• 検索
  • MENU

従業員とともに

人材の育成

当社では、すべての人事制度の中に「人材育成」の考え方が反映されています。
育成の機会は、大別して、各職場における日々の業務の中でのOJT(on the job training)と、研修・自己啓発など業務外におけるOFF-JT(off the job training)の2種類があります。

入社 → OJT ◇評価 ◇異動 ◇昇格 ◇任用・登用 ◇ジョブローテーション ◇出向 e.t.c. 育成機会 OFF-JT ◇研修 ・階層別研修 ・選択・スキル研修 ◇自己啓発 ・Eアカデミー ・オンライン研修 ・通信教育 ・資格取得奨励 e.t.c. → 一人ひとりの成長

育成機会(OJT)

OJTでは、日々の業務遂行における仕事や上司・同僚・後輩等との関わりを通じて、知識・スキルの習得が図られるとともに、気づきの機会としての人事評価や、キャリア形成のための人事異動やジョブローテーション、昇格・任用などを通じて、中長期的な人材育成が行われています。

育成の流れ 項目 日常業務 人事評価 人事異動・出向 ジョブローテーション 自己申告 昇格・任用 行動 ・業務遂行 ・業務指導 ・後輩指導 ・振り返り ・今後の目標設定 ・新たな業務の習得 ・後進指導 ・期待役割 ・高度化 育成 ・知識・スキル ・部下指導力 ・成長確認 ・課題把握 ・目標設定 ・多様な業務経験 ・キャリア形成 ・部下指導力 ・難易度向上 ・やりがい醸成

育成機会(OFF-JT)

OFF-JTでは、OJTで習得困難な意識・知識・スキルの習得を行います。
階層別研修や選択研修などの集合研修と、通信教育や資格取得奨励金制度などの自己啓発の2種類で成り立っています。

対象 マネジメント層 役付者 S/A(一般/主任) 新入社員 <集合研修> 階層別 部拠点長研修 次長研修 階層別マネジメント研修 新入社員研修(入社時研修)(フォロー研修) 選択・スキル スキルアップ研修 外部派遣 <自己啓発> 業務知識 マネジメントBook 業務手順書等 テーマ別 Eアカデミー オンライン研修 支援制度 通信教育 資格奨励

ダイバーシティ推進

三菱UFJニコスでは、2016年に人事部内組織としてダイバーシティ推進室を設置しました。
「誰もが自分らしくやる気をもって活躍し、互いに高めあうことのできる職場の実現」を基本方針として、従業員の働きやすさ、働きがいの向上に向けて企業風土の醸成を推し進めています。

人事部ダイバーシティ推進室の発足にあたり、ダイバーシティやキャリア形成などについて社員の意見を聞くために、インタビューや座談会を開催し、計40回、200名が参加しました。
意欲・実力ある女性社員のキャリア形成を支援し、管理職を育成するために、「女性社員向けキャリア研修」を開催しています。
加えて、エリア職から基幹職へのコース転換者のサポートや管理職候補者の視座の向上を目的とした「メンター制度」の導入や、他社の女性社員との交流を通じてキャリアイメージを広げる目的で外部派遣研修を活用しています。

座談会の様子

研修の様子

メンター制度の研修

「女性活躍推進法」にもとづく認定を取得

2017年5月30日付にて、「女性活躍推進法」にもとづく認定(「えるぼし」認定)の2段階目を取得しました。
これは、女性活躍推進に関する取り組みにおいて、一定の要件を満たす事業主が、厚生労働大臣より優良な企業として認定を受けることができるものです。
今後も、意欲・実力ある女性が活躍できるよう、取り組んでまいります。

厚生労働省「えるぼし」認定企業一覧新しいタブやウィンドウで開く

えるぼし認定マーク

えるぼし認定マーク

●女性社員数の割合

2017年度 2018年度 2019年度
基幹職 13% 14% 16%
地域基幹職 100% 100% 98%
エリア職 99% 99% 99%

●管理職及びチームリーダー職(係長相当職)

2017年度 2018年度 2019年度
20.1% 20.0% 20.4%

スムーズな職場復帰をサポート

休職前や復職後の従業員を対象に上司の面談機会を設けるとともに、柔軟な働き方を可能とする制度を整備するなど、育児休業者が継続的にキャリアを実現できるようサポートしています。また、育児中の社員が先輩社員と悩みを相談し、キャリアを考える機会として「ワーキングマザー座談会」の開催や出産や育児と仕事の両立支援のための「出産・育児・介護ガイドブック」を提供しています。さらに制度面では、2018年より育児休業時間のうち10営業日分を有給化し、男性社員の育児参画を促進しています。

●男性社員の育児休業取得率

2017年度 2018年度 2019年度
1% 7% 32%

「次世代育成支援対策推進法」にもとづく認定を取得

2009年度に「次世代育成支援対策推進法」にもとづく認定を取得しています。これは、仕事と子育てを両立させるための「ワークライフバランス」支援などへの取り組みにより、一定の要件を満たす事業主が、都道府県労働局長の認定を受けることができるものです。また従業員の「多様な働き方」を支援するため、育児勤務対象期間の延長や半休制度の利用可能日数の拡大に加え、時間休制度を導入しました。
今後もさらに仕事と子育ての両立支援を進めてまいります。

両立支援の取り組みについて新しいタブやウィンドウで開く

次世代認定マーク(通称:くるみんマーク)

次世代認定マーク
(通称:くるみんマーク)

管理職の意識変革や価値観の共有はダイバーシティ推進のための重要な要素の一つと考えています。
そのため、上司の意識改革・管理職に求められるスキル習得のために管理職向けの研修やセミナーを開催しています。

■ダイバーシティマネジメントセミナー

2016年12月と2020年9月に、役員・部室拠点長を対象とした、「ダイバーシティマネジメントセミナー」を開催し、多様性への配慮・理解を深めました。

ダイバーシティマネジメントセミナー

介護を必要とする家族がいる社員に情報提供やサービス提供を行い、スムーズな介護と仕事の両立を支援しています。

■制度の整備

仕事を続けながら介護に対応できるよう、支援制度を整備しています。

■両立支援サービス・両立支援ハンドブックの提供

介護の疑問や困りごとについて、外部相談窓口「介護コンシェルジュデスク」で専門家に相談できるほか、社員専用の介護情報Webを通じた、介護施設や介護サービスの検索・情報収集および動画コンテンツの視聴なども可能としています。
また、介護の基本についてまとめた「仕事と介護の両立支援ハンドブック」を提供しています。

多様な社員一人ひとりが自分らしく働ける職場づくりをめざし、さまざまな取り組みを行っています。

■障がい者

障がいのある社員へのサポートや特性に応じた環境整備により、活躍の場を広げています。

■LGBT

会社が認定した同性パートナーを配偶者・家族とみなし、人事制度の適用対象とする、同性パートナーシップ認定制度を2020年11月に導入しました。また、トランスジェンダーの社員向けに、性適合の治療による「積立休暇」の利用を認めています。

ワークライフバランスの推進

当社は「働き方改革」に全社で取り組むことにより、『一人ひとりが持てる力を存分に発揮し、高いモチベーションとやりがいを持って働くことのできる環境の実現』を目指しています。

2018年4月18日、NPO法人ファザーリング・ジャパン(FJ)が主催する「イクボス企業同盟」に加入しました。
イクボス企業同盟への加入は「働き方改革」を進める第一歩であり、経営層・管理職層の「人を育てるイクボスマインド」と、社員のやる気こそが、会社を変える原動力になると信じて進めていきます!

従業員の健康促進

本社に統括産業医が常駐し、全国の嘱託産業医と密接に連携しています。健康診断実施後の事後措置や、メンタルヘルスケア、過重労働面談などで従業員の健康を管理しています。また、疲労蓄積度自己診断チェックリスト・ストレスチェックの活用、研修・社内報を通じて、従業員自らが積極的に健康を管理する重要性についても啓発しています。

労働時間の削減

長時間労働の削減や、有給休暇の連続取得の推奨などを通して、従業員のワークライフバランスの促進を支援しています。「定時退社(残業禁止)」を週2日以上実施することをルール化し、加えてクールアース・デーや賞与支給日を「早帰り日」、お盆週間・家族の週間(11月中の2週間)を「早帰り週間」としています。
また、5日間連続の年次有給休暇を取得する制度や、従業員個人の記念日に休暇取得を推奨する制度(アニバーサリー休暇)を整えました。

「ファミリー参観」の実施

従業員のご家族を会社に招き、働く姿を紹介するイベント「ファミリー参観日」を毎年実施しています。職場の見学や名刺交換、キャッシュレスによるお買い物などの擬似体験を通じて、ご家族が会社や職場への理解を深め、さらに強い絆を育んでいただく場を提供しています。

「ファミリー参観」の実施