クレジットカードの基礎知識
2021年3月25日

引越しの費用をクレジットカード払いにするメリットや注意点を解説

引越しの費用をクレジットカード払いにするメリットや注意点を解説

最近では、敷金や礼金などをクレジットカードで支払える不動産会社が増えています。また、引越業者でも料金の支払いに、クレジットカードを使えるところもあります。
引越料金をクレジットカードで支払うことができれば、ポイントが得られるメリットもありますし、引越しの当日に、引越業者に支払う現金を用意する必要もありません。
ここでは、引越料金の支払いにクレジットカードを利用するメリットや注意点を解説します。

引越料金をクレジットカードで支払うメリット

引越しの料金を、現金ではなくクレジットカードで支払うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。引越料金をクレジットカードで支払うメリットを、具体的にご紹介します。

ポイントがたまる

引越料金をクレジットカードで支払えば、クレジットカードのポイントがたまります。
引越業者に引越作業を依頼する場合、長距離の引越しでは料金が高額になる場合があるため、クレジットカードで支払えば、より多くのポイントをためることが可能です。

引越しで買い物が増えるときに手間やコストがかからない

引越しで部屋が増えるためカーテンや照明を買い足すなど、人によっては買い物が多くなることがあるでしょう。そのたびに銀行やATMなどで現金を引き出していたのでは手間がかかりますし、利用手数料がかかってしまう場合もあります。
そんなとき、クレジットカードを使えば、こまめに現金を引き出さないで済むという点もメリットです。

優待サービスを利用できる場合もある

クレジットカード会社によっては、特定の引越業者を利用した場合に限って、優待サービスが用意されていることがあります。
例えば、三菱UFJニコスでは、指定の引越業者を利用すると基本料金が割引になる上、荷造りに欠かせない段ボール箱などがプレゼントされるサービスを実施しています。(2021年3月現在)
●MUFGカードの引越しご優待サービスはこちら

引越料金や敷金・礼金をクレジットカードで支払う際の注意点

引越料金や、敷金・礼金の支払いでクレジットカードを使うとメリットもありますが、一方で注意しておきたい点もあります。それぞれ詳しく解説しましょう。

新居の初期費用の支払いで利用限度額に達してしまう場合がある

クレジットカードを使って新居の敷金・礼金といった初期費用を支払う場合、利用限度額に注意する必要があります。物件によっては初期費用が数十万円になる場合があるため、利用限度額に達してクレジットカードが使えなくなってしまう可能性があります。
初期費用が高額になりそうなときは複数枚のクレジットカードを使い分けたり、クレジットカードの利用限度額を一時的に増額したりするのがおすすめです。

分割払い不可の場合がある

クレジットカード払いが可能な引越業者であっても、中には「分割払い不可」という場合があるので注意が必要です。依頼する引越業者を検討する段階で、利用できる支払方法について、業者のWEBサイトや電話で確認するようにしてください。
なお、クレジットカードによっては、一括払いで支払いを済ませた後に、分割払いやリボ払いに変更することが可能です。
ただし、無計画にリボ払いを使いすぎて利用残高が増えてしまうと、リボ払い手数料がかさんでしまうので気を付けてください。

引っ越すときに覚えておきたいクレジットカードの手続き

引越しで住所が変わるときは、住所変更など、さまざまな手続きをする必要があります。続いては、引越しをしたときに必要な、クレジットカード関連の手続きについてご紹介します。

クレジットカードの住所変更手続き

引っ越したときは、できる限り早めにクレジットカードの住所変更手続きを済ませることが大切です。クレジットカードの住所変更手続きをしなかった場合、旧住所にご利用代金明細書など、クレジットカード会社からの郵送物が届いてしまって、個人情報が第三者に知られてしまう可能性があります。
クレジットカード会社では、WEBサイトや電話、郵送などで住所変更手続きができますので、引っ越したらできるだけ早めに手続きをしておきましょう。

公共料金の支払いの解約の手続き

電気・ガス・水道などの公共料金をクレジットカードで支払っていた場合は、引越しに伴い公共料金の支払先が変わることがあります。その場合は、引越前の支払先での解約手続きを忘れないようにしてください。解約手続きを忘れると、公共料金が引き落とされてしまう可能性があります。
また、電力会社やガス会社、水道局といった引越後の支払先が、クレジットカード払いに対応しているか、事前に確認しておくといいでしょう。

タッチ決済対応!年会費もポイント還元率もお得な三菱UFJカード

三菱UFJカードは、初年度の年会費が無料で、年に1回でも利用すれば、翌年の年会費も無料になるので、実質無料で使うことができます。タッチ決済にも対応しているので、お支払いもスピーディーです。

また、セブン-イレブンやローソンなどの対象店舗で三菱UFJカードを利用すると、最大19%のポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。詳細は三菱UFJニコス株式会社の「WEBサイト」にてご確認ください。ほかにも、ネットショッピングのポータルサイト「POINT名人.com」を経由してお買い物をすると、カードの基本ポイントに加えてボーナスポイントももらえるので、日常使いでポイントがためやすいでしょう。
※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

MUFGカードアプリ」を活用すれば、WEB明細をスマートフォンでいつでもチェックでき、家計簿をつける手間を省けます。さらに、ご入会から3カ月間はご利用金額の最大1.6%相当のポイントが還元されるほか、ご入会日から2カ月後までに条件を達成すると、最大10,000円相当(グローバルポイント2,000ポイント分)がもらえます。詳細は三菱UFJカードのWEBサイトでご確認ください。
※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

対象店舗のご利用ならお得にポイントがためられる!
ポイントサイト経由でボーナスポイントがもらえる!

三菱UFJカードの特長

  • 年会費が実質無料で利用できる
  • 対象店舗で最大19%のポイントが還元される
  • POINT名人.comを利用すると、ボーナスポイントもたまる
  • MUFGカードアプリのWEB明細を家計簿代わりに使える

※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

引越料金の支払いではクレジットカードを賢く使うのがおすすめ

何かとお金がかかる引越しの際には、ポイントがたまったり、優待サービスを受けられたりするクレジットカードを賢く使うのがおすすめです。ただし、引越料金をクレジットカードで支払うときは、使いすぎて限度額に達してしまうことのないように注意してください。引越しで多額の費用をクレジットカード払いにする予定がある人は、事前にクレジットカード会社に申請して、利用限度額を引き上げておくといいでしょう。
スムーズな引越しができるよう、資金計画も含めて万全の準備をしてください。

おすすめのクレジットカード

カード名 日常にうれしいを、
将来まで安心を。
オンも、オフも、
いつでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード

年会費

初年度 無料 無料

(オンライン入会限定)

22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の最大19%相当ポイント還元!(※2)
  • 年間ショッピング利用額100万円以上で11,000円相当のポイント還元(2022年7月1日以降の入会者限定)(※1)
  • ご相談に24時間365日対応
  • 厳選されたレストランのコースメニューが1名様分無料に!
  • 国内70以上のホテルで1滞在あたり平均550米ドル相当のご優待
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

1ポイント5円相当の商品に交換の場合

最大19%相当ポイント還元は2024年2月1日(木)~2024年7月31日(水)のご利用が対象

そのほかの
クレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
引越し費用や敷金・礼金の支払いに、クレジットカードは使える?
最近では、引越し業者も不動産会社も、クレジットカードを利用できるところが増えてきています。引越し時は出費がかさむため、銀行口座からの引き落としまでに猶予ができるクレジットカードなら安心でしょう。ただし、初期費用が数十万円になる場合、利用限度額に達してクレジットカードが使えなくなってしまう可能性があります。複数枚のクレジットカードを使い分けたり、クレジットカードの利用限度額を一時的に増額したりすることもおすすめです。

詳しくは「引越料金や敷金・礼金をクレジットカードで支払う際の注意点」をご確認ください。
引越しをしたら、クレジットカードの住所変更はいつ行えばいい?
引越しをしたときは、できる限り早めにクレジットカードの住所変更手続きを済ませることが大切です。クレジットカードの住所変更手続きをしなかった場合、旧住所にカード会社からの郵送物が届いて、個人情報が第三者に知られてしまう可能性があります。
カード会社では、WEBサイトや電話、郵送などで住所変更手続きができますので、引っ越したらできるだけ早めに手続きをしておきましょう。

詳しくは「引っ越すときに覚えておきたいクレジットカードの手続き」をご確認ください。
住所変更以外に、引越しのときにクレジットカードで必要な手続きは?
電気・ガス・水道などの公共料金をクレジットカードで支払っていた場合は、引越しに伴い公共料金の支払先が変わることがあります。その場合は、引越前の支払先での解約手続きを忘れないようにしてください。解約手続きを忘れると、公共料金が引き落とされてしまう可能性があります。

詳しくは「引っ越すときに覚えておきたいクレジットカードの手続き」をご確認ください。