得に利用できるサービスなど、自分が何を重視するのかあらためて確認して選んでください。

年会費がいくらかかるか

ゴールドカードを選ぶ際のポイントとして、年会費がいくらかかるかをチェックしてください。保有する上で、年会費が負担とならないゴールドカードを選ぶことが大切です。

券面のデザインが好みに合うか

券面デザインは、ゴールドカードのサービスとは直接関係がありません。しかし、自分の好みのデザインであれば、気分良く使えるものです。サービス内容を比較して候補を絞り込んだ末に「どちらにしようか迷っている」という場合には、デザインの好みで決めるのも良いのではないでしょうか。

ゴールドカードの申込条件や審査基準

ゴールドカードに申し込むには、どのような条件を満たす必要があるのでしょうか。また、審査でどのようなことが重視されるのか気になる人もいるでしょう。
ゴールドカードの申込条件や審査基準は、クレジットカード会社によって異なりますが、最低限満たすべき条件や、審査で必ず参照される情報は共通しているといえます。一般的なゴールドカードの申込条件や審査基準は下記のとおりです。

年齢が20歳以上であること

一般的に、ゴールドカードは20歳以上であれば申し込むことが可能です。しかし、三菱UFJニコスが発行する「三菱UFJカード ゴールド」のように、中には18歳から申し込めるゴールドカードもあります。

継続的な収入があること

継続的な収入があることも、ゴールドカードを申し込むための条件となります。
ただし、勤続年数が少ないと申し込めないということはなく、勤続1年未満の新入社員であっても、継続的な収入が見込めるのであればゴールドカードに申し込めます。

クレジットカードの利用で支払遅延などを起こしていないこと

一般的にゴールドカードの審査では、過去にクレジットカードの利用で支払遅延などを起こしていないことが重視されます。また、ゴールドカードの審査では、クレジットカードの利用履歴だけでなく、ローンの返済状況などに関する「信用情報」も参照されます。

ゴールドカードの王道、三菱UFJカード ゴールドプレステージを紹介

前述のとおり、ゴールドカードは、自分のライフスタイルに合うサービスが用意されたカードを選ぶことが大切です。三菱UFJニコスが2021年に発行した最新のゴールドカード、三菱UFJカード ゴールドプレステージは、シックな中にもゴールドのカラーが引き立つ、気品あふれる券面デザインが特長です。タッチ決済(VisaまたはMastercard®)対応で、ポイントプログラムや旅行傷害保険などのサービスが充実しています。また、カード情報を裏面に記載したことにより、情報漏洩のリスク低減につながりますので安心です。
三菱UFJカード ゴールドプレステージは、学生を除く20歳以上の人がお申し込みいただけます。

続いては、三菱UFJニコスが発行する三菱UFJカード ゴールドプレステージに付帯しているサービス内容を詳しくご紹介します。

WEBサイトからの入会で初年度の年会費が無料

三菱UFJカード ゴールドプレステージの年会費は11,000円(税込)ですが、WEBサイトからお申し込みいただくと、初年度の年会費が無料になります。無理のない金額からスタートできるため、初めてゴールドカードを持つ人にもおすすめです。また、家族会員の場合、年会費はかかりません。

主に国内の空港ラウンジが無料で利用できる

三菱UFJカード ゴールドプレステージには、空港ラウンジサービスが付帯しています。成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港 セントレア、新千歳空港、福岡空港などの国内空港のほか、海外ではホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジが無料で利用可能です。
ステータスの高いゴールドカードを持っていれば、旅行中の待ち時間も快適に過ごすことができます。

厳選されたレストランで1名分の料金が無料になるグルメセレクション付き

ゴールドカードよりもランクの高いプラチナカードに付帯しているグルメセレクションが、三菱UFJカード ゴールドプレステージではご利用いただけます。
グルメセレクションは、厳選された国内のレストランでコースメニューを2名以上で利用する際に、1名分の料金が無料になるサービスです。クレジットカードで支払うとお得になるというのは、うれしい特典といえるでしょう。

旅行もショッピングも充実の補償がある

三菱UFJカード ゴールドプレステージに付帯している旅行傷害保険は、国内・海外ともに最高5,000万円まで補償されます。国内旅行傷害保険は、交通費やホテル代といった費用をクレジットカードで支払ったときに適用される利用付帯保険、海外旅行傷害保険はクレジットカードを持っているだけで自動的に適用される自動付帯保険です。
また、クレジットカード決済した商品が破損や盗難などの被害に遭った際に一定額を補償してくれる、ショッピング保険も付帯しています。ショッピング保険の年間補償限度額は、最高300万円まで。三菱UFJカード ゴールドプレステージは補償が充実していますので、もしものときにも備えられるでしょう。

年会費がお手頃なゴールドカード、三菱UFJカード ゴールドを紹介

一般的にゴールドカードの年会費は1万円以上となるため、「ゴールドカードは欲しいけれど、なかなか手が出ない」という人もいるでしょう。
続いては、そんなニーズを満たすことができる、三菱UFJニコスの三菱UFJカード ゴールドをご紹介します。

無理のない年会費設定で気軽に持てる

三菱UFJカード ゴールドの年会費は2,095円(税込)と、ほかのゴールドカードと比べて無理のない金額に設定されているのが特徴です。しかも、初年度は年会費無料で、安定収入のある人なら18歳からお申し込みが可能です。
三菱UFJカード ゴールドには、ネットショッピングのポータルサイト、POINT名人.comを経由して、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのネットショップで買い物をすると、最大25倍のポイントが加算されるというサービスが用意されています。ネットショッピングを利用する機会が多い人には、おすすめのゴールドカードです。

旅行傷害保険は最大2,000万円を補償

三菱UFJカード ゴールドに付帯している旅行傷害保険は、国内外ともに最高2,000万円まで補償します。三菱UFJカード ゴールドプレステージと同様、国内旅行傷害保険は利用付帯保険、海外旅行傷害保険は自動付帯保険です。ほかにも、三菱UFJカード ゴールドには、三菱UFJカード ゴールドプレステージと同様、ショッピング保険が付帯しています。なお、三菱UFJカード ゴールドに付帯しているショッピング保険の年間限度額は100万円です。

国内6空港とホノルルの空港ラウンジを利用できる

三菱UFJカード ゴールドにも、空港ラウンジサービスが用意されています。
国際線利用を条件に、海外ではホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港、国内では成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港 セントレア、新千歳空港、福岡空港の無料利用が可能です。

ゴールドカードはクオリティの高いサービスが豊富

ゴールドカードには、旅行傷害保険やポイントプログラムが充実していて、クオリティの高いサービスが豊富に用意されています。
一般カードからのステップアップとして、ゴールドカードを検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのクレジットカード

カード名 将来まで変わらない
安心と便利を。
オンも、オフも、
いつまでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
年会費 初年度 無料 無料 22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • 使うほどにポイント還元率アップ
  • 不正被害を全額補償
  • タッチ決済対応
    ※Visa/Mastercard®のみ
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 厳選されたレストランで1名様分無料
  • 旅行もショッピングも充実の付帯保険
  • プラチナ・コンシェルジュ
  • 厳選ホテルのご優待
  • 世界最大の空港ラウンジプログラム「プライオリティ・パス」
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

そのほかのクレジットカードを探す