クレジットカードの不安解消
2019年10月31日 
(更新:2022年7月1日)

クレジットカードが使えない!エラーで支払いできない理由と対処法

「クレジットカードが使えない!」。そんな経験を持つ人も多いのではないでしょうか。このような状況はとても困りますし、何より恥ずかしくもあります。

そんなことにならないよう、クレジットカードが利用できなくなる理由と、その対処法について紹介します。

シーンによってクレジットカードが使えない原因は異なる

つい数日前まで当たり前のように使えていたクレジットカードが、ある日突然使えなくなったという経験をした人もいるのではないでしょうか。クレジットカードが使えなくなった場合、さまざまな原因が考えられます
また、使えなくなった場所が実店舗なのか、それともネットショップなのかによっても、それぞれ異なる原因が考えられます。
クレジットカードが利用できなくなる要因をあらかじめ知っておき、それをできるだけ避けることが賢明です。

実店舗でクレジットカードを使えない場合の理由

実店舗でクレジットカードが使えない原因の図

実店舗では、クレジットカードの利用制限以外にも、カードの汚れや機械の不具合による読み取り不良など、物理的な原因でエラーになることがあります。

それら、多種多様な原因の中から、実店舗でクレジットカードを使えなくなる主な理由を挙げてみましょう。

1 クレジットカードの有効期限が切れている

意外と忘れやすいのが、クレジットカードの有効期限です。期限切れのクレジットカードは、エラーになり、使うことができません。カード表面に「05/22」と記載があれば「2022年5月」が有効期限で、この期限を過ぎたクレジットカードは使うことができません。
クレジットカードの有効期限が近くなると、新しいカードが自宅に郵送されます。「後で入れ替えればいいや」と放置しておくと、このような事態を招いてしまいかねません。新しいクレジットカードが届いたら古いカードと入れ替え、問題なく使えることを確認したのち、古いカードはハサミで裁断するなどして処分してください。

2 支払いの遅延があり、利用が停止されている

カード会社から請求された支払額が残高不足で引き落としできなかった場合、一時的にクレジットカードが利用停止になります。この場合、請求額分をカード会社の指定する口座に振り込んだり、再度の引き落としの前に必要な額を引き落とし口座に入金したりする必要があります。一般的に、カード会社が入金を確認してから、翌営業日には利用が再開されます。

支払遅延は、いわば「借りたお金を返済期日に返さない」ということで、履歴として残り、信用情報にも関わってきますから、できるだけ避けたいもの。引き落とし口座に十分な額が残っているかどうか、支払日の前には確認するようにしましょう。

3 利用限度額を超えてしまっている

クレジットカードには利用限度額が設定されており、その額を超えて使うことはできません。短期間のうちに立て続けにクレジットカードで買い物をしたり、高額なものを購入したりすると、利用限度額を超えてしまう可能性があります。

例としてよくあるのが「結婚」です。結婚式関連の費用や新居の家具などをクレジットカードで支払っていくと、あっという間に利用限度額に達してしまい、カードが使えなくなってしまうことがあります。
このようなときは、事前にカード会社に連絡すれば、利用限度額を一時的に増額する「一時増枠」という手続きをとることが可能です。増額できるかどうかはケースバイケースですが、一時的に利用限度額を増やすことができれば、利用限度額に余裕を持って新居用の買い物ができます。

4 利用したいクレジットカードの国際ブランドに店舗側が対応していない

クレジットカードの国際ブランドとは、世界中で決済システムを提供しているブランドのことで、代表的なものにVisaやMastercard©などがあります。国際ブランドは、この決済システムのライセンスをカード会社に発行しており、店舗側が国際ブランドの決済システムを導入することで、その国際ブランドと提携しているクレジットカードでの支払いができるようになります。例えば、Visaのみと提携している店舗では、国際ブランドがMastercard©のクレジットカードは利用できない、ということになるのです。

店舗の入り口やレジ付近に、その店舗で利用できる国際ブランドのマークが掲示されていますので、自分が持っているクレジットカードが利用できるかどうか、事前に確認するといいでしょう。

5 暗証番号の入力を間違えている

店舗でクレジットカードを利用する際、クレジットカード保有者本人であるかどうかの確認のために、暗証番号を入力することがあります。この暗証番号を間違えるとクレジットカードは利用できません
こうした事態を防ぐためにも、暗証番号は忘れずに、そして第三者に知られないように管理することが重要です。

6 クレジットカードの会員規約に違反している

クレジットカードの利用に関しては、各カード会社が会員規約を定めています。この会員規約に違反した行為が判明した場合、カード会社は、そのクレジットカードの利用を停止したり、強制的に解約したりすることがあります。
例えば、家族や親しい友人であっても、クレジットカードを貸与することはできません。また、近年では、「クレジットカードのキャッシング枠の現金化」が問題になっています。これは、現金を入手するために、クレジットカードのショッピング枠を利用する方法です。転売目的で高額な商品を購入したり、現行の紙幣や貨幣をクレジットカードで購入したりして現金を入手しますが、各カード会社ではこうした行為を禁止しています。

7 クレジットカードそのものの異常や不具合

クレジットカードの経年劣化などによって、カード表面に記録されている磁気ストライプが劣化し、読み取れなくなることがあります。

ICチップが埋め込まれている最近のクレジットカードでは、カード表面の接点の汚れや、ICチップそのものの破損で読み取れなくなるケースがあります。ICカードが読み取り不可となったら、まずICチップの接点部分を柔らかい布で拭き、汚れを落として再度試してみてください。

コンビニのレジなどでクレジットカードが読み込めず、カードそのものに問題があるとなれば、カード会社に連絡して新しいカードを発行してもらうしかありません。ただしその前に、クレジットカードが使えなくなる原因がほかにないか、十分確認するようにしましょう。

8 店舗の端末が故障している

滅多にないことですが、店舗の決済端末が故障していて、クレジットカードが読み取れないという可能性もあります。特定のカードだけでなく、クレジットカード全般が読み取れない場合は、店舗側に原因があると考えていいでしょう。

また、決済端末の中には、無線で親機と通信するタイプのものがありますが、通信状況によっては処理に時間がかかったり、処理そのものが時間切れになってしまったりすることがあります。

いずれにしても、店舗側の問題でクレジットカードが使えないのであれば、自分ではどうすることもできません。

ネットショップでのエラーの多くは入力ミス

実店舗と違い、ネットショップでは「カードを端末で読み込む」という作業がありません。ですから、クレジットカードの汚れや決済端末の故障といった、物理的なトラブルが起こることはありません。その代わりに多いのが、入力漏れや入力ミスです。

ネットショップの購入画面では、クレジットカード番号をはじめ、さまざまな情報を入力します。いずれも、入力しないと決済や配送に支障が出る大切な情報です。ですから、未入力の欄を残したまま次に進もうとすると、「◯◯を入力してください」とアラートが出るようになっています。

ところが、このアラートが見づらかったり、ユーザーが入力漏れに気付かなかったりすると、「ネットショップで買い物しようとしたが、できなかった」という印象だけが残ることになります。

もちろんこれは、クレジットカードの問題とは無関係です。ですが、「ネットショップで買い物ができない」というケースの原因の多くは、クレジットカードそのものとは無関係のところにあります。それを踏まえて、ネットショップで起こりやすいクレジットカードのエラーを見ていきましょう。

1 カード番号とセキュリティコードの入力間違い

ネットショップでクレジットカードを使う場合、入力した情報に少しでも誤りがあれば利用できません。全ての情報を正確に入力することが求められますが、カード番号は桁数が多く、入力するだけでも大変です。そのため、入力ミスが一番起こりやすい箇所といえるかもしれません。

カード番号以外にも間違いやすいのが、クレジットカードに記載してある「セキュリティコード」です。通常はカード裏面の署名欄の脇に3桁で印字されていますが、アメリカン・エキスプレス®の場合は、表面に4桁で印字してあるなど、国際ブランドによって記載されている場所は異なります。

2 有効期限の入力間違い

クレジットカードには、表面にカードの有効期限が刻字されています。西暦年月の下2桁を「月/年」という形で表記するのがルールで、例えば、2022年5月まで有効のカードであれば「05/22」となります。
ネットショップの入力画面ではそのままの形で入力すればいいのですが、「22年の5月」という意識が働くためか「22/05」と逆に入力してしまい、エラーになるケースもあります。
現在、多くのネットショップでは、プルダウンメニューから年月を選ぶタイプが主流となっていますので、年と月を間違えるミスは大幅に減ってきています。しかし、今でも手入力のネットショップはありますので、注意が必要です。また、1月から9月の数字を手入力する際は、「01」や「09」など、0を加える必要がある場合もあります。

3 意外と多い、自分の名前の入力間違い

「さすがに自分の名前は間違えない」と思っていても、入力ミスをしていることがあります。
名前は、大文字・小文字の区別や姓と名の順番など、クレジットカードに刻字されたとおりに入力しないとエラーになってしまいますから、くれぐれも注意してください。例えば「洋子」は、アルファベットでは「YOKO」と表記することが多いかもしれませんが、クレジットカードに「YOUKO」と表記されていたら、そのとおりに入力しなければなりません。情報は「クレジットカードの記載どおりに入力」が基本です。

不正利用の疑いがある場合はカード会社の判断でカードが使えなくなることも

ここまで紹介してきたこと以外の理由ではカード会社の判断でクレジットカードを利用不可にすることがあります。それは、何らかの形でクレジットカードが不正に利用されている疑いがある場合です。

カード会社は、自社が発行したクレジットカードに不審な取引がないか常に監視しています。その体制は会社によって差はあるものの、不正利用の防止と顧客保護が目的であることは共通しています。そして、クレジットカードの不正利用が疑われる取引を発見すると、カード会社の判断でカードの利用を停止する場合があります。

では、どのようなときに不正利用の疑いがあると判断されるのでしょうか?一口に、「不正利用の疑いがある」といっても、その内容はさまざまです。いくつかの例を挙げてみましょう。

いつもの利用傾向と違う利用があった場合

いつも数千円の利用の人が急に数十万円の利用をしたり、国内ばかりの利用であったのに海外で頻繁に利用するようになったりなど、いつもの利用傾向と違う利用があったときは、不正利用の疑いがあると判断されることがあります。

不正利用の多い店舗での買い物

たとえ少額利用であっても、不正利用が多発している店舗でクレジットカードが利用されると、不正利用の疑いがあると判断されることがあります。

その他、不正利用が疑われる場合

振り込め詐欺やネット詐欺と同様、クレジットカードの不正利用は巧妙化し、絶えず新たな手法が生み出されています。そこで、顧客保護の観点から、上記以外のケースであっても、不正利用の疑いがあると判断された場合には、クレジットカードが使えなくなる場合があります。

通常、カード会社の判断でクレジットカードの利用を止められた場合は、カード会社から契約者に連絡があるのが一般的ですが、連絡が来ないとき、あるいは気になることがあるときは、契約者側から問い合わせてみてもいいでしょう。もしかしたら、まったく別の理由でクレジットカードが使えなくなっている可能性もあるからです。

クレジットカード決済のトラブルを防ぐための対策

クレジットカード決済のトラブルを防ぐには、クレジットカードを利用できなくなる理由を理解することが大切です。

例えば、クレジットカードが破損しないように保管する、カード番号や暗証番号といったクレジットカードの情報が漏洩しないように気をつける、支払遅延が起こらないようにするなど、普段の生活で少し注意するだけで、クレジットカード決済のトラブルを防ぐことができます。
また、クレジットカードを複数保有する場合は、異なる国際ブランドにしておけば、使おうと思っていたクレジットカードが店舗で対応していなかったときでも、ほかのクレジットカードで支払いができます。

もし、クレジットカード決済のトラブルの原因が解決できなかったり、わからなかったりした場合は、速やかにカード会社に連絡しましょう。

カードの不正利用は全額補償!年会費やポイント還元率がお得な三菱UFJカード

三菱UFJカード」は、2021年に三菱UFJニコスが発行した最新のクレジットカードです。タッチ決済(Visa、Mastercard®、JCB)に対応しており、サインや暗証番号の入力が不要になるため、お支払いにかかる時間や手間を減らせます。また、会員番号や有効期限といったカード情報が裏面に記載されているため、盗み見などのリスクを減らすことができ、セキュリティ面でも安心です。

三菱UFJカード

日常にうれしいを、将来まで安心を。

年会費

1,375円(税込)

初年度年会費無料
翌年度以降は、前年度の年間ショッピングご利用が1回以上で年会費無料
学生は在学中無料

ポイント優遇
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の5.5%還元!
  • 入会後3ヶ月は最大1.6%相当を還元!
サービス
  • タッチ決済対応
    (Mastercard®/Visa/JCB)
  • 不正利用防止のため24時間365日モニタリング
ポイント還元率

0.5%

1ポイント5円相当の商品に交換の場合

年会費が実質無料な上、学生でも持つことができる

三菱UFJカードは、初年度の年会費が無料です。2年目以降の年会費は1,375円(税込)ですが、前年度にショッピングのご利用が1回以上ある場合は、無料となります。
18歳以上なら学生(高校生は除く)でも持つことができますし、年会費が実質無料ですから、初めてのクレジットカードとしてもおすすめです。

特定のコンビニでは5.5%相当が還元される

セブン-イレブンとローソンで三菱UFJカードを利用すると、基本ポイント0.5%に加え、スペシャルポイントとしてご利用金額の5%相当が還元されるので、コンビニでのお買い物でお得にポイントをためられます。

ご入会から3カ月間は最大1.6%相当のポイントが還元される

三菱UFJカードは、ご入会から3カ月間はご利用金額の最大1.6%相当のポイントが還元されます。さらに、ご入会日から2カ月後までに条件を達成すると、最大10,000円相当(グローバルポイント2,000ポイント分)がもらえます。詳細は三菱UFJカードのWEBサイトでご確認ください。

また、いつものネットショッピングの際にPOINT名人.comを経由してお買い物いただくと、カードの基本ポイントに加えてボーナスポイントがもらえますので、日々のお買い物で賢くポイントがためられるでしょう。

クレジットカードの不正利用による被害を全額補償

三菱UFJカードでは、24時間365日利用状況をチェックしています。クレジットカードが不正に利用され、心当たりのない請求が来た場合でも、三菱UFJカードなら不正利用による被害を全額補償してくれるので安心です。不正利用が疑われる場合は、三菱UFJニコスに連絡して、クレジットカードの利用を停止し、新しいカードを発行してもらうようにしましょう。
なお、クレジットカードの不正利用において、他人にクレジットカードを貸したなど利用者側に重大な落ち度があった場合は、補償の対象外となることがあります。

日頃の気配りと速やかな解決で、快適なカードライフを

使いたいときにクレジットカードが使えないのは、本当に不便なものです。現金で支払う場合には、持ち合わせが足りなければ銀行やコンビニATMに走らなくてはなりません。こうしたことのないように、利用限度額や毎月の請求額、引き落とし口座の残額などには、常に気を配っておきましょう。

「心当たりがないのにカードが使えない」という場合には、カード会社に直接問い合わせてみるのが一番の近道です。何らかのトラブルがあるのなら速やかに解決して、快適なカードライフを取り戻してください。

おすすめのクレジットカード

カード名 日常にうれしいを、
将来まで安心を。
オンも、オフも、
いつでも変わらない輝きを。
日常から特別な時まで、
最高クラスのおもてなしを。
三菱UFJカード 三菱UFJカード
ゴールドプレステージ
三菱UFJカード
プラチナ・アメリカン・
エキスプレス®・カード
年会費 初年度 無料 無料

(オンライン入会限定)

22,000円(税込)
次年度以降

年1回の利用で翌年も無料

11,000円(税込)

22,000円(税込)

特長
  • セブン-イレブン、ローソンで利用金額の5.5%還元!
  • 入会後3ヶ月は最大1.6%相当を還元!(※)
  • 年間ショッピング利用額100万円以上で11,000円相当のポイント還元(2022年7月1日以降の入会者限定)(※)
  • 専任スタッフが24時間対応
  • 厳選されたレストランのコースメニューが1名様分無料に!
  • 国内70以上のホテルで1滞在あたり平均550米ドル相当のご優待
最短発行期間 最短翌営業日 最短翌営業日 最短3営業日

※1ポイント5円相当の商品に交換の場合

そのほかのクレジットカードを探す

カード種類・国際ブランドを選択のうえ、
お申し込みフォームへ進んでください。

よくある質問
実店舗でクレジットカードが使えなくなる原因は?
クレジットカードが使えなくなる原因として、クレジットカードの有効期限が切れている、支払遅延により利用が停止されている、利用限度額を超えてしまっていることなどが挙げられます。実店舗で利用する場合は、クレジットカード自体が読み取りにくくなっていたり、店舗の端末が故障していたりすることも考えられるでしょう。

詳しくは「シーンによってクレジットカードが使えない原因は異なる」をご確認ください。
ネットショップでクレジットカードが使えない理由は?
ネットショップでクレジットカードが使えない原因としては、カード情報の入力間違いによってエラーが出ていることが挙げられます。カード情報を入力する際には、カード番号やセキュリティコードのほか、カードの有効期限、氏名を入力した後、必ず見直しをするようにしましょう。

詳しくは「シーンによってクレジットカードが使えない原因は異なる」をご確認ください。
クレジットカードが使えないときはどうしたらいい?
クレジットカードが不正利用されている疑いがある場合、カード会社の判断で利用を停止することがあります。その場合は、カード会社から契約者に連絡が入るのが一般的です。連絡が来ないときは、そのほかの原因でクレジットカードの利用が停止されている可能性が高いでしょう。
シーンによってクレジットカードが使えなくなる原因と対処法は異なりますので、疑わしい原因から対処していくことをおすすめします。

詳しくは「シーンによってクレジットカードが使えない原因は異なる」をご確認ください。
三菱UFJカード 新規ご入会特典 最大10,000円相当(グローバルポイント2,000ポイント)プレゼント!