カードにまつわるトラブル事例

このような手口、トラブルにご注意ください
トラブルを回避し、安心・便利にクレジットカードを利用するための注意事項をご紹介します。
カードのお申込み・ご利用にあたり、思わぬトラブルに巻き込まれないよう次のようなケースには十分ご注意ください。

虚偽・なりすましによる入会・カード不正使用に対し断固対応します!新しいタブやウィンドウで開く

入会申込み時のトラブルにご注意

最近、他人にクレジットカードの申込みを頼まれて申し込んだことにより、クレジットカードを悪用された、という事例が増えています。
以下のようなケースは会員規約違反となり、カード名義人本人にお支払いの義務が発生するだけでなく不正行為に加担したとみなされ管理責任が問われる場合があります。

  1. カード申込みのために氏名や住所の名義を貸した。
  2. カード申込みのために運転免許証や健康保険証など本人確認書類を貸した。
  3. アルバイト・副業などの申込条件としてクレジットカードを申し込んだ。
  4. 融資を受けるための条件としてクレジットカードを申し込んだ。
  5. クレジットカードの申込書内容(暗証番号等含む)を他人に記載させた。
  6. 他人名義のクレジットカードの受け取りを頼まれ、受け取った。

クレジットカードやクレジットカード情報の取扱いにご注意

最近、「お金はかからないから」など、言葉巧みにクレジットカードやクレジットカード情報を渡すよう依頼を受けて渡したところ、思わぬ商品を購入されてしまった、などのトラブルが増えています。
以下のケースは、会員規約違反となり、カード名義人本人にお支払いの義務が発生するだけでなく不正行為に加担したとみなされ管理責任が問われる場合があります。

  1. 家族や親しい友人にクレジットカードを貸した。
  2. クレジットカードの暗証番号等のカード情報を他人に教えた。
  3. クレジットカードの券面を写真撮影してEメール・SNS等で他人へ知らせた。

そのほか、クレジットカードを他人に対し、預託、譲渡、担保提供、寄託等を行なうことも会員規約で禁止されています。

「日本クレジットカード協会」と類似の名称を用いたご案内にご注意

日本クレジットカード協会(JCCA)の類似名称を使用し、「カードのご利用内容の調査・確認」についての書面を不特定の方に送り付け、お客様の会員番号を聞き出そうとしたり、身に覚えのない請求について一部金銭を搾取しようとしたりする者がいるとの情報が、当社に寄せられております。
また、「おめでとうございます。○○の当選です」などのEメールを不特定多数の方に送り、お客様のクレジットカード番号や有効期限、暗証番号などのクレジットカード情報や住所等の個人情報を返信させようとする悪質なEメール詐欺も発生しております。
日本クレジットカード協会は、お客様の個人情報は一切保有しておらず、クレジットカードの個別のお取引などに関して、直接お客様へご連絡することはございません。
お客様におかれましては、くれぐれもご注意いただき、決して書面に記載された電話番号に連絡したり、Eメールに返信したりされないようお願い申しあげます。

2006年2月2日現在確認されている類似名称
〒100-0044
東京都千代田区大手町2-3-12
特殊法人) 日本クレジットカード調査協会

オンラインゲームのトラブルにご注意ください

最近、スマートフォンやタブレット型端末などの普及にともない、お子様がご家族(親・祖父母)のクレジットカードでオンラインゲームを利用し、ご家族の知らないところで高額な請求が発生していた、という事例が増えています。
【オンラインゲーム課金のしくみ】
スマートフォンなどに事前にカード情報を登録し、ID・パスワードを入力することによりオンラインゲームのアイテム代金が自動で課金される。

クレジットカードの支払いに関する弊社へのご相談

  • 親が自分のクレジットカードを使って、子供にオンラインゲームでの数百円の利用を2、3回許したところ、実際は何度も利用したため、高額利用が発生した。
  • 子供がオンラインゲームサイトの「購入」という文字が読めず、理解しないまま利用し請求が発生した。
  • 孫にパスワードを入れて欲しいと言われ、内容を理解しないまま入力してしまい、請求が発生した。

クレジットカードで支払いをしている場合には、クレジットカードの名義人自身の管理責任が問われます。このような思わぬ請求の発生を招かないためにも、お子様が利用する(している)オンラインゲームにおける課金のしくみと、クレジットカードにはカード名義人本人にお支払いの義務や管理責任があることを十分にご理解いただきますようお願いいたします。

オンラインゲームのトラブルを防ぐために

クレジットカード会員の皆様は日ごろから以下の点にご留意くださいますようお願いいたします。

  1. ご家庭内でインターネット利用についてのルールを設けるなどの工夫をする。
  2. インターネット等を利用した後は必ずログアウトする。
  3. ID・パスワードを適切に管理する。
    ~お子様の分からない(想像できない)ID・パスワードとする。
    ~ID・パスワードをお子様に伝えない。
    ~同じID・パスワードを使いまわさない。
  4. クレジットカードを適切に管理する。
    ~クレジットカードはお子様の手の届かないところに保管する。

一般社団法人日本クレジット協会のホームページでも注意喚起を行っております。ぜひご確認ください。

一般社団法人日本クレジット協会<オンラインゲームのトラブルにご注意を!>新しいタブやウィンドウで開く

『クレジットカードのショッピング枠を現金化』にご注意

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」とうたった広告を、新聞、雑誌、看板、インターネット等で見かけますが、これらの決済にクレジットカードが利用されていることがあります。このような取引は換金目的であり、当社では会員規約で禁止しております。また、このような利用をすると、思わぬ犯罪やトラブルに巻き込まれる危険がありますので、決して利用しないでください。

  • オークションサイト等を介し、クレジットカードで現行紙幣・貨幣を購入することはショッピング枠の現金化となり、当該行為を禁止しておりますので、十分ご注意ください。
  • 金券類、貴金属類、仮想通貨、電子マネーチャージ等の頻繁/高額なご購入等、資金調達のためにショッピング機能を利用するなど、会員規約に抵触すると当社が判断した場合は、カード利用の全部または一部の停止、カード利用可能枠の見直し、会員資格の取消しなどの措置を取らせていただく場合があります。

債権取立て詐欺にご注意

最近、電報・郵便物・電話などを使って、「クレジットカード会社から債権を譲り受けた」あるいは「債権回収の委託を受けている」と偽りの内容を伝え、「最終期日○月○日までに早急に連絡を」「△△万円を支払え」などと言って、金銭を騙し取る事件が頻繁に発生しています。
これらの多くは、連絡先が個人の携帯電話であったり、振込先の銀行口座が個人名義であったりと、手口が共通しています。また、「協会」「組合」「センター」といった公的機関を思わせる名前を使用していることもあります。
クレジットカード会社では、このような悪質業者に対して債権を譲渡したり、債権回収を委託したりすることはありません。
このような電報・郵便物・電話等にはくれぐれもご注意いただき、身に覚えのない第三者からの不審な電話などがございましたら当社までご連絡ください。また、はがき等に記載されている電話番号には決して連絡などしないよう、お気をつけください。

「フィナンシャル ワン」の商号を模倣・詐称した業者にご注意

最近、フィナンシャル ワンの商号を模倣・詐称した業者によるダイレクトメールやホームページでの融資・金融商品の勧誘が行われています。以下の業者は、当社が発行しております「フィナンシャル ワン メンバーズカード」ならびに当グループとは何ら関係がございませんので、十分ご注意いただきますようお願い申しあげます。

業者名

  • フィナンシャル・ワン株式会社
  • ファイナンシャル・ワン株式会社

勧誘手段

  • ダイレクトメール
  • 雑誌広告・インターネット ホームページ

海外ギャンブルサイトにご注意

手軽で便利なインターネット取引ですが、ご利用にあたっては内容をよく理解されることが重要です。中でも、海外サイト上で日本の競馬の勝馬投票券やスポーツ勝敗予想のギャンブル、海外ロト(宝くじ)などの購入は、購入行為自体が違法となる可能性があります。
日本国内で正式な許認可を得ていない団体等が販売するこれら「宝くじやギャンブル」の日本国内での購入は、日本の法律で固く禁止されています。たとえ海外で何らかの認定を受けている団体などが主催する「宝くじやギャンブル」であっても、違法に変わりはありません。そのため日本国内からインターネット(通信販売を含む)で申込むことは違法となり、申込まれた方も罰せられますので十分ご注意ください。
インターネット(通信販売を含む)による「宝くじやギャンブル」のお取引であると認知した場合、会員の皆様をお守りするためにもお取扱いをいたしませんのでご了承ください。

海外でクレジットカードに関するトラブルが発生しています

海外でクレジットカードに関するトラブルが発生しています。手口は様々であり、巧妙化している現状です。渡航時には、十分ご注意いただきますようお願いします。
外務省の海外安全情報配信サービス「たびレジ」にご登録いただければ、国内および渡航先現地で、渡航予定先の緊急情報やお役立ち情報の提供を受けることができます。渡航前にぜひご登録ください。

「たびレジ」新しいタブやウィンドウで開く

海外での商品買付アルバイトに関するトラブルにご注意

海外への旅費や宿泊費は事業者負担で、現地にてクレジットカードで購入した高級時計や宝石等を事業者に引き渡すと、後日に日給と商品代金が振り込まれるというアルバイトに申込み、商品を引き渡したものの約束の商品代金と日給が支払われないというトラブルが増えています。
万一被害に遭われた場合、カード利用代金はお客さまのご負担となりますので十分にご注意ください。

転売サイトやフリーマーケットアプリ等で購入したチケットのトラブルにご注意

スポーツイベントやコンサート等のチケットを転売サイトやフリーマーケットアプリ、ネットオークション等で購入したことにより、次のようなトラブルが増えています。

  • 主催者の公式サイトを確認したら、転売サイトから購入したチケットは利用できないと注意書きがあった。転売サイトに連絡したが、購入後のキャンセルはできないと断られてしまった。
  • 当日、会場でチケット購入者と入場者が異なるため、このチケットでは入場できないと言われた。

チケットを購入する際は、公式サイトでチケットの利用条件をよくご確認ください。イベントや公演によっては、チケットの転売が禁止されていたり、入場時に本人確認が行われることがあります。このようなチケットの場合は、トラブルを避けるために、公式サイトからの購入をお勧めします。
また、転売サイトやフリーマーケットアプリ、ネットオークション等で購入する場合は、キャンセル条件等をご確認いただくことが大切です。

  • インターネット検索した際、転売サイトが広告として一番上に表示されることがあります。公式サイトと間違えないようご注意ください。
  • 国民生活センターからも具体的な事例やお客さまへのアドバイス等を発信しておりますのでご参照ください。

    独立行政法人国民生活センター新しいタブやウィンドウで開く

インターネット上の悪質サイトでのトラブルにご注意

「インターネットにクレジットカード情報を登録したところ、後日利用した覚えのない高額な請求をされた」「インターネット上での勧誘にのり、高額なクレジットカード決済をしてしまった」等のトラブルが増えています。
安易な儲け話や不安をあおり個人情報を入力させるようなEメール・サイトにつきましては、信用できる内容かよくご確認いただくことが重要です。
次のようなトラブルには十分ご注意くださいますようお願いいたします。

「商品をSNSで宣伝すると報酬がもらえる」等と勧誘する副業サイト

  • 副業サイトで紹介されているサイトの画像を購入し、その画像をSNSに投稿して宣伝すると購入代金は全額払い戻されるうえ、クレジットカードのポイントが貯まるという事業者を友人から紹介された。当初は購入代金が全額入金されていたため画像購入を続けていたが、ある時から入金されなくなり、クレジットカードの支払いだけが残ってしまった。
  • 通販サイトで商品を購入し、商品配送先を指定された第三者の住所に設定すると、購入代金と報酬が入金されるという儲け話を知人から紹介された。当初は購入代金と報酬が入金されていたため商品購入を続けていたが、ある時から入金されなくなってしまった。運営者にも連絡がつかず、キャンセルもできない。

<ご注意点>
「簡単に儲かる」と勧誘する副業サイト等には、たとえ友人や知人からの紹介であっても、慎重にご判断ください。
また、クレジットカード利用の目的が商品の購入ではなく、ポイントや報酬を得ることであった場合、会員規約違反となり、会員資格が取り消しとなる場合もございますのでご注意ください。

「在宅で高額収入」「全額返金保証」等と勧誘する情報商材販売サイト

  • 「在宅で高額収入が得られる」、「返金保証で安心」とうたっているサイトで、教材・商品等を購入した。届いた教材は簡単な内容のもので役に立たず収入も得られなかったのに高額な請求をされた。返金にも応じてもらえなかった。

<ご注意点>
副業や投資等で高額収入を得るためのノウハウと称して販売されている「情報商材」については、実際には収入も得られず、返金にも応じてもらえないトラブルが多く発生しています。「情報商材」はインターネットで手軽に購入できますが、安易な儲け話には十分ご注意ください。

個人情報を入力させる偽のメッセージや不審なメール

  • パソコンの利用中に「パソコンがウイルスに感染している」との警告画面が表示された。セキュリティソフトのインストールを誘導され、クレジットカード情報を入力したところ、利用した覚えのない請求をされた。
  • ゲーム機やスマートフォンの懸賞キャンペーンに応募後、当選メールが届いた。「賞品の送料のみ自己負担のため、個人情報の登録が必要」と誘導されるままにクレジットカード情報等を入力したところ、賞品は届かず、高額な請求をされた。

<ご注意点>
警告画面の突然の表示や、勧誘のメールを見た直後では冷静な判断ができない場合があります。
クレジットカード情報等を入力する前に、一旦時間をおいて内容をよくご確認いただく等細心の注意をお願いいたします。

有料メール交換サイト

  • 出会い系サイト(有料メール交換サイト)に登録後、「芸能人の悩みを聴いてほしい」とのメールを受信。サイト側の誘導により、相手とメールを交換するためのポイントを購入してしまい、高額な請求となってしまった。芸能人だと思ってメール交換していたが嘘だった。

<ご注意点>
料金体系やサービス内容に関するトラブルは、契約者ご本人様の責任となります。安易に「同意」ボタンを押してしまうと、事前に規約等を承諾しているとされ、ご利用後にサイト業者とトラブルになっても、契約や請求の取り消しができない場合があります。
悪質な業者もありますので、サービスのご利用前に当該サイトの規約・利用ルール・利用料金等を十分にご確認ください。

有名ブランド品の偽物を販売するショッピングサイト

  • ブランド品を割安で販売するサイトで商品を購入したが、粗悪な偽物が送られてきた。サイト側と連絡がつかず、返品もできない。

<ご注意点>
国内業者を装った海外業者等は連絡を取ることができないケースが多くあります。正規ブランド店に確認する等、当該サイトが信用できるサイトか十分ご確認のうえご利用ください。

海外でのカードすり替え盗難にご注意

海外の空港や駅構内で、下記手口によりクレジットカードをすり替えられるというトラブルが増えています。

「国際電話をかけるのに自分のクレジットカードが使用できないので、あなたのもので試してくれないか」「乗車券を買いたいが券売機は現金で購入ができない。現金を支払うので、あなたのカードで代わりに購入して欲しい」などと犯人から声を掛けられます。これに応じる過程において、犯人が用意した別のクレジットカードとすり替えるという手口です。

空港等でこのように声を掛けられたら、第三者にはクレジットカードを渡さず、速やかにその場を離れてください。 また暗証番号の入力時は第三者に盗み見られないよう、十分にご注意ください。