クレジットカードの基礎知識
2019年10月31日 
(更新:2022年4月25日)

クレジットカードの利用限度額は何で決まる?増額・減額する方法

クレジットカードには利用限度額があります。利用限度額にはショッピング枠とキャッシング枠があり、それぞれの上限はカード会社の規定や本人の利用状況などで決められるのが一般的です。規定の範囲内であれば、上限の増減を希望することもできます。

今回は、クレジットカードの利用限度額の算出方法や、増額・減額する方法についてご紹介します。

クレジットカードの利用限度額とは?

利用限度額とは、ショッピングとキャッシングそれぞれいくらまで使うことができるか、その上限額を示しています。クレジットカードが郵送されてきた際に同封されているカード台紙や、WEBサービスを調べてみてください。どこかに「ご利用可能枠」という記載があるはずです。

カード会社によって記載の仕方は多少異なりますが、次のようなことが書かれています。

<利用限度額>一例

  • ショッピング枠:110万円
  • 内 割賦枠:90万円
  • キャッシング枠:70万円

これはあくまでも例ですので、それぞれの額は人によって違う数字が入っています。

クレジットカードはショッピングに使うだけでなく、いざというときに現金を引き出せるキャッシングにも使えます。

クレジットカードは「何にいくらまで使えるか」が決められている

前項で例として挙げた、クレジットカードの利用限度額。これは「何にいくらまで使えるか」を示したものです。それぞれの項目の意味は次のとおりです。

ショッピング枠

ショッピング枠とは、クレジットカードを使用して買い物できる上限額です。ショッピング枠が110万円であれば、「ネットや店頭のクレジットカードを使った買い物で110万円まで使える」ということになります。

ショッピング枠の利用限度額の上限はカード会社の公式サイトなどに記載されています。

内 割賦枠

内 割賦枠(かっぷわく)とは、ショッピング枠の中にあるボーナス払いやリボ払い、分割払いに使える上限額です。例えば、ショッピング枠が110万円・内 割賦枠が90万円の場合、「ショッピング枠110万円のうち、分割払いやリボ払いに90万円まで使える」ということになります。

キャッシング枠

キャッシング枠とは、クレジットカードを使って現金を引き出すキャッシングに使える上限額を指します。キャッシングとは、お近くの銀行やATMで現金を借り入れできるサービスです。キャッシング枠が70万円の場合、「70万円まで現金を引き出せる」ということになります。

キャッシングできる金額は、賃金業法によって原則「年収の3分の1まで」と定められています。この規則によって定められた金額は、カードの種類やカード会社に関係なく一律です。なお、クレジットカード1枚あたりで年収の3分の1が借りられるのではなく、お手持ちの全てのクレジットカードをあわせて年収の3分の1が借りられます。そのため、複数のクレジットカードを併用している場合は、借り入れできる金額に注意が必要です。

あわせてご覧ください。

クレジットカードの利用限度額、実際にはいくらになる?

先ほどの例では、「ショッピング枠110万円とキャッシング枠70万円の合計180万円」が利用できることになります。ただし「内 割賦枠」については、ショッピング枠に含まれますので、「ショッピングで使える110万円のうち、分割払いなどに使えるのが90万円まで」となります。決して、「先ほどの180万円とあわせて270万円使える」というわけではありません。

利用限度額の仕組みは、カード会社やカードの種類によって異なります。上記は一例ですので、 入会時のカード台紙やWEBサービスなどで利用限度額を必ず確認し、「カードで払おうとしたら使えなかった」ということが起きないように注意しましょう。

三菱UFJニコスが発行する「三菱UFJカード」であれば、WEBサービスやアプリ、電話で簡単に利用限度額を確認できます。利用状況や残高も把握できるので、ぜひ活用してみてください。

★三菱UFJカードの利用限度額の確認方法はこちら
ご利用可能額・可能枠の照会・変更

クレジットカードの利用限度額はどのように決めているの?

■ 枠ごとの利用限度額の算出方法

枠の種類 算出方法
ショッピング枠 職業や年収などの申込者属性情報、社内外信用情報などを統計的な分析を行い、カード会社が算出
内 割賦枠 割賦販売法に従い、年収から生活維持費と年間請求予定額を差し引いた「包括支払可能見込額」に90%を乗じた金額を上限とし、カード会社ごとにその範囲内で設定
キャッシング枠
(金融枠)
貸金業法に従い、借り入れ総額が年収の3分の1を超えないように設定

ショッピングの利用限度額は、職業や年収などの申込者属性情報や社内外信用情報などに対して統計的な分析を行い、その結果にもとづいてカード会社が算出します。割賦枠とキャッシング枠は、それぞれ「割賦販売法」と「貸金業法」という法律にもとづき、申込者の支払能力、返済能力を調査した上で限度額を算出しています。

割賦枠は、まず申込者の年収から1年間で必要な生活維持費、および年間請求予定額を差し引き、「その人がいくらまでならカードの支払いにあてる余力があるか」という金額(包括支払可能見込額)を算出します。そこに経済産業大臣指定の割合である90%を乗じた金額が割賦枠の上限となり、その範囲内で割賦枠の限度額が設定されます。

どのカード会社に申し込んでも、算出される包括支払可能見込額は変わりませんが、カード会社ごとに枠のしくみは異なりますので、割賦枠の限度額は必ずしも同じにはなりません。

キャッシング枠は、貸金業法で年収の3分の1以上の貸し付けが禁止されているため、借り入れ総額が年収の3分の1を超えない範囲で設定されます。なお、借り入れ総額は他社もあわせて3分の1を超えないように設定されますので、複数のカード会社に申し込んでも、キャッシング枠の合計が増えるわけではありません。

クレジットカードの利用限度額の平均

クレジットカードの利用限度額は、発行するカード会社やカードの種類、本人の信用情報などによって決まるため、平均を一概にいうことはできません。ただし、クレジットカードのランクが高いほど、ショッピング枠の利用限度額が増える傾向があります。

三菱UFJニコスが発行するクレジットカードの場合、ランクに応じて以下のように利用限度額が定められています。

■ 枠ごとの利用限度額の算出方法

カードの種類 利用限度額
三菱UFJカード 10~100万円(内リボ払い・分割払い:10~100万円)
三菱UFJカード ゴールドプレステージ 50~300万円(内リボ払い・分割払い:50~100万円)
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード 50〜500万円(内リボ払い・分割払い:150~100万円)

減ったクレジットカードの利用限度額はいつ復活する?

クレジットカードの利用限度額は、ショッピングとキャッシングの総額の上限になります。

1回払いや分割払いなどを含めたショッピング枠とキャッシング枠それぞれに上限額が決められていますが、たとえその額の範囲内であっても、全ての利用総額は「クレジットカードそのものの利用限度額」を超えることはできません。つまり、ショッピングでもキャッシングでも、クレジットカードを使えば利用限度額はその分だけ減っていくというわけです。

利用限度額は請求分が引き落とされると復活する

利用限度額が復活するのは、支払日に前月分の請求額が引き落とされた後です。利用限度額の増減の幅とタイミングには、以下3つの要素が関係しています。

<利用限度額が増減するタイミング>

  • クレジットカードを使った日
  • クレジットカード利用の締め日
  • 利用分が口座から引き落とされる支払日

15日締め翌月10日払いの場合を例に見てみましょう。

まず、買い物などでクレジットカードを使うと、利用するたびに利用限度額が減っていきます。そして、締め日の15日になると、前月16日から当月15日までの利用額がとりまとめられ、請求手続きに移ります。

締め日を過ぎた後も、クレジットカードを使うたびに利用限度額が減っていきますが、枠の残額がマイナスにならなければ、問題なく利用できます。支払日に前月分の請求額が全て引き落とされると、精算完了です。支払った分だけ利用限度額が復活し、再びショッピングやキャッシングに使えるようになります。

勘違いしやすいのは、「支払いが完了して利用限度額が復活する」という点です。クレジットカード利用の締め日を過ぎたからといって利用限度額が復活するわけではありません。また、支払日に残高不足で引き落としができないと支払遅延となり、利用限度額の復活どころか、クレジットカードそのものが使えなくなってしまうこともありますので、くれぐれもご注意ください。

分割払い・リボ払いは利用限度額が復活しにくい

支払総額を数回に分けて支払う分割払いやリボ払いは、手数料はかかるものの毎月の負荷が軽いため、利用している人も多いかもしれませんが、利用限度額が全て復活するまでに時間がかかります。

例えば、10万円のものを元金10,000円+手数料を毎月支払うリボ払いで購入すると、最初の月に復活する利用限度額は10,000円だけ。残り90,000円分は、利用限度額が減ったままです。
このような支払いが増えると、利用限度額の圧迫につながります。「分割払い・リボ払いにあといくら利用できるか」は、各カード会社の会員専用サイトで確認できますから、こまめにチェックしながら利用してください。

クレジットカードの利用限度額を超えるとどうなる?

クレジットカードの利用限度額を超えてしまった場合、即座にそのクレジットカードは利用できなくなります。再び利用できるようになるのは、前月までの利用分が引き落とされ、利用限度額が復活したときです。

高額な買い物が続いている場合は、クレジットカードのご利用可能額を確認しながら利用しましょう。

クレジットカードの利用限度額を増やす方法

クレジットカードを契約した当時の設定、つまり初期状態のままで使っている人も多いでしょう。しかし、クレジットカードの利用限度額は、実は増やすことができます。

利用限度額が低いままでは、大きな買い物をした後に旅行するといったときに、クレジットカードを使えなくなってしまいます。上限まで使うかは別として、クレジットカードの利用限度額は高いに越したことはないでしょう。

クレジットカードの利用限度額を増やす方法は主に4つあります。

①クレジットカードをランクアップする

クレジットカードには多くの種類があり、それぞれ特長や機能が異なります。また、一般カードからゴールド、プラチナと、クレジットカードのランクが上がるにつれて、利用限度額も高くなります。もちろん、ランクを上げるにはカード会社の審査が必要で、それに通らなければ新たなクレジットカードを作ることはできません。

しかし、クレジットカードを作った頃に比べて年収も増えているなら、ランクを上げるチャンスです。この機会に、ワンランク上のクレジットカードを検討してみるのもいいでしょう。

例えば三菱UFJカードの場合、一般カードでは最大100万、ゴールドプレステージでは最大300万、プラチナでは最大500万というように、ランクが上がるにつれて利用限度額が上がります。

②増額申請で利用限度額を引き上げる

カード会社に増額申請をすることで、クレジットカードの利用限度額を高くできることがあります。この場合、改めてクレジットカードの利用状況や信用情報の調査を受けて問題なければ、利用限度額の増額が可能です。海外旅行や結婚式の費用の支払いなどで一時的に増額できれば良いという場合には、「一時増枠」という方法で対処できることもあります。

三菱UFJカードであれば、WEBサービスまたは電話にて利用限度額の増額申請ができます。ただし、増額するには数日〜数週間の審査期間があり、状況に応じては増額できなかったり、希望どおりの金額にはならなかったりする場合もあるので注意が必要です。

★三菱UFJカードにおける利用限度額の増額申請はこちら
ご利用可能額・可能枠の照会・変更

③利用限度額の一時増額を申請する

引っ越しや旅行、結婚式など、クレジットカードの限度額を短期間だけ増やしたい場合は、カード会社に連絡をして、一時的に利用限度額の増額を申請することができます。

その場合、カード保有者本人がカード会社に連絡をしなければなりません。また、カード会社によって対応は異なりますが、基本的に一時増額であっても審査が必要です。なおカード会社の審査結果によっては、割賦枠は増額ができず、一回払いのみ増額が可能な場合もあります。

また、一時増額には「期限」が存在し、期限を過ぎると増額が適応されなくなります。一定期間後はこれまでの利用限度額に戻ってしまうので、増額が適応される期間をあらかじめ確かめておきましょう。

④利用状況に応じてカード会社の基準により枠が増える

クレジットカードの利用状況に応じて、利用限度額が勝手に上がる場合もあります。クレジットカードの利用状況や滞納の有無などの調査にもとづいて、カード会社側が「限度額を増額しても、安全にクレジットカードを利用できる」と判断した場合、会社が利用限度額を増額することもあるのです。

利用額が自動的に上がることで、申請の手間や審査にかかる時間を省けるため、一時的に利用金額が増えてしまったときにも安心です。「利用限度額を上げたいときは、手続きをしないといけない」というイメージがあるかもしれませんが、何も申請せずとも勝手に上がるケースがあることを把握しておきましょう。

クレジットカードの利用限度額を減らす方法

クレジットカードの利用限度額は、引き下げることも可能です。不正利用の被害抑制や使いすぎ防止のために、クレジットカードの利用を抑えたいときに役立ちます。

クレジットカードの利用限度額を減らすには、会員ページから申し込む方法や、コールセンターなどに電話で問い合わせる方法があります。カード会社によって方法が異なりますので、利用限度額の減額を検討している場合にはカード会社のWEBサイトを確認しましょう。

三菱UFJカードであれば、WEBサービスや電話にて利用限度額の減額を申請できます。

★三菱UFJカードにおける利用限度額の減額申請はこちら
ご利用可能額・可能枠の照会・変更

クレジットカード利用限度額の確認方法

クレジットカードの利用限度額は、WEBサイトの会員ページや毎月送られてくるご利用代金明細書に記載されています。また、カード会社によっては、自動音声応答サービスなどで利用限度額が確認できる場合もあります。ご利用可能枠の欄に、現在の利用額などとあわせて内訳が明記されていますので随時確認して、利用限度額を超えないように注意しましょう。

三菱UFJカードであれば、WEBサービスやアプリ、電話で簡単に利用限度額を確認できます。

★三菱UFJカードの利用限度額の確認方法はこちら
ご利用可能額・可能枠の照会・変更

利用限度額は最大100万円!年会費もポイント還元率もお得な三菱UFJカード

三菱UFJカード

将来まで変わらない安心と便利を。

年会費

1,375円(税込)

初年度年会費無料
2年目以降は年1回の利用で無料
学生は在学中無料

ポイント還元率

0.4%

キャッシュバック選択時

ポイント優遇
  • 入会後3ヶ月は3倍!
  • 月3万円以上利用で1.2倍!
  • 月10万円以上利用で1.5倍!
  • POINT名人.comのご利用で賢く、お得にポイントがたまる!
交換可能
ポイント
  • 楽天ポイント
  • Tポイント
  • JALマイレージバンク
  • …等

2021年に三菱UFJニコスが発行を開始したクレジットカード、「三菱UFJカード」は、利用限度額は最大100万円で、付帯サービスが充実しています。

例えば、タッチ決済(VisaまたはMastercard®)に対応しており、サインや暗証番号の入力が不要になるため、お支払いにかかる時間や手間を減らせます。また、会員番号や有効期限といったカード情報が裏面に記載されているため、盗み見などのリスクを減らすことができ、セキュリティ面でも安心です。
ほかにも三菱UFJカードには、下記のような特長があります。

年会費が実質無料な上、学生でも利用できる

三菱UFJカードは、初年度の年会費が無料です。2年目以降の年会費は1,375円(税込)ですが、前年度にショッピングのご利用が1回以上ある場合は、無料となります。

18歳以上なら学生(高校生は除く)でも持つことができ、年会費が実質無料のため、初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。

クレジットカードを使うほどポイント還元率がアップする

三菱UFJカードのポイントプログラムには、月間のショッピングご利用金額に応じて、当月の獲得ポイントが優遇される、グローバルPLUSというサービスがあります。例えば、三菱UFJカードの一般カードを使った場合、ショッピングにおいて月間で3万円以上10万円未満の利用で10%のポイント追加、10万円以上利用で20%分が加算されるシステムで、クレジットカードを利用するほどお得です。

たまったポイントは、人気家電やグルメ、ビジネスに欠かせない商品と交換したり、提携航空会社のマイルや他社のポイントに交換したりすることができます。

また、いつものネットショッピングの際にPOINT名人.comを経由してお買い物いただくと、カードの基本ポイントに加えてボーナスポイントがもらえますので、日々のお買い物で賢くポイントがためられるでしょう。

クレジットカードの不正利用による被害を全額補償

三菱UFJカードでは、24時間365日利用状況をチェックしています。クレジットカードが不正に利用され、心当たりのない請求が来た場合でも、三菱UFJカードなら不正利用による被害を全額補償してくれるので安心です。不正利用が疑われる場合は、三菱UFJニコスに連絡して、クレジットカードの利用を停止し、新しいクレジットカードを発行してもらうようにしましょう。

なお、クレジットカードの不正利用において、他人にクレジットカードを貸したなど利用者側に重大な落ち度があった場合は、補償の対象外となることがあります。

クレジットカードの利用状況を知り、余裕を持って使いこなそう

クレジットカードの利用限度額は、ショッピングとキャッシングの区分のほか、支払日との兼ね合いもあり、常に増減します。正確な額を把握するのは難しいものですが、いざというときに使えなかったら、「知らなかった」では済みません。定期的にカード会社の会員ページで、現状を確認しておくようにしましょう。

もし利用限度額が低くて使いにくいと感じたら、利用限度額の増額あるいはクレジットカードのランクアップを考えてみましょう。利用限度額が大きくなれば、大きな買い物や旅行などのときも、余裕を持ってクレジットカードを使うことができるはずです。

おすすめのクレジットカード

カード名 将来まで変わらない
安心と便利を。
オンも、オフも、
いつまでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
年会費 初年度 無料 無料 22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • 使うほどにポイント還元率アップ
  • 不正被害を全額補償
  • タッチ決済対応
    ※Visa/Mastercard®のみ
  • 国内空港ラウンジ無料
  • 厳選されたレストランで1名様分無料
  • 旅行もショッピングも充実の付帯保険
  • プラチナ・コンシェルジュ
  • 厳選ホテルのご優待
  • 世界最大の空港ラウンジプログラム「プライオリティ・パス」
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

そのほかのクレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
クレジットカードの利用限度額とは?
クレジットカードの利用限度額とは、クレジットカードを利用できる最高金額のことです。クレジットカードは「何にいくらまで使えるか」が決められています。

詳しくは「クレジットカードの利用限度額とは?」をご確認ください。
クレジットカードの利用限度額はどのようにして決めているの?
クレジットカードの利用限度額は、職業や年収、信用情報などをもとにカード会社が算出します。また、割賦枠とキャッシング枠は「割賦販売法」と「貸金業法」という法律にもとづいて決められています。

詳しくは「クレジットカードの利用限度額はどのように決めているの?」をご確認ください。
減ったクレジットカードの利用限度額はいつ復活する?
クレジットカードの利用限度額は、利用分が引き落とされると復活します。クレジットカード利用の締め日に前月分の利用額がとりまとめられますが、利用分を引き落とす支払日に請求額が引き落とされるまでは復活しません。また、引き落とし日に請求額が引き落とされないと、クレジットカードの利用ができなくなります。

詳しくは「減ったクレジットカードの利用限度額はいつ復活する?」をご確認ください。
クレジットカードの利用限度額はどのように確認するの?
クレジットカードの利用限度額は、会員ページや毎月送られてくるご利用代金明細書に記載されています。また、三菱UFJニコスが発行する「ニコスUFJカード」であれば、WEBサービス、アプリや電話で簡単に利用限度額を確認できます。

詳しくは「クレジットカード利用限度額の確認方法」をご確認ください。
三菱UFJカード 入会特典!最大11,000円分!使うほどに還元率アップ!入会後3ヶ月はポイント3倍