初めてのクレジットカード
2020年3月11日

【クレジットカードの選び方】1枚目2枚目で違う比較ポイントを解説

多種多様なクレジットカードは、それぞれに特徴を持っています。初めての一枚を選ぶときにも、2枚目、3枚目のクレジットカードをチョイスするときにも、クレジットカードの特徴を見極めることが大切。
自分に必要なクレジットカードを選ぶポイントについて、考えてみましょう。

クレジットカードはどうやって選ぶ?

日本国内発行のものだけで1,000種類以上あるといわれるクレジットカード。その中から、自分にフィットした一枚を選ぶのは、なかなか大変です。しかも、クレジットカードにはそれぞれ特徴があり、機能もさまざま。初めてクレジットカードを選ぶときには、迷ってしまうこともあるでしょう。
ポイントを効率良くためられるもの、旅行保険やサポートデスクサービスが充実したもののほか、特定の店舗でサービスを受けられるものや、電子マネーと共用できるもの、さらにはステータスのあるクレジットカードや券面のデザインが凝ったものなど、実にバラエティ豊かです。
多種多様なクレジットカードの中から、自分に合った一枚をどのように選べば良いのでしょうか?

1枚目と2枚目以降で選ぶ基準が違う

日本クレジット協会の2019年の調査によると、日本では成人1人あたり2.7枚のクレジットカードを持っている計算になるそうです。この数字を見ると、今やクレジットカードの2枚持ちは常識といえそうです。
当然ながら、1枚目と2枚目のクレジットカードは選び方も違ってきます。まず、1枚目は国内外のどこでも使える、スタンダードなクレジットカードを。2枚目以降は特定のサービスや機能を強化した、特徴の強いクレジットカードを選ぶのです。こうしておくと、1枚目はメインカードとして日常的に使い、特定のシーンでよりお得な2枚目を使う、という使い分けができます。

クレジットカードに何を求めるかを明確にすれば選ぶ基準も見えてくる

クレジットカードをどのように使いたいのかも、クレジットカード選びの際に押さえておきたいポイント。ここがぶれてしまうと目移りするばかりで、いつまで経っても決めることができません。

1枚目のクレジットカードならば、幅広く使えるバランスのとれたタイプが良いでしょう。「どこでも使える」「長く使える」という安定感を優先して、大手のカード会社が発行するスタンダードなタイプを選ぶのがおすすめです。
そして、2枚目以降は目的を絞り込み、例えばよく使うショッピングサイトでお得になるクレジットカードや、海外旅行保険が特に強いクレジットカードなど、特定分野のサービスや機能に特化したカードを選びましょう。こうして、クレジットカードの役割を分ければ、自分の目的にぴったり合ったカードを選ぶことができるはずです。

目的別・クレジットカードの選び方

クレジットカードをどのように使いたいのか。その目的が明確にできたら、いよいよクレジットカード選びです。まず、各カード会社のオフィシャルサイトを見て、候補になりそうなクレジットカードの情報を集めましょう。その中から、さらに比較・検討していきますが、目的に応じたチェックポイントがありますので、そこに注意しながら絞り込んでいきましょう。
ここからは、目的別のクレジットカードの選び方について、具体的にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

ポイントをお得にためたい

利用金額で還元されるポイントは、クレジットカードの大きな魅力のひとつ。お得にポイントをためたいなら、ポイントプログラムをチェックしましょう。ポイントというと還元率ばかりに目がいきがちですが、クレジットカードによっては一定期間に加算ポイントが数倍になったり、月間利用額によって翌月のポイントが上乗せされたりといったサービスが用意されています。
また、専用のポータルサイトを経由するだけでポイントが数倍以上加算される、ネットショッピングに強いクレジットカードもあります。

特定店舗での買い物が多い

カード会社が量販店やショッピングモールなどと提携したクレジットカードは、そのお店での利用ポイントが大幅に加算されたり、特別割引などの優待を受けられたりと、一般のクレジットカードにはないようなサービスがついています。そのお店をよく利用する人ならば、ぜひ持っておきたい一枚です。
もちろん、クレジットカードとしての基本機能はしっかり備えていますから、ほかのお店でも問題なく使うことができます。

マイルを賢くためていきたい

空の旅を楽しみたい人には必須のマイレージ。航空会社と提携したマイレージカードなら、航空便の利用はもちろん、クレジットカード利用でマイルがたまります。日々の買い物でもカード払いを習慣にしておけば、知らないうちにマイルがたまり、特典航空券に交換することができます。旅行好きな人は要チェックです。

電子マネーと共用したい

タッチするだけで決済できる電子マネー。決済スピードの速さと利便性から、コンビニエンスストアなどで利用する人も多いのではないでしょうか。そのような人におすすめなのが、電子マネーと一体化したクレジットカードです。
駅の売店やコンビニでは電子マネーとしてスピーディーに、それ以外の場面ではクレジットカードとして。オートチャージの設定もでき、シーンに応じた使い分けができます。
交通系の電子マネーなら、クレジットカードに定期券の機能もつけられる、一枚で何役もこなせるクレジットカードです。

クレジットカードのデザインにもこだわりたい

クレジットカードは、おとなしく落ち着いたデザインが多いもの。誰にでも使いやすいというメリットはあるのですが、「地味でおもしろみがない」と感じる人もいるのではないでしょうか。クレジットカードは人前で使うことも多いものですから、デザインにもこだわりたいところでしょう。
そんな声に応えて、各種のキャラクターやアーティスティックなデザインを施したクレジットカードが、各社から発行されています。お気に入りのキャラクターをあしらったクレジットカードやシャープで格好良いデザインのクレジットカードなら、使うたびに楽しくなるのではないでしょうか。

VIASOカード(ぐでたま デザイン)

 © 2013, 2020 SANRIO CO., LTD.  
APPROVAL No.G604377  S/D・G  

海外でも使いこなしたい

ビジネスや旅行で海外をよく訪れる人なら、移動時や海外での使い勝手に優れたクレジットカードが欲しいところ。そのような場合には、各社が発行しているゴールドカードがマッチします。
ゴールドカードは空港ラウンジの無料利用や充実した旅行保険など、トラベルサービスが充実しているのが特徴。旅行中のケガや病気はもちろん、携行品の破損や盗難、賠償責任保険など、幅広い補償も用意されています。ただし、細かな内容はクレジットカードごとに違いますから、じっくり比較し、どれが自分に合っているかをよく検討して選ぶようにしましょう。

ステータスのあるクレジットカードが欲しい

クレジットカードは、その人自身の支払い能力や信用度を表します。ですから、ある程度の年齢や社会的地位にある人にとっては、ステータスの高さもクレジットカード選びの重要なポイントです。
一般カードよりもステータスの高いゴールドカード、さらに上位ランクのプラチナカード。これらのステータスカードは、年会費が1万円や2万円以上など、一般カードと比べると高額ですが、その価格にふさわしい充実したサービスが魅力です。特筆すべきは、コンシェルジュサービスでしょう。これは、カード会員本人に代わってイベントチケットやホテル・ゴルフ場の予約などを手配してくれるサービスで、余計な手間や時間をかけたくないエグゼクティブにはぴったりのサービスとなっています。
もちろん、国内外での旅行傷害保険やショッピング保険も、一般カードより充実した補償内容で、年会費に見合う価値あるクレジットカードです。

目的に合ったクレジットカードで使い勝手を広げよう

クレジットカードは、自分のライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。「あれもこれも」と1枚で欲張るよりも、1枚目に幅広く使えるスタンダードなクレジットカードを持ち、とがった特徴を持つクレジットカードを2枚目、3枚目として持つほうが、使い勝手の幅が広がります。
あなた自身にフィットしたクレジットカードを見つけて、クレジットカードライフを存分に楽しんでください。

おすすめのクレジットカード