初めてのクレジットカード
2020年3月11日 
(更新:2020年12月1日)

クレジットカードの選び方のポイントは?自分に合う一枚を選ぶ基準

多種多様なクレジットカードには、それぞれ異なる特徴があります。初めての一枚を選ぶときにも、2枚目、3枚目のクレジットカードをチョイスするときにも、クレジットカードの特徴を見極めて自分に合ったクレジットカードを選ぶことが大切です。
ここでは、クレジットカードの基本的な選び方をご紹介します。また、利用シーン別や主婦・新社会人といったクレジットカードを持つ人別の、選び方のポイントについても見ていきましょう。

クレジットカードの基本的な選び方

クレジットカードは、日本国内発行のものだけで1,000種類以上あるといわれ、初めてクレジットカードを選ぶときには、迷ってしまうこともあるでしょう。
クレジットカードには、ポイントプログラムや旅行保険が充実したものや、特定の店舗でサービスを受けられるもの、電子マネーと一体型になったもの、さらにはステータス性の高いクレジットカードや券面のデザインが凝ったものなど、実にさまざまな種類があります。
さまざまなクレジットカードの中から、自分に合った一枚をどのように選べばいいのか、まずは基本的なクレジットカードの選び方のポイントをご紹介します。

ポイントプログラムの充実度に着目して選ぶ

クレジットカードの選び方のポイントのひとつに、ポイントプログラムが充実しているかどうかという点が挙げられます。ポイントプログラムとは、クレジットカードの利用金額に応じてポイントが還元されるサービスで、ポイント還元率はおよそ0.5~1.0%が一般的です。
クレジットカードによっては、通常のポイント還元とは別に、特定の店舗における利用で数倍のポイントが加算されたり、年間利用金額が一定以上になるとボーナスポイントが加算されたりといったサービスが用意されています。クレジットカードを選ぶ際にはポイント還元率だけでなく、ポイントが優遇されるサービスがあるかどうかにも着目しましょう。

クレジットカードの年会費に着目して選ぶ

クレジットカードを選ぶ際には、年会費がお得であるかどうかもチェックしたいポイントです。年会費無料のクレジットカードであれば、所有する上で負担が少なくなるでしょう。なお、年会費無料のクレジットカードでも、ポイントプログラムや旅行保険の内容が充実したカードがあります。
例えば、三菱UFJニコスが発行する「VIASOカード」は、ネットショッピングのポータルサイト「POINT名人.com」を経由して各店舗で買い物をすると、最大25倍のポイントをためられます。また、最高2,000万円まで補償される海外旅行保険が付帯している点も魅力です。
年会費に着目してクレジットカードを選ぶ際には、お得なサービスを受けられるかという点についてもチェックしてみてください。

クレジットカードのステータスの高さに着目して選ぶ

ある程度の年齢を重ねたら、ステータスの高さに着目してクレジットカードを選んでもいいでしょう。
ゴールドカードやプラチナカードは、一般カードと比べると年会費が高額ですが、所有しているだけでそれなりの品格を保てるといえます。また、ステータスの高いクレジットカードは、一般カードよりサービスが充実しているのが特徴です。
例えば、ゴールドカードなら空港ラウンジを無料で利用できるサービス、プラチナカードなら24時間・365日、イベントチケットの手配から緊急時の支援まで幅広く対応してくれるコンシェルジュサービスなど、魅力的なサービスが用意されています。
クレジットカードを所有することで、ハイクオリティな洗練されたサービスを受けたいという人は、カードのステータスの高さに着目して選んでみてはいかがでしょうか。

【利用シーン・目的別】クレジットカードの選び方

一般社団法人日本クレジット協会が大学生を対象に行ったアンケート調査によると、クレジットカードを持った理由として、「ネットショッピングなどで決済が簡単にできるから」という回答や「海外旅行の際に必要だから」といった回答が得られました。
特に、初めての一枚を選ぶ際には、利用シーンや目的に合ったクレジットカードを選びたいと思う人が多いことがわかります。続いては、利用シーンや目的にあわせたクレジットカードの選び方をご紹介します。

海外旅行で使う

海外旅行で使うなら、旅行を安心してお得に楽しめるようなサービスが用意されたクレジットカードを選ぶのがおすすめです。例えば、三菱UFJニコスが発行する「MUFGカード ゴールドプレステージ」は、旅行保険が充実しているのが特徴です。海外・国内旅行ともに最高5,000万円まで自動付帯で補償され、本会員の家族も1,000万円まで補償される家族特約が付帯しています。
また、航空便の遅延によって足止めになった場合、ホテルや衣類の代金を最高2万円まで補償する渡航便遅延保険や、クレジットカードで購入した商品の破損や盗難を300万円まで補償するショッピング保険も適用されます。

なお、カード会社が航空会社と提携して発行する、マイレージ機能がついたクレジットカードなら、航空便の利用はもちろん、日々のショッピングでマイルをためることができます。
例えば三菱UFJニコスが発行する「MileagePlus MUFGカード」はご利用金額100円ごとに1マイルがたまります。
マイルを効率よくためることができますし、たまったマイルを特典航空券に交換することもできますので、旅行好きな人は要チェックです。

ネットショッピングで使う

ネットショッピングの支払いに使うのであれば、ネットショッピングでの利用で効率的にポイントをためることができるクレジットカードがおすすめです。
例えば、三菱UFJニコスが発行する「VIASOカード」は、「POINT名人.com」を経由して楽天市場やYahoo!ショッピングなどで買い物をすると、最大25倍のポイントがたまります。

VIASOカード

特定店舗での買い物に使う

クレジットカードによっては、特定の店舗での利用でポイントが大幅に加算されたり、特別割引などの優待を受けられたりといったサービスが用意されています。
例えば、三菱UFJニコスが発行する「三菱地所グループCARD」は、対象となる店舗で利用すればポイント優遇を受けられるサービスをご用意しています。よく使う店舗で利用するとポイント優遇などのサービスを受けられるクレジットカードは、一枚所有しておくのがおすすめです。

電子マネーと共用したい

電子マネーとクレジットカード、いずれも使う機会が多い人におすすめなのが、電子マネーと一体化したクレジットカードです。
駅の売店やコンビニでちょっとした買い物をするときは電子マネーとして、デパートなどで高額な買い物をするときはクレジットカードとして使うなど、利用シーンに応じて使い分けることができるので便利でしょう。電子マネー一体型カードであれば、電子マネーの支払いを自動的にクレジットカードで決済することも可能です。
なお、電子マネー一体型のクレジットカードには、三菱UFJニコスが東京メトロと提携して発行している「Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMO」のように、クレジットカードに定期券の機能をつけられるカードがあります。

【利用者の属性別】クレジットカードの選び方

続いては、年齢や職業など利用者の属性別に、クレジットカードの選ぶ際のポイントをご紹介します。

初めてクレジットカードを持つ人の選び方のポイント

クレジットカードを作るときは国際ブランドに着目して選ぶのもおすすめです。クレジットカードにはVisa、Mastercard®、JCB、アメリカン・エキスプレス®、ダイナースクラブ、銀聯(ぎんれん)、ディスカバーなどの国際ブランドがあります。シェア率の高さや受けられるサービスは、国際ブランドによって異なります。それぞれ比較して、自分に合った国際ブランドを選びましょう。

学生(高校生・大学生)のクレジットカード選びのポイント

学生がクレジットカードを選ぶときの基準として、まずは年会費が負担にならないという点が挙げられます。
例えば、三菱UFJニコスが発行する「イニシャルカード」は、在学中の年会費が無料なので、学生におすすめの一枚といえるでしょう。各カード会社が学生向けのクレジットカードを発行しているので探してみてください。

新社会人のクレジットカード選びのポイント 

新社会人がクレジットカードを選ぶ際には、カードの信頼性に着目しましょう。クレジットカードは、デパートやスーパーなどが発行する「流通系」、信販会社が母体となっている「信販系」、そして銀行あるいは銀行のグループ会社が発行している「銀行系」と、発行元によって大きく3つに分けられます。
銀行系のクレジットカードはほかと比べて審査が厳しいとされ、それだけに信頼性が高いといわれています。就職を機に、ステータスが高いとされている銀行系カードを一枚作ってみてはいかがでしょうか。

主婦のクレジットカードの選び方のポイント

主婦(主夫)がクレジットカードを作るときにチェックしたいポイントは、学生と同じく年会費が負担にならないという点でしょう。また、公共料金など、月々の固定費の支払いでポイントを効率的にためることができるかという点も、あわせてチェックしたいポイントです。
例えば、三菱UFJニコスが発行する「VIASOカード」は年会費が無料で、携帯電話などの支払いに利用するとポイントが2倍になるサービスが用意されています。家計をやりくりする主婦にとって、VIASOカードのように年会費が無料で、ポイントプログラムが充実しているクレジットカードは魅力的だといえるでしょう。
ちなみに、主婦がクレジットカードを持つ方法のひとつとして、配偶者が持っているクレジットカードの家族カードを申し込むという選択肢があります。家族カードは、本会員である配偶者の信用情報をもとに発行されるため、新規で申し込むよりも発行されやすいのが特徴です。

クレジットカードを選ぶときの注意点

最後に、クレジットカードを選ぶときの注意点をご紹介しましょう。

1枚目と2枚目以降で選ぶ基準が違う

一般社団法人日本クレジット協会の2019年の調査によると、日本では成人1人あたり、2.7枚のクレジットカードを持っていることがわかっています。複数枚のクレジットカードを所有することは、珍しいことではないといえるでしょう。ただし、クレジットカードを複数枚所有する際には、1枚目と2枚目以降の選び方のポイントが異なる点に注意してください。

1枚目のクレジットカードはポイントプログラムが充実しているかなど、普段使いで効率的にポイントをためることができるカードを選ぶといいでしょう。2枚目以降は、よく使うショッピングサイトでお得になるカードや、海外旅行保険が特に強いカードなど、特定分野のサービスに特化したクレジットカードを選ぶのがおすすめです。
用途や場面にあわせて複数枚使い分ければ、所有するクレジットカードの分だけメリットを享受することができます。

【出典】 一般社団法人日本クレジット協会「クレジットカード発行枚数調査結果の公表について」

クレジットカードの選び方のポイントを押さえて最適な一枚を見つけよう!

クレジットカードを選ぶ際には、ライフスタイルに合ったものを選ぶことが重要です。
利用シーンや利用者の属性によって選び方のポイントは変わります。ご紹介した選び方のポイントをチェックして、ご自身に最適なクレジットカードを見つけてください。

よくある質問

Q1. 基本的なクレジットカードの選び方のポイントは?

クレジットカードは、ポイントプログラムや旅行保険といったサービスが充実しているかどうかという点に着目して選びましょう。

Q2. 初めてクレジットカードを選ぶときのポイントは?

初めての一枚は、国際ブランドがVisaまたはMastercard®であるクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

詳しくはこちらを参考にしてください。
初めてのクレジットカードはどう選ぶ?賢い使い方と注意点を解説

Q3. 学生がクレジットカードを選ぶときのポイントは?

学生の場合、在学中は年会費無料のサービスがあるなど、学生向けのクレジットカードを選びましょう。

詳しくはこちらを参考にしてください。
学生でも持てる、初めてのクレジットカードのおすすめは?

Q4. 新社会人がクレジットカードを選ぶときのポイントは?

新社会人は、信頼性のある銀行系カードであるかという点に着目して選ぶのがおすすめです。

詳しくはこちらを参考にしてください。
新社会人におすすめのクレジットカードは?持つべき一枚とタイミング

Q5. 主婦がクレジットカードを選ぶときのポイントは?

主婦は、月々の固定費の支払いなどで、ポイントを効率的にためることができるかという点に着目して選びましょう。

詳しくはこちらを参考にしてください。
主婦がクレジットカードを作るには?おすすめカードとお得な使い方

おすすめのクレジットカード

カード名 初めて持つなら
この1枚
Webで簡単
お申し込み!
安心とお得を
この1枚で
イニシャル VIASOカード MUFGカード スマート
年会費 初年度 無料 無料 無料
次年度以降

1,375円(税込)

学生は在学中無料

無料

1,100円(税込)

条件を満たせば無料

特長
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍
  • 海外旅行保険が自動付帯
  • 「MUFGカード ゴールド」へ自動切換え
  • ポイントはオートキャッシュバック!
  • ポイント還元率は最大10%
  • スタイリッシュなデザイン
  • 三菱UFJ銀行のATM手数料が無料
  • ポイントは自動キャッシュバック
  • 安心の不正使用補償
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短翌営業日

そのほかのクレジットカードを探す