• 三菱UFJニコスについて
  • 企業姿勢・ポリシー
  • CSRへの取り組み
  • ニュースリリース
  • 採用情報

ごあいさつ

代表取締役社長 石塚 啓

「いつの時代も、お客さま本位で」

平素は弊社に格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。

ご承知の通り、わが国の経済環境は、長く緩やかな景気拡大が続いておりますが、賃金動向等に依然と先行きの不透明感があり、個人消費の回復は未だ道半ばの状況です。

こうしたなか、東京オリンピック・パラリンピックが刻々と近づいてきます。弊社は、2020年以降も視野に、お客さまのより豊かで快適な暮らしや社会の発展に向け、今何をなすべきか、どうあるべきかを念頭に、迅速・的確な取り組みを重ねることが肝要と考えております。

一方、「AI」や「IoT」といったICT(情報通信技術)の進展が加速し、お客さまの利便性や組織の生産性を飛躍的に向上させ、新たな時代の扉を象っていきます。決済インフラ(基盤)の一端を担う弊社は、デジタル化によるサービス開発にも注力し、新たな価値創造へと不断の努力を続けて参ります。

昨年4月公表の政府の「キャッシュレス・ビジョン」においては、キャッシュレス決済比率を2025年までに40%、将来的には80%まで高める目標が掲げられております。このフィールドで、永年のノウハウ・経験を有する弊社が果たすべき役割は益々大きくなっていると実感致します。

弊社は、三菱UFJフィナンシャル・グループの中核会社として、いつの時代でもお客さま本位で真心を込めたサービスを提供し、安全・安心・快適なキャッシュレス環境を整えていきたいと考えております。

また、株主である三菱UFJフィナンシャル・グループとの連携を強化し、さらに、農林中央金庫・JAバンク、地方銀行ならびに事業法人等の皆さまとのパートナーシップを深めて参ります。

お客さま本位をベースに、新たな時代への新たな価値創造へ、常に進化を見据える弊社の次の一歩に、どうかご期待を賜りますよう、お願い申し上げます。

2019年6月26日
三菱UFJニコス株式会社
代表取締役社長
石塚 啓
このページの先頭へ