ステータスカードの活用術
2021年3月25日 
(更新:2022年11月25日)

ブラックカードとは?年収などの条件や種類・年会費・特典を解説

ブラックカードは、ゴールド、プラチナのさらに上位に位置し、クレジットカードの最高峰とされています。さまざまなカード会社からブラックカードは発行されているものの、保有できる人が限られているため、情報がほとんど公開されていません。ブラックカードとは、いったいどのようなクレジットカードなのでしょうか。
ここでは、ブラックカードの種類や特長のほか、入会条件、特典内容をご紹介します。

ブラックカードのランクと種類

クレジットカードには、ゴールドやプラチナといったランクがあります。一般的にクレジットカードのステータスは、「一般→ゴールド→プラチナ→ブラック」と上がるため、ブラックカードは最上級のカードといえるでしょう。ただし、カード会社ごとにステータスカードのサービス内容や特典が異なるため、A社のプラチナカードのサービスがB社のブラックカードに相当するということもあります。

また、ブラックカードは、必ずしも券面自体が黒いとは限りません。現在、いくつかのカード会社からブラックカードが発行されていますが、その詳しい内容は公開されておらず、保有者のコメントや取材記事などから、その内容を推測するしかありません。そのため、ブラックカードなら、「利用限度額が無制限」「プライベートジェットのレンタルが可能」など、半ば都市伝説のような話も飛び交っています。
まずは、ブラックカードにはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

クレジットカードのランクイメージ図

ブラックカードの特長

一般的に、ブラックカードの入会は招待制をとっているため、カード会社はブラックカードの詳細情報を公開していません。ブラックカードの種類によって特長は異なりますが、一般的には以下のような特長があります。

最高峰だからこそのハイクオリティなサービス

ブラックカードのステータスの裏付けともいえるのが、豊富に用意された付帯サービスでしょう。カード会社では具体的なサービス内容を公開していませんが、プラチナカード以上の特典が用意されていることが一般的です
ほかのステータスカード同様に、各社サービスは異なるかと思いますが、プラチナカードの特典でよくあるものから、ブラックカードのサービスを推察してみましょう。

専任のコンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスはプラチナカードの大きな特典ですが、ブラックカードになると、ブラックカード保有者専任のコンシェルジュがつくことがあるようです。さまざまな要望に応えてくれる、私設秘書を持つようなものでしょう。

料亭・レストランなど、紹介なしでの予約代行

一見さんお断りの高級料亭や予約の取れないレストランなども、コンシェルジュを通して予約がとれるようです。こうしたサービスはプラチナカードでも用意されていますが、ブラックカードでも行っているものと思われます。

高級旅館・ホテルの優待利用

ブラックカード保有者は、国内外の高級旅館やホテルを、優待プランでお得に利用することができます。世界的な有名ホテルでは、上顧客に対して、特別なVIPプログラムを用意していることが多いものです。ブラックカードで支払えば、部屋のアップグレード、朝食の無料サービス、スパやプールの無料利用といったVIP待遇を受けられるのは、ブラックカードならではのメリットでしょう。

会員向けの特別イベントへの招待

ブラックカード会員専用の、特別イベントに参加できます。その内容は多種多様で、会員同士の交流を図るためのイベントもあれば、著名なレストランをカード会社が貸し切って、会員向けに開催するダイニングイベントもあるようです。

ブラックカード保有者の要望に可能な限り応える

ブラックカードクラスのステータスカードには、多くの特典が備えられていますが、それ以外にも「ブラックカード保有者のリクエストに可能な限りお応えする」というクレジットカードも存在します。例えば、コンシェルジュを通して要望を伝えれば、カード発行会社がその要望をチェックし、可能か不可能かを判断するというのです。この方式であれば、それこそプライベートジェットの手配も可能かもしれません。
もちろん、ここまで自由度の高いクレジットカードはごく一部で、ブラックカード保有者の人数も限られています。

利用限度額が大きい

クレジットカードの利用限度額は、利用状況やカードごとにさまざま決まっていますが、ブラックカードの場合は保有者にあわせて設定でき、実質的には最低でも100万円、上限は700万円から数千万円と、カード会社によって異なるようです。
となると、ブラックカード保有者の年収やクレジットカードの利用状況によっては、実質的には限度額に上限なしというケースもあるのかもしれません。

高額な年会費がかかる

ブラックカードの年会費は、十数万円がかかるといわれています。 クレジットカードの年会費は、付帯サービスの充実度とリンクしています。特に、ブラックカードでは、プラチナカード以上にハイクオリティなサービスや補償がセットされていますから、高額な年会費もうなずけるというものです。ブラックカードを持つだけで、これだけの額が毎年必要になるのですから、持ち手を選ぶクレジットカードであることには間違いありません。

この上ないステータス性がある

ブラックカードの特長は、最高峰のステータス性です。所持できる人が限られている最高峰のクレジットカードを持てることに、大きな満足感が得られるでしょう。
ブラックカードの中には、金属製の物があります。金属独特の質感を活かしたデザインで、手にしたときに重みがあり、高級感あふれる仕上がりです。見るたびに喜びを感じられるクレジットカードといえます。

ブラックカードを持てるようになる条件とは?年収は関係ある?

さまざまな特典を持つブラックカードですが、実際にブラックカードを手にするには、どうすればよいのでしょうか。続いては、ブラックカード保有者となるために想定される条件についてご説明します。

カード会社からの招待制である

ブラックカードの申し込みは、招待制をとっていることがほとんどです。招待制の場合、「この人はブラックカードのオーナーにふさわしい」とカード会社に認められたユーザーだけに、カード会社から連絡や招待状が届き、それから入会できるようになっています。そのため、ブラックカードを持ちたいと思っても、カード会社からの招待を待つしかありません。

ステータスカードでクレジットヒストリーを積む

ブラックカードが持てる確実な基準は一切明らかにされていませんが、クレジットカードの利用額が大きく、極めて優良な利用履歴を持つユーザーでないと、招待されるのは難しいでしょう。ですから、カード会社からの招待を期待するには、まず狙ったブラックカードの下位カードであるプラチナやゴールドを持ち、クレジットカードの利用を一本化して、クレジットヒストリー(カードの利用履歴)を積むことです。もちろん、支払い遅延は逆にクレジットヒストリーに傷が付きますから要注意です。

年間のクレジットカード利用額が高い

多くの特典を備えたブラックカードの招待を受けるためには、年間利用額が高いことは必須条件といえそうです。
また、クレジットカードの審査基準は各社ともに機密のため、詳細は不明ですが、そのステータスからプラチナ以上に厳しい審査基準であると考えられます。現在、ブラックカードを保有している人の年収や年齢、職業などは入会時期によっても違いが大きく、ケースバイケースなのかもしれません。

ブラックカードのサービスに匹敵するプラチナカードがある!

多彩で高品質な特典を持つブラックカードですが、それらの特典を頻繁に利用する人はごくわずかでしょう。高額な年会費とのバランスを考えても、あまり現実的ではない面があります。
であれば、ブラックカードではなくプラチナカードを選ぶのも良いかもしれません。また、カード会社によっては、ブラックカードのサービスに匹敵するゴールドカードやプラチナカードがあります。
ステータスカードはそれぞれコンシェルジュや保険といった、きめ細やかなサービスと手厚い補償を備えています。プラチナカードは自由に申し込みができますし、サービス内容も詳しく公開されているため、安心感があります。
ブラックカードは憧れの存在ではありますが、ステータスよりも実利を優先するなら、プラチナカードという選択も現実的といえるでしょう。

おすすめのプラチナカード、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」は、実用性とステータス性を兼ね備えたプラチナカードです。こちらは、三菱UFJニコスから2021年に発行されたプラチナカードで、コンシェルジュサービスや優待プログラムが用意されているのが特長です。
年会費は22,000円(税込)ですが、その金額以上の付帯サービスがありますので、詳しく見ていきましょう。
なお、三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードは、学生を除く20歳以上の人が持つことができます。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード

日常から特別な時まで、最高クラスのおもてなしを。

年会費

22,000円(税込)

家族カードは1名さまは無料

ポイント優遇
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の5.5%還元!
付帯サービス
  • 専任スタッフが24時間対応
  • 厳選されたレストランのコースメニューが1名様分無料に!
  • 国内70以上のホテルで1滞在あたり平均550米ドル相当のご優待
ポイント還元率

0.5%

1ポイント5円相当の商品に交換の場合

24時間365日利用できるプラチナ・コンシェルジュサービス

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードでは、 さまざまな相談や要望を手厚くサポートするコンシェルジュサービスを用意しています。例えば、急にVIPと会食することになった際のお店の選定や予約といった相談に、専任のスタッフが24時間365日対応してくれるのです。

厳選されたレストランやホテルでの優待プログラムがある

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードでは、厳選された国内のレストランでコースメニューを2名以上で利用する際に、1名分の料金が無料になるグルメセレクションのほか、一流ホテルのダイニングやスパを利用できる優待プログラムなどがあります。

旅行傷害保険は海外で最高1億円を補償

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードの旅行傷害保険は、海外旅行では最高1億円、国内旅行なら最高5,000万円まで補償されます。海外・国内ともにクレジットカードを持っていれば自動的に適用される自動付帯保険です(※)。旅先でのケガや病気の治療費はもちろん、携行品の破損や盗難も補償してくれるので安心です。
また、クレジットカードで購入した商品の破損や盗難を一定額補償するショッピング保険は、年間300万円まで利用できます。
※海外旅行の場合、自動付帯分は最高5,000万円。交通費やホテル代といった費用をクレジットカードで支払った時に適用される利用付帯分最高5,000万円と合わせて最高1億円となります。

世界最大級の空港ラウンジサービスが利用できる

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードでは、世界1,300カ所以上で利用できる、空港ラウンジサービス、プライオリティ・パスに無料で入会できます。また、空港から自宅へ無料配送が可能な手荷物空港宅配サービスなどのきめ細やかなサービスを受けられるのは、ランクの高いプラチナカードならではといえるでしょう。

ブラックカードを目指すなら、ほかのステータスカードで利用実績を積もう

ブラックカードは、クレジットカードの最高峰といわれ、情報が一般的に公開されていないため、ミステリアスな存在です。この上ないステータスとサービスはまさに最高峰といえますが、保有できる人は限られています。カード会社に招待されたというだけでも、貴重な経験といえるでしょう。
「ブラックカードを持ちたい!」と思うなら、まずはブラックカードの下位のステータスカードを申し込み、そこで利用実績を積み上げていくことです。
また、カード会社によっては、ブラックカードのサービスに匹敵するゴールドカードやプラチナカードもあります。それぞれのクレジットカードの特長を知って、自分にあうクレジットカード選びにお役立てください。

おすすめのクレジットカード

カード名 日常にうれしいを、
将来まで安心を。
オンも、オフも、
いつでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
このボタンからお申込みの方限定、今なら新規入会特典上乗せ中!
年会費 初年度 無料 無料

(オンライン入会限定)

22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の5.5%還元!
  • 入会後3ヶ月は最大1.6%相当を還元!(※)
  • 年間ショッピング利用額100万円以上で11,000円相当のポイント還元(2022年7月1日以降の入会者限定)(※)
  • 専任スタッフが24時間対応
  • 厳選されたレストランのコースメニューが1名様分無料に!
  • 国内70以上のホテルで1滞在あたり平均550米ドル相当のご優待
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

そのほかのクレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
ブラックカードとは?
ブラックカードは、クレジットカードの中でも最上級ランクのステータスカードです。専任のコンシェルジュサービスや高級旅館・ホテルの優待利用といった、カード保有者の要望に可能な限り応えるハイクオリティなサービスが付帯されているといわれています。

詳しくは「ブラックカードのランクと種類」をご確認ください。
ブラックカードを持つための入会条件は?
ブラックカードは、ほとんどの場合、カード会社からの招待を待つしかありません。招待されるためには、例えば、ゴールドカードやプラチナカードを持ち、クレジットヒストリーを積み上げることが重要だと考えられます。

詳しくは「ブラックカードを持てるようになる条件とは?年収は関係ある?」をご確認ください。
ブラックカードを持つには年収がどのくらい必要?
ブラックカードを持つために年収がどのくらい必要なのか、明確なところは一切不明です。ブラックカードを保有している人の年収や年齢、職業は、入会時期によっても違いが大きく、ケースバイケースであると考えられます。ただし、ブラックカードの招待を受けるためには、そのカード会社のクレジットカードの年間利用額が高いことは、必須条件といえそうです。

詳しくは「ブラックカードを持てるようになる条件とは?年収は関係ある?」をご確認ください。
最大27,000円相当プレゼント! 三菱UFJニコスカード