クレジットカードの不安解消
2020年1月27日

クレジットカードの暗証番号を忘れてしまったときの対処法は?

クレジットカードを使うシーンの中で意外とありがちなトラブルが、「クレジットカードの暗証番号を忘れてしまった」というもの。クレジットカードを使う頻度が低いと、こうしたことも起こります。
ここでは、暗証番号に関するよくあるトラブルと対処法についてご紹介します。

暗証番号は何のためにある?

クレジットカードの暗証番号は、そのクレジットカードの利用者が間違いなく契約者本人であることを証明するものです。ですから、クレジットカードの現物を持っていても、暗証番号が正しくなければ本人と見なされず、支払いができません。
当たり前のことですが、普段からクレジットカードを使い慣れていないと、「とっさに暗証番号が出てこない」というのはよくあります。また、ほかのクレジットカードや銀行のキャッシュカードの暗証番号も同じ「数字4桁」なので、混同してしまうこともあるかと思います。

支払いのときに暗証番号を忘れてしまったら

暗証番号で思い当たる数字がいくつかあるなら、それを入れていくのもいいのですが、間違った番号を一定回数入力すると、クレジットカードがロックされて使えなくなってしまいます。暗証番号を忘れてしまった場合は闇雲に番号を入力するのはやめて、別の方法をとりましょう。

現金で支払う

手持ちの現金があるなら、現金で支払いを済ませるのが一番確実です。ただし、手持ちがない場合には近くのATMで引き出さなくてはなりませんから、いつもこの方法で対応できるとは限りません。

サインで認証する

暗証番号がなくても、サインで本人確認を済ませることができます。店のスタッフに、「サイン認証で良いですか?」と尋ねてみましょう。プリントアウトしたレシートかタブレット端末へのサインで認証できるはずです。ただし、暗証番号の入力が必須で、サイン認証では支払いができない場合もあるので注意が必要です。

クレジットカードがロックされてしまったらどうする?

暗証番号の入力を一定回数間違えると、そのクレジットカードはロックされ、使えなくなってしまいます。こうなると、カード会社に連絡を入れ、再発行をしてもらうしか方法がありません。新しいクレジットカードが届くまでは手間も時間もかかりますから、注意が必要です。

暗証番号を確認する方法

「どうしても暗証番号が思い出せず、クレジットカードがロックされてしまった」というときは、すぐにカード会社に連絡しましょう。
クレジットカードには、裏面にヘルプデスクやコールセンターの電話番号が印刷されています。多くは24時間年中無休で、自動音声で対応していますから、電話で連絡してみてください。会員専用WEBサイトでも対応していますから、こちらを使うのも便利です。
ただし、暗証番号は電話で教えてもらえるわけではなく、カード会社に登録している住所に郵送で通知されますから、数日間はクレジットカードが使えないと考えたほうが良いでしょう。

暗証番号はどうやって決める?

クレジットカードの暗証番号は数字4桁ですから、決して覚えられないものではありません。しかし、あまり根拠のない数字を登録してしまうと、ふとしたときに思い出せないこともありえます。では、どんな番号を設定すれば良いのでしょうか?
暗証番号について大切なのは、例えば「1234」や「7777」といった単純な番号を避けること。誕生日や車のナンバーなども、他人から推測されやすく危険です。また、複数のクレジットカードを作る場合は、それぞれの暗証番号をすべて変えておけば、安全性はより高まります。
新しくクレジットカードを申し込むときには、よく考えて暗証番号を設定してください。

暗証番号の変更はカードを再発行する必要がある

現在、日本国内で発行されているクレジットカードのほとんどは、ICチップが埋め込まれた「ICカード」です。このICチップに暗証番号の情報が書き込まれているため、番号を変更する場合には、新たにクレジットカードを作り直すことになります。
一般的な手順としては、まず暗証番号変更の書類を取り寄せます。必要事項とともに新たな4桁の暗証番号を書き込み、返送します。その後、新たな暗証番号がICチップに書き込まれたクレジットカードが郵送されてくるという流れです。

新しいクレジットカードが届くまでは、古いクレジットカードを使ってショッピングができますが、カード会社によっては「古いクレジットカードを書類とともにカード会社に返送する」という手順のところもあります。細かい手続きはカード会社によって異なりますから、確認しておきましょう。
いずれにしても、新しいクレジットカードが届くまでには、2~3週間かかると考えておいてください。

大切な暗証番号は厳重に管理しよう

いざ支払いというときになって「暗証番号がわからない」となると、誰でも慌ててしまいます。しかし、この程度のミスは誰にでもありますから、恥ずかしがることはありません。落ち着いて対処すれば、むしろスマートに見えるものです。
暗証番号は、あなた自身を確認する大切な情報です。セキュリティ上も問題になりますから、忘れてしまったら決して放置せず、カード会社に問い合わせて、必要な手続きを行いましょう。暗証番号の確認・変更が済んだら、もう忘れないように厳重に管理してください。

おすすめのクレジットカード