初めてのクレジットカード
2020年1月27日

初めてのクレジットカードはどう選ぶ?賢い作り方と発行までの流れ

初めてクレジットカードを作ろうとしている人は、カード選びの基準や使い方もわかりませんし、不正利用の被害に遭わないかといった不安を抱えているかもしれません。
ここでは、クレジットカードの初心者が押さえておくべきカード選びのポイントや注意点を紹介しましょう。

クレジットカードはどうやって選ぶ?

国内発行分だけで1,000種類以上あるといわれるクレジットカード。初めての1枚はどうやって選べばいいのか、迷ってしまうのも無理はありません。しかし、いくつかのポイントを押さえておけば、自分にとってどのクレジットカードが良いのかが見えてきます。
クレジットカードを選ぶときのポイントについてお話しします。

クレジットカードは生活スタイルに合わせて選ぶ

クレジットカードは「どれでも同じ」ではありません。基本的な機能は共通ですが、クレジットカードごとに特徴があり、メリットが異なります。それらを見比べながら、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

例えば、ネットショッピングをよく利用するなら、ネット通販に強いクレジットカードを選ぶといいでしょう。大手ショッピングモールでの割引やポイント優待を受けられるもののほか、カード会社が用意したポータルサイトを経由することで、同様の優待サービスを受けられるものもあります。
旅行好きなら、国内外の旅行保険が充実したクレジットカードがおすすめです。旅行時に数千万円までの傷害保険が付帯するクレジットカードもありますから、いざというときにも安心です。

このように、クレジットカードにはそれぞれ得意とする機能やサービスがあります。ですから、クレジットカードを選ぶときには、自分自身の生活スタイルと照らし合わせて、どんなクレジットカードが適しているかを見極めましょう。

3つのポイントをチェックする

クレジットカードが備えている機能やサービスはさまざまですが、「年会費」「ポイントプログラム」「トラベルサービス」という3つのポイントをまずはチェックしましょう。
これらの内容をチェックすれば、自然と自分に合ったクレジットカードが見つかるはずです。

年会費がいくらかかるか

クレジットカードの年会費は、クレジットカードごとに異なります。一般的には、年会費を安く設定しつつ、その中で必要なサービスを盛り込み、持ちやすくて使い勝手の良いクレジットカードを各カード会社は開発しています。
「豪華な付帯サービスよりも、年会費の安さでクレジットカードを選びたい」という利用者が増えてきたことを受けて、カード会社では「初年度のみ」「20代限定」などの条件付きで年会費が無料になったり、付帯サービスを最小限に抑えることで完全に年会費が無料になったりするクレジットカードを発行しています。自分が年会費無料の条件を満たせるのなら、そうしたクレジットカードを選ぶとお得です。

ポイントプログラムが自分に合っているか

クレジットカードの利用金額に応じて、ポイントがたまっていきます。このサービスはクレジットカードでは一般的で、たまったポイントはカード会社が用意した商品と交換できるほか、クレジットカードによってはマイルや電子マネーと交換したり、現金でキャッシュバックを受けたりすることもできます。
ポイントプログラムの内容はクレジットカードによってさまざまですから、自分の使い方で効率良くポイントをためられるかどうかは、カード選びの重要な基準となります。

トラベルサービスが必要か

国内外の旅行中のケガや病気、携行品の紛失や盗難を補償してくれる保険サービスもチェックしたいポイントです。トラベルサービスには、旅行費用をカード払いにしたときのみ補償される「利用付帯」と、クレジットカードを持っているだけで自動的に補償される「自動付帯」があり、補償額も数百万円から数千万円までと幅があります。海外旅行での保険を重視するなら、旅行保険が自動付帯するクレジットカードを選びましょう。
ゴールドカード以上のステータスカードでは、国内外の主要空港のラウンジを無料で利用できるサービスもあります。

若者や学生でもクレジットカードは作れるの?

クレジットカードは「代金の後払い」を実現するサービスで、支払いの際に担保も保証人も不要です。個人の信用力が唯一の担保ですが、仕事をしていない学生や若者でも作れるカードはあります。
その代表的な例が、三菱UFJニコスが発行する「イニシャルカード」です。入会から3カ月間は3倍のポイントがたまり、月間の利用金額によって当月のポイント獲得量が加算される上、ネットショッピングの利用で優遇ポイントが加算されます。

手厚いサービスがありながら、年会費は1,375円(税込)。しかも、初年度は無料で、学生なら在学中はずっと無料です。手厚いサービスと持ちやすさを両立したイニシャルカードは、まさに初めての一枚にぴったりのクレジットカードといえるでしょう。

クレジットカードはどうやって使う?

続いて、クレジットカードの使い方についてお話ししましょう。初めてだと、クレジットカードを使うシーンをうまく想像できない人もいるかもしれません。場面に応じてクレジットカードを使いこなすことができれば、クレジットカードの便利さをいっそう実感できます。

さまざまなシーンで活躍するクレジットカード

クレジットカードは、ネットショッピングや実際の店舗での買い物に使うのが基本的な用途ですが、ほかにもさまざまな使い方があります。これを知っておくだけでも、クレジットカードの利用範囲がグッと広がり、初めてのクレジットカードを選ぶ手掛かりになります。

ショッピングで利用する

クレジットカードをネットショッピングや実際の店舗での買い物に使うのは、基本中の基本です。ネットショッピングでは、クレジットカード決済なら別途振り込んだり代引きで代金を支払ったりする手間がかからず便利に使えます。実際の店舗での買い物も、大手のスーパーやコンビニはほとんどがカード払いに対応していますので、普段の買い物で小銭を持ち歩く必要はありません。
昨今はキャッシュレス決済が推進されていることもあり、飲食店でもカード払いの導入が進んでいますから、普段の生活に関わる幅広い支払いに使えます。

キャッシングを利用する

「現金が必要なのに手持ちがなく、銀行からもお金を下ろせない…」。こんなときにご利用いただけるサービスが、クレジットカードのキャッシング機能です。銀行やコンビニのATMから、現金を引き出すことができます。また、海外では現地通貨を引き出すことが可能です。
キャッシングを利用するには「キャッシング枠」の設定が必要です。キャッシング枠は、クレジットカードの申し込み時に設定することができます。クレジットカード入会のときに申し込まなかった場合でも、後から設定できます。
なお、キャッシングを利用すると金利手数料が発生します。キャッシングを利用する際は、返済のことを考え、計画的に利用することが大切です。

キャッシングの基礎知識

公共料金の支払いに利用する

電気やガスなどの公共料金も、クレジットカードで支払うことができます。一度登録してしまえば、毎月コンビニなどに支払いに行く必要もありませんし、銀行口座からの引き落としではなくカード払いにすれば、クレジットカードのポイントもたまっていきますから、まさに一石二鳥です。
自治体によっては、所得税や住民税、自動車税などのカード払いも可能です。自分の住んでいる地域が税金のカード払いに対応していたら、ポイントをためるチャンスです。

電子マネーのチャージに利用する

SuicaやPASMO、nanacoといった電子マネーへのチャージにも、一部のクレジットカードが使えます。ただし、電子マネーとクレジットカードの組み合わせによっては、ポイントが加算されないケースもありますので、ご注意ください。

海外ではクレジットカードで支払い能力を測られる

日本以上にクレジットカードが普及している海外では、クレジットカードは「その人の支払い能力を測るもの」として認識されています。その典型的な例は、ホテルの「デポジット」です。
デポジットとは、宿泊代に含まれていない飲食費や物品購入費の保証金です。クレジットカードがない場合には、1泊分程度の金額を保証金としてホテルに預けるというルールを採用しているところもあります。
ホテル側としては、「最良のサービスを提供する代わりに、料金の徴収漏れを防ぎたい」という意識があり、こうした制度が一般化しているのです。日本ではなじみが薄い習慣ですが、海外では一般的なもの。これから海外に出掛ける人は、パスポートとともにクレジットカードの申し込みが必須といえるでしょう。

クレジットカードにまつわる不安を解消しよう

「これからクレジットカードを作ろう」という方は、使いすぎや不正利用などの不安を抱えているかもしれません。しかし、正しい知識を身に付けておけば、そうした心配は不要です。初めてのクレジットカードを作る前に、クレジットカードにまつわる不安を解消しておきましょう。

いくら使ったかがわからなくなって使いすぎてしまう?

「クレジットカードを持つと、いくら使ったのかわからなくなって、ついつい使いすぎてしまうのでは?」という不安を持つ人は多いようです。確かに、クレジットカードは現金の持ち合わせがなくても買い物ができますし、利用限度額内であればいくらでも使うことができますから、不安になるのはもっともです。

しかし、クレジットカードは現金と違って利用履歴が残り、後から確認することもできます。カード会社のウェブページでも確認できますが、三菱UFJニコスの場合は専用のスマホアプリが用意されており、「いつ、どこで、いくら使った」という利用履歴や請求額を簡単に確認することができます。

クレジットカードをどのように使うかは本人次第ですが、利用履歴をチェックすることで使いすぎを防いで、計画的に利用できます。「いくら使ったかわからなくなるのでは」ということが気がかりな人は、安心してください。

クレジットカードを利用するたびに手数料がかかる?

誤解している人も多くいますが、「1回払い」または「2回払い」の場合は、手数料は一切かかりません。

不正利用や盗難が心配?

カード会社や金融機関、カード決済を扱う店舗では、クレジットカードのセキュリティについて万全の体制を用意しています。それでも、情報漏洩やクレジットカードの盗難による不正利用は後を絶ちません。
利用明細に身に覚えのない請求があったり、クレジットカードをなくしてしまったり、盗難に遭ったり…。このような場合は、まずカード会社に連絡してください。不正利用の可能性が高い場合はクレジットカードを使用停止にし、再発行の手続きをとることで、その後の不正利用を防ぐことができます。

例えば、三菱UFJニコスでは、盗難や紛失の緊急連絡先は年中無休で24時間受け付けています。

クレジットカードそのものはきちんと管理しておき、簡単に人に渡さないようにしましょう。管理が万全ならば、盗難などのリスクもグッと抑えることができます。
なお、不正利用であることが確認された場合、不正利用分はカード会社によって補償されます。身に覚えのない不正利用分を利用者が負担する必要はありませんから、安心してください。

クレジットカードについての注意点

クレジットカードは、毎月決まった日に、指定の口座から利用額が引き落とされます。ですから、毎月の請求額を正しく把握しておき、支払日に残高不足にならないよう、引き落とし口座にお金を用意しておかなくてはなりません。
決まった期日に引き落としができないと支払い遅延となり、遅延損害金が科せられ、一時的にクレジットカードの利用ができなくなってしまいます。それに加えて、「遅延した」という情報が履歴に残り、利用枠の拡大やステータスカードへのステップアップなど、今後クレジットカードをもっと活用しようとしたときに支障が出てしまうことがあります。

クレジットカードは「現金がなくても後払いで買い物ができる」便利なサービスです。しかし、その仕組みを支えているのは、あなた自身の信用です。その信用を自ら傷つけるようなことは避けましょう。

自分に合ったクレジットカードを選んで存分に活用しよう

現金よりも、簡単かつスマートに決済できるクレジットカード。財布に入れておくだけで、安心感が違います。盗難に遭わないように用心したり、支払日にお金を用意しておいたりなど注意点はありますが、慣れれば決して難しいことではありません。
あなた自身のライフスタイルに合った一枚を見つけ、ショッピングやレジャーに存分に活用してください。

まとめ
  • 初めてのクレジットカードの選び方

    クレジットカードはそれぞれ特徴があり、メリットが異なるので、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶのが大切です。まずは「年会費」「ポイントプログラム」「トラベルサービス」という3つのポイントをチェックして、自分にぴったりのクレジットカードを選びましょう。

  • クレジットカードはどうやって使う?

    クレジットカードは、店舗でショッピングに使う以外にも、キャッシングを利用したり、公共料金を支払ったり、電子マネーにチャージしたりとさまざまな場面で使えます。どんなときにクレジットカードを使うかをイメージすれば、カード選びの手掛かりになります。

  • クレジットカードにまつわる不安を解消

    初めてクレジットカードを作る方は、使いすぎや不正利用などの利用を抱えているかもしれません。しかしクレジットカードは現金と違って利用履歴の明細が残り、専用のスマホアプリからいつでも明細を確認できます。また、不正利用や盗難の緊急連絡先は年中無休で24時間受け付けています。必要以上に怖がる必要はないので、安心してください。

おすすめのクレジットカード