クレジットカードのお得な話
2020年5月25日

Apple Payとは?クレジットカードの設定方法と利用メリット、使い方を解説

iPhoneを端末に軽くかざすだけで支払いができるApple Pay(アップルペイ)は、スマートフォンをお財布代わりに使える便利なサービスです。
ここでは、Apple Payのメリットと使い方のほか、クレジットカードやSuicaと連携する方法をご紹介します。

Apple Payのメリットとは?

Apple Payは、クレジットカードや電子マネーを登録したiPhoneで支払いができるサービスです。コンビニやスーパーなどのレジにiPhoneをかざすだけで支払いに使えますし、交通系電子マネーを登録しておけば、iPhoneを自動改札機にタッチするだけで駅の改札を通過することもできます。
まずは、Apple Payのさまざまなメリットをご紹介しましょう。

店舗でも改札でも、かざすだけでスピーディー

店舗の決済端末や駅の自動改札機にiPhoneをサッとかざすだけで、スピーディーに支払いができます。
Apple Payには「NFC」という技術規格が使われています。これは、数センチという近距離間で瞬時に無線通信を行う技術で、電子マネーにも使われています。
朝夕のラッシュ時、鉄道のターミナル駅には膨大な数の人々が押し寄せ、次々と改札を通過していきます。このとき、自動改札機がSuicaやPASMOなどのICカードに納められた情報を瞬時に読み取り、コンマ数秒のうちに処理することができるのは、この無線通信技術のおかげです。
この技術を、セキュリティにも配慮した上でiPhoneに取り入れたサービスがApple Payです。

プラスチックカードを持たなくていい

よく行くショップがApple Payに対応しているなら、iPhoneさえあればクレジットカードの入った財布を持っていなくても買い物ができます。
通常、カード払いのときは、財布やカードケースにしまってあるクレジットカードを取り出してカードリーダーに通す必要があります。しかし、クレジットカードをApple Payに登録しておけば、クレジットカードを取り出す手間もいりません。
iPhoneのロックを解除して、iPhone本体を決済端末にかざす。これで支払いが済んでしまいます。なお、Apple Payで支払っても、クレジットカードのポイントは通常どおりたまるので心配は無用です。

アプリやネットショップでも使える

Apple Payが使えるのは、店頭だけではありません。アプリ内での課金や、ネットショッピングの支払いにも使うことができます。
手軽に買い物を楽しめるのがネットショッピングの魅力ですが、購入画面でカード番号やセキュリティコードなどを毎回フォームに入力するのはわずらわしいもの。Apple Pay対応のネットショップなら、支払方法にApple Payを選択すれば、店舗と同様、簡単に支払いを完了できます。
便利なネットショッピングをますます便利にしてくれる。Apple Payは、そんな存在なのです。

強力で使いやすいセキュリティ対策

手軽に使えるApple Payですが、セキュリティとプライバシー保護も万全です。
Apple Payではショッピングの際、デバイス固有の番号と独自のコードで取引を進めます。そのため、重要な情報であるカード番号は、サーバーにもiPhone内にも一切残りません。店舗側でも同様に、利用者のカード番号を保存することなく取引が成立しますから、大事な情報が漏れる心配はありません。

また、iPhoneを紛失したり盗難に遭ったりした場合は、遠隔操作でiPhoneの機能を一時停止することができます。登録したクレジットカードの情報をリモートで削除することもできますので、第三者が不正に買い物をすることもできません。
紛失や盗難に対しては、カード会社も利用停止などの安全策を講じていますが、Apple Payはそれとは別にセーフティーネットを用意しているのです。

クレジットカードを登録すれば、Apple Payをすぐ使える

Apple Payの使い方は驚くほど簡単です。iPhoneにApple IDを登録していれば、「Wallet(ウォレット)」アプリに手持ちのクレジットカードやSuicaを登録するだけ。
普段使っている財布にクレジットカードを納めるのと同じくらい簡単に登録でき、すぐに使うことができます。

Apple Payにクレジットカードを登録する方法

まずは「Wallet」アプリを開き、新たにクレジットカードを追加するために右上の「+」ボタンをタップします。次に、iPhoneのカメラでクレジットカードの表面をスキャンします。追加で確認が必要な場合はメッセージが表示されますから、画面の案内に従いましょう。クレジットカード発行元によるクレジットカードの確認が完了すれば、Apple Payで使うことができるようになります。
iPhoneのカメラでクレジットカードを写すだけですので、1~2分もあれば登録は完了します。
なお、クレジットカードの種類によってはApple Pay非対応の場合もあるので、カード会社のWEBサイトで確認しておくと良いでしょう。

Apple Pay対応のおすすめクレジットカードはこちら

Apple PayにSuicaを登録する方法

自動改札を通れる交通系電子マネーのうち、Apple Payに登録できるのは2020年4月時点ではSuicaのみです。Suicaを登録する手順もクレジットカードとほぼ同じですが、Suicaに記載された番号や生年月日を入力した後、カメラでクレジットカードをスキャンするのではなく、Suicaの上にiPhoneを置きます。こうすると、SuicaのICに記録されている定期券情報や残額がiPhoneに転送され、iPhoneをSuicaとして使うことができるようになります。転送が完了したら、プラスチックカードのSuicaは利用できなくなります。

Apple PayでSuicaにチャージできる

Apple PayにクレジットカードとSuicaを登録していれば、Apple Payを使ってSuicaに残高をチャージできます。
まずは「Wallet」アプリを立ち上げてSuicaを選択し、「…」マークをタップして「チャージ」を選ぶと、チャージ金額を入力する画面に移動します。チャージしたい金額を入力し、Face ID(顔認証)かTouch ID(指紋認証)で支払いを承認すれば、クレジットカードからSuicaへのチャージが完了します。
駅の券売機を使うこともなく、いつでもどこでも、電車に乗っている最中でもチャージできますから、残高不足で改札で立ち往生することもなくなるでしょう。

Apple Payはどこで使える?

手軽で便利なApple Payですが、せっかくクレジットカードをApple Payに登録しても、店舗が対応していなければApple Payを使うことはできません。どこで使えるのでしょうか?

実際の店舗

店頭の場合、「QUICPay」「iD」「Suica」のロゴマークがレジ脇などにあれば利用できます。すでに大手スーパーやコンビニ、量販店、外食チェーンなど、多くの店舗がApple Payに対応していますので、ロゴマークがあるかを確認しましょう。
三菱UFJニコスのクレジットカードを登録している場合、「QUICPay」のマークがあればApple Payで支払うことができます。この場合は精算する際、レジで「QUICPayで」と申し出て、iPhoneを端末にかざし、Face IDかTouch IDで認証すればOKです。

アプリやネットショップ

アプリやネットショップでも、画面上にApple Payのマークがあれば利用できます。すでに映画館や旅行予約、フードデリバリーなどのアプリやWEBサイトがApple Payに対応しています。
支払方法も簡単でApple Payを選択し、Face IDかTouch IDで認証すればOKです。

ポイント還元を重視するなら「VIASOカード」がおすすめ

Apple Payを使うなら、ポイントがお得なクレジットカードを選びましょう。「VIASO(ビアソ)カード」は、年会費無料でポイント還元率もお得なクレジットカードです。VIASOカードの特徴は「オートキャッシュバック」機能。1ポイント1円で銀行口座に直接キャッシュバックされますので、たまったポイントを使い損ねる心配もありません。

ポイント還元率最大10%

VIASOカードは、充実したポイントプログラムが魅力です。月々支払う携帯電話料金やインターネット料金、またETCカードの利用料金をVIASOカードで支払うと、たまるポイントは通常の2倍。
さらに、Amazon.co.jpや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでネットショッピングをする際に、専用の「VIASO eショップ」を経由して買い物をすると、通常のポイントに加えて最大10%のボーナスポイントを加算します。
ネットショッピングを普段よく利用しており、効率良くポイントをためたい人におすすめです。

スタイリッシュなデザイン

VIASOカードは、2020年4月に券面デザインをリニューアルしました。ピーコックグリーンをベースにしたスタイリッシュなデザインで、どんなシーンにもぴったり合います。また、スヌーピーやマイメロディ、ぐでたまなど、人気のキャラクターのデザインを選ぶことも可能です。

かわいいクレジットカードが欲しい!人気のキャラクターカードを紹介

最短翌営業日発行

VIASOカードの申し込みは、オンラインから約10分で完了します。申込内容に問題がなければ、最短翌営業日に発行できるスピードもうれしいポイント。少しでも早くVIASOカードを手に入れたい場合は、申込内容に漏れやミスがないか、よく確認しましょう。

ほかにも、VIASOカードは、ずっと年会費無料で使えてお得なポイントプログラムを用意しています。Apple Payだけでなく、ネットショッピングをよく利用する人にもおすすめです。

これまで以上に身軽になれるApple Pay

クレジットカードや電子マネーは、現金のやりとりのわずらわしさがなく、とても便利なもの。Apple Payを使うと、支払いがより身軽でスピーディーになります。この便利さを一度体験してしまうと、おそらく手放せなくなるはず。
iPhoneやApple Watchをお使いの人は、ぜひ利用してみましょう。

おすすめのクレジットカード

カード名 VIASOカード イニシャル MUFGカード ゴールド
Webで簡単お申し込み! 初めて持つならこの1枚 お得な年会費のゴールドカード
年会費 初年度 無料 無料 無料
次年度以降 無料

1,375円(税込)

学生は在学中無料

2,095円(税込)

特長
  • ポイントは自動で現金還元!
  • ポイント還元率は最大10%
  • スタイリッシュなデザイン
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 「MUFGカード ゴールド」へ自動切換え
  • 充実のポイントプログラム
  • 海外旅行で7の空港ラウンジ利用可
  • 海外旅行保険(最大2,000万円)
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す