初めてのクレジットカード
更新:2022年10月25日

クレジットカードの比較ポイントとは?タイプ別おすすめカードを紹介

クレジットカードの比較ポイントとは?タイプ別おすすめカードを紹介

クレジットカードには多くの種類があり、何を基準に比較したらいいのかわからなくなることがあります。そのため、比較するポイントを明確にすることが大切です。
ここでは、クレジットカードを選ぶときの比較ポイントのほか、主婦や学生、新社会人といったタイプ別の選び方、チェックしたいポイントをご紹介します。

クレジットカードを選ぶときに比較したいポイント

新しくクレジットカードを選ぶときは、比較するポイントを明確にすると、自分に合ったカードを見つけやすくなります。まずは、クレジットカードを選ぶときに比較したいポイントをご紹介しましょう。

年会費

クレジットカードを選ぶときは、年会費を比較することが大切です。一般カードの年会費は、無料もしくは1,000円から2,000円程度ですが、ゴールドカードなどのステータスが高いカードは数千円から数万円と高額になる場合があります。保有する上で、年会費が負担とならないクレジットカードを選びましょう。

ポイントプログラム

クレジットカードを選ぶときは、ポイントプログラムの内容も比較しましょう。ポイントプログラムとは、クレジットカードの利用金額に応じてポイントが還元されるサービスで、ポイント還元率は0.5~1.0%が一般的です。また、ポイントが通常より多く加算されるサービスがあるかどうかという点も、重要な比較ポイントです。
クレジットカードによっては、通常のポイント還元とは別に、特定の店舗における利用で数倍のポイントが加算されたり、年間利用金額が一定以上になるとボーナスポイントが加算されたりします。
ほかにも、ネットショッピングにおける利用で、ポイント還元率がアップするクレジットカードもあります。

特典

自分にとって魅力的な特典が用意されているかも、比較したいポイントです。
例えば、飛行機を利用する機会が多い場合は、ポイントをマイルに移行できるクレジットカードがおすすめです。中には、たまったマイルを特典航空券に交換できるクレジットカードもあります。

付帯保険

クレジットカードを選ぶときは、付帯保険の比較も重要です。特に、旅行に行く機会が多い人は、旅行傷害保険の内容に注目しましょう。
例えば、付帯している旅行傷害保険が「自動付帯」なのか「利用付帯」なのかは、確認が必要です。自動付帯の場合、クレジットカードを持っているだけで保険が適用されます。一方、利用付帯の場合、保険が適用されるのは、対象のクレジットカードで旅行代金を支払ったときのみとなります。

タッチ決済

タッチ決済に対応するかどうかという点も、クレジットカードを選ぶときの比較ポイントです。
券面に「非接触対応マーク」がついているクレジットカードなら、決済端末にカードを差し込んだり、暗証番号を入力したりする必要がありません。決済端末にカードをかざすだけで、スピーディーに支払えます。
なお、タッチ決済に対応するクレジットカードの種類は、各カード会社のWEBサイトで確認できます。

国際ブランド

クレジットカードを選ぶ際には、国際ブランドも比較したいポイントとなります。国際ブランドの中でもシェア率が高いVisaとMastercard®、いずれかのブランドのクレジットカードであれば、国内外で困ることはほとんどありません。しかし、どちらかしか使えないというケースもありますので、複数のクレジットカードを持つなら、VisaとMastercard®の両方を用意しておくといいでしょう。
ちなみに、中国では国際ブランドの銀聯が主流であり、VisaもMastercard®も使えない場合があります。旅行や出張で中国に行く機会がある人は、銀聯のクレジットカードを作っておくのがおすすめです。

ステータス

クレジットカードで社会的地位の高さを証明したいという人は、カードのステータスで選ぶといいでしょう。
ゴールドカードやプラチナカードは、審査において社会的信用も重視されることから、一般カードと比べて、ステータスの高いカードです。ステータスの高いクレジットカードは、高級感のある券面デザインであるものが多くなっています。

タイプ別でみたクレジットカードの選び方

クレジットカードを選ぶときの比較ポイントを学生や主婦、新社会人など、所有する人のタイプ別にご紹介します。

学生・主婦:年会費がポイント

学生や主婦がクレジットカードを選ぶときは、年会費が重要なポイントとなります。特に、アルバイトやパートによる収入がない場合は、年会費がより安いクレジットカードを選ぶといいでしょう。中には、年会費が無料であっても、付帯サービスが充実しているクレジットカードもあります。
例えば、三菱UFJニコスが発行する三菱UFJカード」は、初年度の年会費が無料です。2年目以降の年会費は1,375円(税込)ですが、前年度にショッピングのご利用が1回以上ある場合は、無料となります。
18歳以上なら学生(高校生は除く)でも持つことができますし、年会費が実質無料ですから、初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。ほかにも三菱UFJカードには、下記のような特長があります。

三菱UFJカードは、初年度の年会費が無料で、年に1回でも利用すれば、翌年の年会費も無料になるので、実質無料で使うことができます。タッチ決済にも対応しているので、お支払いもスピーディーです。

また、セブン-イレブンやローソンなどの対象店舗で三菱UFJカードを利用すると、最大19%のポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。詳細は三菱UFJニコス株式会社の「WEBサイト」にてご確認ください。ほかにも、ネットショッピングのポータルサイト「POINT名人.com」を経由してお買い物をすると、カードの基本ポイントに加えてボーナスポイントももらえるので、日常使いでポイントがためやすいでしょう。
※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

MUFGカードアプリ」を活用すれば、WEB明細をスマートフォンでいつでもチェックでき、家計簿をつける手間を省けます。さらに、ご入会から3カ月間はご利用金額の最大1.6%相当のポイントが還元されるほか、ご入会日から2カ月後までに条件を達成すると、最大10,000円相当(グローバルポイント2,000ポイント分)がもらえます。詳細は三菱UFJカードのWEBサイトでご確認ください。
※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

対象店舗のご利用ならお得にポイントがためられる!
ポイントサイト経由でボーナスポイントがもらえる!

三菱UFJカードの特長

  • 年会費が実質無料で利用できる
  • 対象店舗で最大19%のポイントが還元される
  • POINT名人.comを利用すると、ボーナスポイントもたまる
  • MUFGカードアプリのWEB明細を家計簿代わりに使える

※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

新社会人:ステータスの高さを選ぶポイントに加えてみるのもあり

新社会人がクレジットカードを選ぶときは、年会費のお得さのほかに、ステータスの高さをポイントに加えてみることもおすすめです。
ゴールドカードなど、ステータスが高いクレジットカードを選べば、接待費を支払うときなど、ビジネスシーンで社会的地位を証明することが可能です。

三菱UFJニコスの「三菱UFJカード ゴールドプレステージ」は、タッチ決済対応で、ポイントプログラムやグルメセレクションなどのサービスが充実しているゴールドカードです。学生を除く20歳以上の人がお申し込みいただけます。WEBサイトからのお申し込みなら、初年度の年会費が無料になるので、初めてゴールドカードを持つ方でも安心です。

三菱UFJカード ゴールドプレステージは、セブン-イレブンやローソンなどの対象店舗で利用すると、ご利用金額の最大19%のポイントが還元されるキャンペーンを実施中です。また、年間100万円以上利用すると、最大11,000円相当のポイントがプレゼントされます。さらに、グルメセレクションとして、厳選された国内のレストランでコースメニューをおとな2名以上で利用する際に、1名分の料金が無料になるサービスが付帯されているので、ゴールドカードならではの特典をお楽しみいただけます。
※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

三菱UFJカード ゴールドプレステージの特長

  • WEBサイトからのお申し込みで初年度の年会費が無料になる
  • 対象店舗で最大19%のポイントが還元される
  • 年間100万円以上を利用すると、11,000円相当のポイントがもらえる
  • タッチ決済対応で、スピーディーに支払いができる
  • 厳選された国内のレストランにておとな2名以上で利用した場合、1名分の料金が無料になる

※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

ステータスの高さをさらに追及したい人:最高クラスのプラチナカード

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード」は、実用性とステータス性を兼ね備えたプラチナカードです。三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードでは、世界1,400カ所以上で利用できる、空港ラウンジサービス、プライオリティ・パスに無料で入会できます。

また、空港から自宅へ無料配送が可能な手荷物空港宅配サービスなどのきめ細かなサービスを受けられるのは、ランクの高いプラチナカードならではといえるでしょう。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードの特長

  • 24時間・365日のコンシェルジュサービスを利用できる
  • 海外旅行傷害保険で最高1億円まで補償される(海外旅行障害保険の自動付帯分は最高5,000万円)
  • 世界1,400カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できる
  • 空港から自宅までの無料の手荷物空港宅配サービスがある

クレジットカードを比較するときは自分に何が必要なのかを明確に

クレジットカードは多くの種類がありますので、自分に合うカードを選ぶ際には何を比較し、何を重視すべきかを明確にしておくことが大切です。「お得にネットショッピングを楽しみたい」「マイルをためたい」など、自分がクレジットカードに求めることを明確にすれば、比較すべきポイントがわかるはずです。
比較するポイントを明確にして、自分に合ったクレジットカードを選びましょう。

おすすめのクレジットカード

カード名 日常にうれしいを、
将来まで安心を。
オンも、オフも、
いつでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード

年会費

初年度 無料 無料

(オンライン入会限定)

22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の最大19%相当ポイント還元!(※2)
  • 年間ショッピング利用額100万円以上で11,000円相当のポイント還元(2022年7月1日以降の入会者限定)(※1)
  • ご相談に24時間365日対応
  • 厳選されたレストランのコースメニューが1名様分無料に!
  • 国内70以上のホテルで1滞在あたり平均550米ドル相当のご優待
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

1ポイント5円相当の商品に交換の場合

最大19%相当ポイント還元は2024年2月1日(木)~2024年7月31日(水)のご利用が対象

そのほかの
クレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
クレジットカードを選ぶ際に比較するポイントは?
クレジットカードを選ぶ際は、年会費やポイントプログラム、特典、付帯保険などを比較してみることが大切です。そのほか、どの国際ブランドにするか、どのステータスのクレジットカードにするかといったこともクレジットカードを比較する上では大切なポイントといえるでしょう。

詳しくは「クレジットカードを選ぶときに比較したいポイント」をご確認ください。
学生や主婦がクレジットカードを選ぶ際のポイントは?
学生や主婦で、アルバイトやパートによる収入がない場合は、年会費が安いクレジットカードを選ぶといいでしょう。年会費が無料であっても、付帯サービスが充実しているクレジットカードもあります。例えば、三菱UFJニコスが発行する、初年度の年会費が無料の「三菱UFJカード」は、18歳以上の学生(高校生不可)から持つことができ、ポイントもためやすく、付帯サービスが充実しているのでおすすめです。

詳しくは「タイプ別でみたクレジットカードの選び方」をご確認ください。
ステータスの高いクレジットカードを選ぶメリットは?
ゴールドやプラチナなどステータスの高いクレジットカードは、接待費を支払うときなど、ビジネスシーンで社会的地位を証明することが可能です。また、ステータスカードは一般カードよりもポイントがためやすいほか、空港ラウンジが使えたり、補償内容が一般カードよりも充実していたりすることがメリットとして挙げられます。

詳しくは「新社会人:ステータスの高さを選ぶポイントに加えてみるのもあり」をご確認ください。